無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2020年12月30日 (水)

パソコンのディスプレイ用モニターアームを購入した

今使っているパソコンのディスプレイは5~6年前に購入した23インチサイズのもので、支柱と台座で液晶パネルを支えている。購入当時台座が大きく場所を取り、ディスプレイの足元に物が置けなかったので、高さ4センチ程の木の台を作ってその上にディスプレイを乗せ、台の下はキーボードを片付ける場所にしていた。でも台を置いたことで机の作業スペースはかえって狭くなり書類を広げるスペースが少なく、ディスプレイの高さや向きはほぼ固定で使いづらかった。

Dsc07080

 

そこで何かいいものがないかとネットを調べてみると、モニターアームと言う商品が見つかった。この商品はアームにいくつかの関節が付いていて、片側を机などに固定してもう片側にディスプレレイを取り付けるもので、関節はそれぞれタテに動くものやヨコに動くものがある。ディスプレイが使いやすい位置になるよう各関節を調節するもので、アームがディスプレイを吊り上げているので台座や支柱は不要になり足元のスペースが有効に使えるようになる。

ネットで注文したら2日後に送られてきたので早速開封してみた。
Dsc07074Dsc07078  

 

ディスプレイの支柱と台座を取り外してアームをとりつけているところ。
Dsc07084Dsc07086  

 

まず支柱を机の天板にクランプで固定し、次にディスプレイを取り付けたアームを支柱に取り付けたところ。クランプの分が少し天板上でスペースを取るがこれだけはやむを得ない。
Dsc07082  Dsc07097   

取り付けが完了したところ。ディスプレイの足元スペースがすっきりとして広く使えるようになった。上下の移動や左右の振りも自在にでき、画面の上下の向きも調整できる。前後の動きも出来るので手前に引き寄せたり奥に押し下げたりも自由に出来るようになった。奥に押し退下げると画面は机の奥の端から12センチの位置まで退げられるので机の上は更に広くなった感じがする。

Dsc07099

 

 

 

2020年12月 8日 (火)

パソコンの不調

先週メインのパソコンが壊れた。一年前から不調だったので本体のハードディスク(HDD)にはなるべくデーターを置かず外付けのHDDに入れていたのだが、その外付けのHDDが読めないとのエラーが出てしまった。

故障したHDDには過去のデータの他に、最近のブログ用の写真データや原稿など全部で1TBくらいが入っているので青ざめてしまった。別のHDDに最後にバックアップしたのは9月末で、最近2か月分が吹っ飛んだことになる。急遽パソコンショップでHDDを購入してバックアップHDDから新規のHDDにデータを戻したり、カメラに残っていた写真データを再度取り込んだりしたがまだ戻らないデータがある。いろいろ復旧作業をしていたら、故障したHDDからも読み出せるデータと読み出せないデータがあることが分かり、何とか直近のデータも大半は読み出すことが出来た。

Dsc07023

原因はよく分らないが、最近フリーズが頻発していてその都度強制シャットダウンをしていたので、書き込み途中のファイルが壊れていたのかもしれない。とりあえず何とか復旧したのでやれやれと思っていたのだが今度は別の問題が発生した。


PCも直ったしそろそろ年賀状を作らなければと年賀状作成用の本を買ってきて、毎年使っている筆グルメ21を立ち上げようとしたのだが何度やっても、最初のメニューまでは起動するのだが本体プログラムが起動しない。これもPCの不具合の影響でおかしくなったのかもしれない。アンインストールを試みたがプログラムが使用中でアンインストールできないとメッセージが出る。
Dsc07019Dsc07020  

昨年買った中古のPCには新しいバージョンの筆グルメ26がおまけで付いていたのでそっちを使うことにしたが、住所録などのデータ移さなければならない。壊れた筆グルメの住所データなどは本体HDDに入っていたので、抜き出して中古PCの所定フォルダにコピーして中古PCの筆グルメを立ち上げてみたら何とか住所録や年賀状作成用のイラストやパーツなども元の筆グルメのデータが復活した。やれやれだ。
Dsc07021   Dsc07024

 

これでようやく年賀状の図案を作成したり住所録を整理したりすることができるようになった。

 

 

 

 

 

 

2020年2月28日 (金)

パソコン不調/中古機購入

家で使っているメインのパソコンが今年に入ってから調子が悪い。電源を入れてもしばらくすると急に画面が乱れて揺れ始めそのままパソコンがフリーズしてしまう。強制電源OFFし再度電源を入れると立ち上がるが、しばらくするとまた同じ現象が発生したりする。何回か繰り返していると安定するが、必ず発生するわけではないので始末に悪い。

