無料ブログはココログ

« CPAP治療を始めて9年半 | トップページ | 2月の木場潟 »

2021年2月11日 (木)

柴山潟干拓地の白鳥

今年も柴山潟干拓地に白鳥が来ているはずだと思い1月にカメラを持って出かけたが、その時は見つけることが出来ず空振りで帰ってきた。昨年いた場所にいったはずなのだが全然見つからなかった。先日知人のFBを見ていたら白鳥がたくさんいると言う記事があったので先日再度出かけてきた。干拓地周辺に着いたので車をゆっくり走らせながら探していたら遠くの田んぼに白い鳥の姿が見えたので車を止めて徒歩で近づいてみた。

水が張られた田んぼに4羽の白鳥がいたのでとりあえず写真を1枚撮って、更に近づこうとしたら4羽とも一斉に飛び立ってしまった。慌てて飛んでいる空に向かってシャッターを切ったら何枚か飛んでいる白鳥の姿を捉えることが出来た。

Dscn3243
Dscn3245Dscn3246  
 

しばらく同じ場所で白鳥が戻ってくるのを待っていたが一向に戻って来こず最後には別の場所に着地したようだった。そこで着地したあたりに車で移動してみたらこっちの方には20羽ほどの白鳥が田んぼの中でくつろいでいた。群れの中にはまだ黒っぽい羽毛の白鳥もいたが多分まだ大人になっていない子供の鳥だと思う。

今度はあまり近づかず100m以上離れた場所から撮影した。カメラは高倍率のコンパクトデジカメで手振れ補正もあるので三脚なしの手持ちでも問題なく撮れる。望遠の焦点距離は310mmなので35mm換算で1500mm相当になる。
Dscn3285Dscn3287  
Dscn3308Dscn3305  

 

何枚か写真が撮れたので帰路に就いたが帰り道にまた別の白鳥の群れを見つけた。こちらも20羽くらいの集団だ。干拓地は広大で白鳥はそれぞれ群れを作って思い思いの場所で餌を捕ったりしているようだ。

Dscn3317

今月の終わりごろには北へ帰る北帰行が始まるだろう。日本海側の海岸線沿いに北上してシベリアあたりまで戻っていくのだろう。

 

 

« CPAP治療を始めて9年半 | トップページ | 2月の木場潟 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CPAP治療を始めて9年半 | トップページ | 2月の木場潟 »