無料ブログはココログ

日々の生活

2021年2月11日 (木)

柴山潟干拓地の白鳥

今年も柴山潟干拓地に白鳥が来ているはずだと思い1月にカメラを持って出かけたが、その時は見つけることが出来ず空振りで帰ってきた。昨年いた場所にいったはずなのだが全然見つからなかった。先日知人のFBを見ていたら白鳥がたくさんいると言う記事があったので先日再度出かけてきた。干拓地周辺に着いたので車をゆっくり走らせながら探していたら遠くの田んぼに白い鳥の姿が見えたので車を止めて徒歩で近づいてみた。

水が張られた田んぼに4羽の白鳥がいたのでとりあえず写真を1枚撮って、更に近づこうとしたら4羽とも一斉に飛び立ってしまった。慌てて飛んでいる空に向かってシャッターを切ったら何枚か飛んでいる白鳥の姿を捉えることが出来た。

Dscn3243
Dscn3245Dscn3246  
 

しばらく同じ場所で白鳥が戻ってくるのを待っていたが一向に戻って来こず最後には別の場所に着地したようだった。そこで着地したあたりに車で移動してみたらこっちの方には20羽ほどの白鳥が田んぼの中でくつろいでいた。群れの中にはまだ黒っぽい羽毛の白鳥もいたが多分まだ大人になっていない子供の鳥だと思う。

今度はあまり近づかず100m以上離れた場所から撮影した。カメラは高倍率のコンパクトデジカメで手振れ補正もあるので三脚なしの手持ちでも問題なく撮れる。望遠の焦点距離は310mmなので35mm換算で1500mm相当になる。
Dscn3285Dscn3287  
Dscn3308Dscn3305  

 

何枚か写真が撮れたので帰路に就いたが帰り道にまた別の白鳥の群れを見つけた。こちらも20羽くらいの集団だ。干拓地は広大で白鳥はそれぞれ群れを作って思い思いの場所で餌を捕ったりしているようだ。

Dscn3317

今月の終わりごろには北へ帰る北帰行が始まるだろう。日本海側の海岸線沿いに北上してシベリアあたりまで戻っていくのだろう。

 

 

2021年1月10日 (日)

雪の左義長

今回の寒波は今年最強と言うだけあって期間も長い。上空の寒気団が居座っているようで7日から始まった荒れ模様の天候は明日くらいまで続きそうだ。現在の積雪量は40センチくらいで、一昨日から玄関前や車庫前の除雪をしているが除けた後にすぐ積るのでイタチごっこの様な状態だった。今日は午前中は久しぶりに青空が出ていたので除雪サンデーとなって、ご近所や近くのアパートもそれぞれ自宅回りや車の周りの除雪に精を出していた。

今日は朝から神社の左義長が行われたので、外したしめ飾りや古いお札などを持って歩いて出かけた。左義長を行なう神社横の駐車場は前日に除雪のブルドーザーが入り駐車場の隅には雪の山が出来ていたが、その後に積った雪が15センチほどあり準備している人も大変だ。幸い雪は小康状態で青空も出ていて、町内の氏子の皆さんもそれぞれしめ飾りや古いお札などを持ちこんでいた。

Dsc_1555Dsc_1556

雪の上に祭壇が置かれ足元にはむしろが敷かれていたが、神主さんは長靴のままでお祓いをしていた。
Dsc_1558Dsc_1560  

お祓いが終わった後は点火が行われ勢いよく炎が上がった。住宅地の中での左義長なので安全のために鉄製の枠の中で燃やされている。
Dsc_1567Dsc_1572  

昔は小正月の15日に決まっていたが最近は第二日曜日に行われているようだ。左義長はお正月飾りなどを燃やす行事だが、古くから全国で行われていて無病息災や五穀豊穣を祈る行事になっている。今年は特に無病息災や悪病退散などの厄除けの願いが強いだろう。

 

 

 

 

2021年1月 8日 (金)

冬の嵐/今冬一番の寒波

毎週寒波がやってきているが今回はこの冬最強の寒波のようだ。天気予報を見ても北陸から東北の日本海側は大雪の予報が出ている。県内では昨日の日中は雪は少なかったが、台風並みの強風が吹き荒れ県内では建物や看板などにも被害が出ていた。我が家の昨年作ったガレージミラーは重いコンクリート製の基礎に立てていたが夜見たら基礎ごと倒れていた。

昨夜は次第に気温が下がり、雨がみぞれから雪に変わり夜中には一面が白くなり、今朝は積雪12センチほどで車の屋根にもしっかり積っていた。庭も庭木も雪を被り、出したままで雪を被ったビオラの鉢の雪を払いサンルームに避難させた。前の道路は除雪車はまだ通っていないようだった。
Dsc_1542Dsc_1550  