電源投入直後の発生が多いようで、時々ブルースクリーンまで出るようになった。このパソコンは6年前に購入したものだが家のパソコンの中では一番性能が良くて、ブログを作成や写真の整理保管やワード・エクセルを使って町内会の資料を作成したりと一番頼りにしている。
Dsc04939         Dsc04907     

 

家にはサブ機はあるが10数年前の古いパソコンを復活させたものでメイン機として使うには少々非力だ。そこで新規パソコン購入も考えてパソコンショップを見て回ったが、メーカー品の新品は10万円前後、自作機でも4~6万円くらいする。高いなあと思っていると、ショップの奥にビジネス中古パソコンと言うコーナーがあった。

覗いて見るとメーカー製のノートPCやデスクトップPCの中古品が並んでいたが4~5万円する。そんな中に組立PCの中古品が1台だけあり19,800円の値札が付いていた。本体にはCore i5と書かれたシールとWindows7と書かれたシールが貼られていた。そこで店員を呼び話を聞いてみた。CPUは6年前のCorei5でOSは元々Windows7だったがアップグレードして今はWindows10になっているとのことだった。早速購入してきた。
Dsc04915Dsc04919  
Dsc04917              Dsc04924        

 

家に帰って電源ケーブルとディスプレイケーブルとLANケーブルを接続し、無線キーボードとマウスのUSBレシーバーを挿入して電源を入れるとすぐにWindows10が動いた。オフイスソフトとセキュリティソフトと年賀状ソフトの3本が既にインストールされていた。

購入したパソコンは本体のみで2万円だったがこれだけ付いていればかなりお買い得だったと思う。ちなみにキーボード、マウス、ディスプレイは家にあるものを利用した。その後ハードディスクを家にあったSSDに換装して起動用とし、ハードディスクはデータ保管用としてそのまま残した。

これから、不安定なメイン機から少しずつ新しいパソコンにデーターやソフトを移行していかなければならない。

 

2020年2月 9日 (日)

マウスでスマホ操作

1年半ほど前にスマホの調子が悪くてやむなく買い替えた。タッチ画面からの操作が出来なくなったためだが、タッチ以外の機能は全く問題なかった。古いスマホはそのまま片づけてしまったが、先日久しぶりに引っ張り出して充電してみたものの、タッチ画面は反応せず全く操作できない状態のままだった。

スマホは個人情報も満載のままなので簡単に処分するわけにはいかないが、操作が一切できないので内部設定を初期化することもできない。良い方法はないかとネットを調べてみると、スマホにマウスを接続する方法が紹介されていた。USBマウスとUSBの変換アダプターがあれば操作可能のようだ。

家にはUSB microB からUSB Aへの変換アダプターはあったが、有線のUSBマウスは持っていない。新品は1500円くらいでもったいないので、最近出来たハードオフに出かけてジャンク品の300円のUSBマウス見つけて購入してきた。

早速古いスマホに接続してマウスを動かしてみると、スマホ画面で矢印のカーソルが移動する。アイコンにカーソルを合わせてダブルクリックするとちゃんとアプリが起動するし、長押しやドラッグアンドドロップなどもちゃんと出来る。スマホをマウスで操作するのは意外と便利で使いやすい。
Dsc04831Dsc04826

Dsc04827  

操作可能になったのでとりあえず古いスマホを工場出荷状態に初期化した。念のためパソコンに接続して内部メモリーを見るとインストールしたアプリのフォルダーに写真などが残っていたので手動で削除した。これで心置きなくこのスマホを廃棄できるが、操作可能になると逆に捨てるのがもったいなくなってきた。スマホは小さなパソコンのようなものでいろんな機能があるので、操作が出来るのなら活用方法はたくさんある。マウス付きで持ち歩くのは不便だが、家の中での使用に限定すればWebの閲覧も出来るし、先日購入したポータブルスピーカーとBluetooth接続すれば音源デバイスとして活用できそうだ。

マウスもBluetoothマウスにすれば邪魔なケーブルもなくなってもっと便利になりそうなので早速家電量販店でBluetoothマウスを購入してきてジャンクUSBマウスと取り替えた。ペアリングもすぐ出来てちゃんと動くし、スピーカーとの同時接続も問題ない。スマホの内部メモリーに音楽データーをコピーしたら音楽アプリにも曲が表示されるようになりスピーカーで再生もできるようになった。
Dsc04829Dsc04830  


