無料ブログはココログ

« チューリップの芽が出た | トップページ | 柴山潟干拓地の白鳥 »

2021年2月 5日 (金)

CPAP治療を始めて9年半

早いもので睡眠時無呼吸症候群と診断され、治療のためCPAPという装置を毎晩装着するようになって9年半になる。当時は睡眠時でも呼吸が止まっていることが自覚できるくらいで息苦しくて目が覚めたこともあった。これはおかしいと思い病院で調べてもらったら1時間当たり10秒以上の呼吸停止が45回発生していると言われ重症と判断された。

すぐにCPAP装置を装着する治療が始まったが、この治療は根本的に病気を治すというものではなく、睡眠時に気道閉塞の症状が出た時にCPAP装置から圧のある空気を鼻のマスク経由で送り込んで気道を確保しようとするものだ。そのため死ぬまでこの装置を使い続けなければならないということになる。

治療しないでいると体が酸素不足になって心臓に負担がかかり、高血圧や糖尿病などの合併症がおこり突然死になることもあり、睡眠不足のため日中眠気に襲われて事故につながることもあるそうだ。最初は慣れなかったCPAP装置だが効果はすぐに出て、1時間当たりの無呼吸と低呼吸の合計( AHI指数 )が3~6くらいになっている。5以下なら正常なのだが時々5を超えてしまっている。

CPAPの圧力空気を送り出す装置は6年目くらいに新しい機種に交換したが見た目はほとんど同じだが鼻に付けるマスクの方は当初と今とではかなり大きく変わってきている。当初のマスクは鼻全体を覆いベルトで頭に取り付けるものだったが、今のマスクは鼻の穴の部分だけに取り付けるタイプになり軽量化している。

当初のマスク

Dscn1220

今のマスク
Dsc07241Dsc07240  

 

マスクが小さく軽くなることで夏は顔が蒸れず冬はマスクが結露しなくなり、寝返りをうってもマスクがズレることも少なくなった。メーカーの開発者もいろいろと改良を重ねているようだ。マスクが軽量化したので装着もそれほど気にならなくなった。


AHI指数は劇的に改善したが血液中に酸素がしっかりと取り込まれているか少し心配だった。毎月通院している医院で血圧測定の時に血中酸素濃度も測るのだが毎回95%以下になることが多く看護師さんに言われて深呼吸すると何とか96%くらいになる。普段家にいる時どんな値なのか気になるので、パルスオキシメーターと言う家庭用の血中酸素濃度測定器をネット通販で購入してみた。早速測定してみると96%くらいの値がでたので一安心だ。

Dsc07253

« チューリップの芽が出た | トップページ | 柴山潟干拓地の白鳥 »

CPAP使用記」カテゴリの記事

コメント

お~ これをつけて 毎晩 寝ておられるんですね
私は つけたら とても 寝れないと思います

血液酸素 測定器もあって いいですね

最近は コロナの関係で 測定器不足のようです

私も 無呼吸かもしれないが
上を向いて寝ると呼吸しにくいので 横向いて寝ています

妻は 最近いびきをかいてないというので 無呼吸には なってないかもしれない

太りすぎなのは よくわかっているが 腹いっぱい食べる(高価の物とはかぎらない)ことは なかなか やめられない  それで早死にしても仕方ないか

一応 ジム通いは1年半を越えているので 体力は 戻ってきたように感じます

お互い 元気で 毎日を過ごせたらいいですね

CPAP装置を装着するようになって早いもので10年近く経ちました。
最初の頃は寝苦しくて寝ている間に外していることもありましたが、最近はマスクが小型化したこともあり慣れてしまい気にならなくなりました。
ただ保険適用の場合は毎月1回の通院をしなければなりません。
将来もっと高齢になって免許証返納などした時どうやって通院するか心配になります。

血中濃度測定器も先日ネットで買いました。95%以上あるようなので一安心です。

無呼吸の場合上向きに寝るより横向きに寝ると気道が確保出来て呼吸しやすいです。
奥さんがいびきかいてないというのなら多分大丈夫ですね。

太るのも大敵ですが、食べるのをセーブするのはなかなか難しいですね。
ジム通い続けているのは健康にも太りすぎ防止にもいいですね。

私の場合冬の間は運動不足で正月太りした体重がなかなか減りません。
暖かくなったら外に出て体を動かしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップの芽が出た | トップページ | 柴山潟干拓地の白鳥 »