玄関前のアプローチも雪が積もっていたので、車の屋根の雪を落としたした後アプローチの雪も除雪した。 左:ビフォア 右:アフター。
Dsc_1541Dsc_1544  

玄関前の除雪をしていたら、ようやく除雪車がおっとり刀で現れ、家の前の道路を2往復ほど除雪していた。道路の雪はきれいになったが車庫の前には除雪車の排土板からこぼれた雪の塊を残していく。残していった雪は押し固められているのでずっしりと重く硬いが何とか除雪した。
Dsc_1540Dsc_1545  

除雪車はもう1時間ほど早く来てくれると二度手間がなくて助かるのだがなあ。


最近の都会のコロナ感染者数の増加はすさまじい。1週間ごとに倍になっているようだ。この後このペースで日本全体に広がるのかどうか心配だ。県内の感染者数も急増していて、市内の学校や病院でクラスターが発生している。普段の生活圏内に感染者がいると思うと本当に怖い。緊急事態宣言が1都3県で発令されたが減少傾向になるのはいつ頃だろうか。

 

 

 

2021年1月 2日 (土)

2021年初詣

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いたします
いよいよ2021年の幕開けだが、今年の新年は久しぶりにゆったりと朝を迎えた。一昨年までは7年間町内の神社の役をしていて、大晦日から新年に掛けては神社での参拝客の対応のため毎年神社で徹夜だったし、昨年は町の役員で神社の新年式に朝8時から参列しなければならなかったが、今年は徹夜もないしコロナ自粛で新年式にも出席しなかった。

毎年行っている白山比咩神社への初詣はどうしようかと考えたが、毎年行っているので今年だけ行かないのも気持ちが悪い。多分コロナの影響や寒波による積雪の影響で参拝客も少ないだろうと思い出かけることにしたが、混むようであれば拝殿での祈祷は取りやめてもいいと思い出かけた。出発は例年より1時間早い9時に家を出た。

白山比咩神社は山の方にあるため道路を進むにつれて周囲の雪の量が増え行く。白山比咩神社の近くの天狗橋を渡る頃には山も道も田んぼもすっかり雪景色になっていた。でも道路は全然渋滞しておらずすいすいと進める。例年なら3車線規制が始まる辺りから渋滞が始まるのだが、今年は雪のせいか、時間が早いせいか、コロナ自粛のせいか渋滞に一度も会わずに白山比咩神社の駐車場に着いた。
Dsc07120Dsc07126  

境内に入ると、屋台などの店もなくひっそりとした雰囲気だ。手水舎では柄杓が廃止されて竹の筒から流れ出る水で直接手を清めるようになっていた。
Dsc07128Dsc07141  

拝殿前では参拝客は例年の4分の1くらいで、縦1列に並んで1人ずつの参拝となっていた。拝殿内での祈祷についても中を覗いてみるとそれほど混んでいないので拝殿内での祈祷を受けることにした。拝殿内で一度に祈祷する人数も例年の3分の1くらいに規制されていて、ディスタンスを取るため畳の上に座る位置を示す赤いマークが間隔広めに付けられていた。
Dsc07134Dsc07132  

Dsc07140

 

自宅へ帰ってから今度は地元の神社へ初詣に行ってきた。雪の量は白山比咩神社と比べれば大したことはない。こちらは町内の氏子さんが三々五々参拝に訪れていたが数はやっぱりすくないようだ。
.Dsc07146Dsc07147  


今年も年明けからコロナの感染拡大のニュースが続くが、ワクチンや特効薬の開発などを進めて早く収束して欲しいものだ。

 

2020年12月31日 (木)

正月を迎える準備も済んだ

コロナ禍で明け暮れた今年ももう今日一日になってしまった。10日ほど前から家の中や庭の掃除や片づけなどを少しずつしてきたが、いろいろと手抜きはあるものの予定していたものは終わらせてなんとかお正月を迎える準備が出来た。

例年通り妻と分担しながら、部屋や廊下などの天井付近の埃やクモの巣などを払い、床を掃除機掛けし、建具や家具を水拭きしたり、仏壇や神棚の掃除をしたり、風呂屋トイレの水回りもカビや水垢などを落としたりして、一年間に付いた汚れもきれいになったようだ。

最後の仕上げは神棚のしめ縄やお札の交換、鏡餅の飾り付け、玄関のしめ飾りの取り付けなどで、縁起物の福梅や辻占などを準備したし、カレンダーも全部新年の物に取り替えたので準備完了だ。
Dsc07104Dsc07103  
Dsc07100Dsc07107  