アプリもいくつか新たにインストールしたのでまた個人情報を入力してしまったが、いつでも消去できるから良しとしよう。

最近は暖冬とは言え冬真っただ中で寒いのであまり外出せず、古いオーディオ機器やスマホやパソコンの再活用方法を調べたりして遊んでいる。

2020年1月21日 (火)

Bluetooth スピーカの購入

前回部屋の飾りになっていたミニコンポを再活用するためにBluetoothレシーバを取り付けスマホやウォークマンやiPadなどからも無線接続できるようになったが、iPadを専用に接続することにしたと書いた。

今回は前回に続いてオーデオ系の記事になる。
Bluetoothを利用するとこんなに便利なら、机の上で簡単にスマホやウォークマンなどからBluetooth経由でで小さなスピーカを鳴らせられれば手軽なのにと思い調べてみると、アンプとBluetoothレシーバとスピーカーが一体となったものが商品としていろいろ出ているようだ。小さいものは手のひらに乗るようなものからあるが、音質は以前あった小さいスピーカーのイメージとは違いかなり良く重低音などもよく出るらしい。手のひらサイズのものはモノラルが多くステレオ用のものは少し横長タイプになるようだ。

そんなこんなでいろいろと調べてみたが、結局ポータブルタイプのBluetoothスピーカーを買うことにした。またまた家電量販店へ出かけていろいろ迷った末SONYの製品を買ってきた。開封してみると本体は思った以上に小さい。ほかに説明書が2枚と充電ケーブが一本が入っていた。
Dsc04728Dsc04730  
Dsc04732Dsc04734  

横幅は20センチくらいで机の上に置いても邪魔にならない。こんな小さいスピーカだが小音量でもびっくりするような重低音が出るし、中・高音は解像感のある歯切れのよい音がする。スマホとウォークマンから接続できるように設定した。サブの音響システムと言ったところだ。

 

2020年1月16日 (木)

ミニコンポの無線化

10年程前にONKYOのミニコンポを買ったが、最初の頃はよく使っていたが最近はあまり使うこともなくなり部屋の飾りのようになっていた。音楽の入力元はCDデッキと有線接続したiPODからの入力だが、CDも最近はほとんど買っていないしiPODも初期のものなので随分と古くなってしまっているし、スマホやウォークマンやカーナビなどで手軽に音楽を聴けるのでミニコンポはちょっと疎遠になっていた。

ミニコンポ自体はONKYOのミニコンポの中でも当時は上位機種だったのでアンプやスピーカーはまだ十分使えるはずだ。何とかうまく活用する方法はないかとネットで調べていたら、ブルートゥースを利用して無線化する方法が紹介されていた。コンポの入力にブルートゥースレシーバーを1つ取り付けることで、スマホからでもウォークマンからでもiPADからでも接続してミニコンポの音質で音楽が聴けるようだ。

普段はパソコンに接続した安価なスピーカーで動画を視聴したり、音楽を聴いたりしているが音質はイマイチよくないし、ウォーキングの時にウォークマンを使用しているが、家の中でイヤホンで聞くのも気が乗らない。

紹介記事を見てこんなに簡単にミニコンポを再活用する方法があるのだと「目から鱗」で、早速家電量販店に出かけて音響用品売り場を探していたら紹介されていた製品が見つかった。価格は3000円とちょっとで税込みで4000円弱だったので購入してきた。

開封してみると
本体( ELECOM LBT-AVWAR501 )の他に、USB ACアダプタ、USBケーブル、オーディオケーブル(3.5ミリ ステレオミニジャック)、RCA変換ケーブル(赤白ケーブル)が同梱されていた。
Dsc04741Dsc04739  

電源供給用にUSB ACアダプターとケーブルを接続して本体に差し込み、ステレオミニジャックを本体に挿して反対側をミニコンポの入力ポートに挿したら接続は終了。あとは、スマホやウォークマンやiPADなどからブルートゥースのペアリングをそれぞれすれば設定も完了だ。ただし複数デバイスの登録は出来るが、同時には1つのデバイスしか接続できないので切り替えて使用する必要がある。

Dsc04738Dsc04743  


で、実際にスマホの音楽をミニコンポで鳴らしてみると、柔らかくて優しいONKYO音質の音で鳴り出した。大満足の結果だった。


複数の音源デバイスを切り替え可能だが面倒くさいので、最近あまり使っていないiPADミニのiTuneの音楽データーを整理しなおしてミニコンポ専用の音源デバイスにした。スマホよりも画面が広いので曲選択などの操作性はなかなかよい。

2019年8月21日 (水)

無線LAN親機の買い替え

最近無線LANの調子が悪い。暑さでルーターが誤動作しているのか、スマホからWi-Fi::経由でなかなかインターネットにつながらないことが頻繁に発生していた。パソコンからはほとんど問題なく接続出来ていた。

自宅は1階にフレッツの光回線が引き込まれていて光の終端装置も1階に設置している。
パソコンなどは2階に設置してあるので、1階に無線LANの親機を設置して終端装置に接続し、2階に子機(中継器)を設置して有線でパソコンと接続し、親機と子機の間は無線(Wi-Fi)で接続している。この状態で2階のパソコンはインターネットに接続し、スマホは1階・2階のどちらにいてもWi-Fi経由でインターネットに接続している。

不具合の原因は、スマホを持って移動した時にWi-Fiで親機に接続したり子機に接続したりの切り替えが素早くできないことが原因のようだ。接続している機器が増えたことや暑さにによる不具合もあるのかもしれない。調べてみると親機は購入後5年以上経っており少し能力不足のようだ。そこで親機を新しいものに交換することにした。

家電量販店で新しいルーターを購入してきて従来の親機と入れ替え、パソコンとスマホから接続テストをすると、すぐにインターネットに接続できた。次に親機と子機(中継器)との接続設定などを済ませると2階のパソコンからも無事インターネットに接続出来た。あとは2階でスマホやノートパソコンから子機にWi-Fi接続をする設定をしたらこちらも無事接続出来た。
Dsc03769Dsc03768  


親機の通信速度や電波の強度が上がったせいか、回線速度の測定サイトで調べても早くなっているようだし、スマホで家の中を移動してもスムーズに接続先の切換えをしてくれるようだ。

後はいくつかWi-Fi接続する機器があるので接続設定をして完了だ。今のところサクサクとインターネットが出来るようだ。

 

2019年5月 7日 (火)

プリンターの故障・買い替え

プリンターが数か月前から、「修理が必要な故障が発生しました」と表示されるようになった。ヘッドクリーニングをしてだましだまし使っていたが、だんだん発生頻度が多くなりとうとう動かなくなってしまった。

購入してまだ3年ちょっとでのサドンデスは早すぎる。修理しても費用は新品購入と変らない程かかるし、純正品でないインクを使ったので元々メーカー修理は受けられない
ネットで延命策がないか調べると、ヘッドを外して水洗いすると回復したという記事があったので、ダメもとでヘッドを外して水洗いをしてみた。ネットでヘッドの取り外し方を調べてヘッドを取り外し、電極部分に保護用テープを貼ってバケツの水の中に入れた。何度か水替えをして一晩水に浸け置いて乾燥させ後プリンタにセットしてテスト印刷などをを繰り返してみたが状態は改善しない。
Dsc02456  Dsc02454  
2日間ほどいろいろと試行錯誤してみたが、結局復活はあきらめることにした。


翌日家電量販店に行き1シーズン前の型の機種を購入したが金額はそれほど安くない。インクカートリッジも前の機種の物は使えないので、全部無駄になってしまう。毎年プリンタの新機種が出るが、その都度インクカートリッジの規格も変わり以前のものは使えなくなる。使用中や買い置きのカートリッジが無駄になってしまうことに腹が立つが、なければ困るので購入してきた。

箱を開き本体を取りだして、さっそく設定開始だ。電源ケーブルやインクをセットし、Wi-Fi接続の設定をして、PCにドライバーなどを導入してテストプリントをするとなんとかうまく印刷できた。

Dsc02462  Dsc02465  


写真を印刷してみるとさすがに前機種よりきれいに印刷出来ている。前の機種はヘッドの目詰まりや純正でないインクのせいで本来の印刷が出来ていなかったのかもしれない。

それにしても3年くらいで突然死するのは何とかならないものか。

 

2018年2月12日 (月)

ネットワークカメラの設定

最近ブログの更新が滞っている。今年に入って雪ばかりで外出をほとんどしていないので書くネタがない。そこで先日購入して設定のテストをしていたネットワークカメラについて書くことにした。

昨年暮れにNTT西日本からフレッツ光などの支払いで溜まったポイントの一部が今年の4月で期限切れになると案内が来ていた。むざむざと期限切れにしてしまうのもしゃくなので、NTT西日本のHPに掲載されているポイント交換商品を見てみたが掲載数が少なくてなかなか欲しいものがない。そんな中でネットワークカメラというのがあり遊んでみるにはおもしろそうだった。保有ポイントで交換できる商品だったので早速ポイント交換の申し込みをした。

この商品の謳い文句は家の中の子供や家族やペットの様子を外出先からでも確認できるというのものだが、防犯カメラほどの性能はなく監視用というよりはやっぱり家の中を確認するくらいの性能のようだ。

1月中旬に商品が届いたので早速設定をはじめたが、意外と設定がややこしく初期化からのやり直しを何度か繰り返してなんとか動作するようになったが、動作が不安定でたびたびフリーズしてしまいその都度ACアダプターを抜き挿しする必要があり、とても使えるしろものではなかった。
Dscn0570  

_
原因を調べてみると、外出先からのアクセス機能をオンにするとフリーズする頻度が高くなるのと、Wi-Fiで接続する無線ルータによって安定性が違うことに気が付いた。Wi-Fi接続の不安定さはWi-Fiチャンネルの混信に対応できないのが原因ではないかと思われる。

そこで外部からのアクセスをオフにして、Wi-Fiは家に余っていた無線ルータを子機設定してカメラの近くに置きLANケーブルで有線接続したら安定性がかなり改善したようだ。肝心の外出先からカメラ映像を確認できないが家の中の別の部屋から確認することができるようになったのでカメラをダイニングに設置してみた。
Dscn0569

_
外部からのアクセスができるようにするには手動で無線ルータのポート開放設定というのをする必要があるようだ。難しそうなので次の宿題にすることにした。

_
今回のネットワークカメラはきちんと動作すればそれなりに使える便利な商品のはずだが、商品としての完成度が低いので玩具として遊んでみる程度にしか使えない。
でも無線機器の設定の勉強にはなった。

2017年9月19日 (火)

Nifty接続サービスの速度低下

以前からNiftyの光接続サービスを利用しているが、これまでインターネットは遅くはなかったのだが、7月中旬頃から午後8時以降のインターネットの接続速度が非常に遅くなってしまった。回線速度測定サイトにアクセスして測定してみると以前は60Mbps~80Mbps の速度が出ていたのに最近は3Mbpsくらいしか出ていない。

夜の8時以降はいつもブログ記事を作成して投稿する時間帯なのだが、ココログの作成ページを出そうとしてもかなり待たされるようになりちょっと困ってしまう。試しに朝の早い時間帯に速度測定をしてみると60Mbps~80Mbpsのスピードが出ていて以前と変わりない。以前は夜間でもこのくらいの速度は出ていたので何かがおかしい。

インターネットの仕組みはよく分らないが、NTT西日本とフレッツ光の契約をし、Niftyとは光接続サービスの契約をしているので、自宅からはNTTのフレッツ光回線を経由し、Nifty接続サービスを経由してインターネットに接続していることになる。そこでNTTへの接続速度だけを測定するサイトにアクセスして調べてみると以前とかわらない200Mbps程度の速度は出ている。ということはNiftyの接続速度が遅いということになる。
20170919_4

ネットでいろいろ調べてみるとNifty自体が4月に富士通からノジマという会社に売却されていて、その直後から関東周辺で極端な速度低下が発生していたようで、その対策のために地方の回線容量の一部が関東周辺に振り向けられて、地方にも影響が及んでいるのかもしれない。

身売りされるくらいだから不採算事業だろうし、将来的にも以前のようなレベルへの速度改善はあまり期待出来ないのかもしれない。Niftyの光接続サービスを解除して他社に移ることも考えたが解除するとココログが使えなくなってしまうようだ。ココログフリーは使えるが、先日既に2GBの容量を超過していて、ココログベーシックからプラスに移行したばかりなので困ってしまった。

何か良い方法がないかと考えていたが、息子が別のプロバイダーを使っているのでそっちの方の接続サービスが利用できないかと調べてみると問題なく使えるようだ。そこでルーターの設定を切り替えてインターネットに接続して夜間に速度測定サイトで確認すると60Mbps~80Mbpsのスピードが出ている。これなら以前と変らない使い勝手だ。
20170919

当面はNiftyの接続サービスは使わないが、解除するとココログが使えなくなるので、今の設定でいくのがよさそうだ。



より以前の記事一覧