今年は居間用にミニ胡蝶蘭を買い、玄関用に葉牡丹やビオラなどの寄せ植え鉢を購入して飾り付けた。居間や玄関も少し華やいだ雰囲気になった。
Dsc07118Dsc07111  


昨日から寒波がやってきていて、夜寒いなと思って外を見たら辺りが真っ白になっていた。山茶花も白椿も雪を被って寒そうだ。玄関先に避難させたプランタの草花も雪をかぶってしまっているので手で雪を払いのけたが枯れないか心配だ。
Dsc_1530Dsc_1531  
Dsc_1525Dsc_1527  


コロナの第3波が全国的に感染拡大している。この年末年始の間にみんなが外出自粛などすることで何とか急拡大を押さえて欲しいものだ。ワクチンも来年早々に供給開始されるようなのでその効果にも期待したい。

 

 

2020年12月27日 (日)

フローリングのワックス掛け

今年もいよいよ年末になってきた。家の大掃除を一気にするのも大変なので、先週あたりから少しずつ掃除をしてきている。以前から家のフローリングの床が全然艶がなくなっているのが気になっていた。最後にワックス掛けをしたのはいつ米だったか。3~4年前、それとももっと前かもしれない。それも全部のフローリングにワックス掛けしたわけではなかったような気がする。ワックス掛けするのもかなり体力が必要でここ何年かはかなりさぼっていたようだ。

久しぶりにワックスを掛けをしようとホームセンターでワックスを買ってきた。商品は、ツヤ有り/ツヤ無し、耐用が3ヶ月、1年、3年とかいろいろあり、耐用期間が長い方が金額は高い。同じ耐用ならツヤの有無で金額は変わらない。そこでツヤ有の耐用1年のものを購入してきた。使用説明書を読むと床のゴミや汚れを取り除き、布にワックスを含ませて薄く塗ると書いてある。

Dsc_1518

まず一階の廊下から始めた。玄関からリビングやトイレ・風呂への動線が最も使用頻度が多い所だ。まず掃除機をかけて次に中性洗剤を少量入れた水で水拭きをして乾いた後にワックスを2回掛けした。廊下に面したトイレや物置の床もフローリングなので一緒に塗ったが、自分の退路を確保しながら塗らないとせっかく塗ったところを踏みつけることになる。1日目はこれだけするのに2時間くらいかかった。
Dsc_1512  Dsc_1509   


次の日はリビングと台所の床のワックス掛けをした。リビングや台所は廊下と違って。センターラグ、椅子、テーブル、サイドボード、その他細々とした物がたくさん置いてある。全部別の場所に移動させるわけにもいかず、大きな家具は一旦片側に寄せて、空いた部分の作業をすませ、その後塗り終わった部分へ移動させてまた空いた部分を塗るというように順送りしながら作業を進めた。こちらは物の移動や搬出搬入などもあって2時間半ほどかかった。
Dsc_1516Dsc_1515  

Dsc_1507

 

この後夕食後に二階の廊下やフローリング部分なども1時間ほど掛けて何とか終わらせた。

普段の掃除機では隅の塵やほこりなどは十分に採れていないし、台所の床は汚れが固着しているので、水拭きをする時は隅のゴミや埃なども拭き取ったり、固着した汚れをガリガリと削り取ったりすることも必要になる。ワックス掛けしたところはすごくきれいになって艶が出てピカピカと光っている。ワックスの耐用年数は1年だが毎年ワックス掛けするのは無理だろうな。

2020年12月25日 (金)

マイナポイントをゲット

数ヶ月前からテレビのCMでマイナンポイントの宣伝をよく見かけるようになった。マイナポイントはよく分らないがキャンペーン中はお得な制度のようだ。

そこで少しネット調べて見たら、いくつかの決済サービスのうちの1つを選んでマイナポイントを申し込むと、選んだ決済サービスで買い物をした金額の25%がポイントとして5000円相当を上限にして受け取ることが出来るようで、申し込みにはマイナンバーカードが必要らしい。

マイナンバー制度は何年か前から始まっているが、マイナンバーカードは申請していなかった。でも今後は市役所での各種証明書の発行や健康・福祉などの行政サービスなどでも利用範囲が広がるので取得しておいた方が便利なようだし、今取得すればマイナポイントを申し込みが出来てお得なので、11月に妻と市役所で取得の手続きをしてきた。顔写真は窓口で撮ってくれた。12月になってようやく顔写真付きのカードが郵便局止めの本人限定受取りで送られてきたので郵便局で受け取ってきた。

Img_20201221_0002

 

そこで、マイナポイントの申し込みになるのだが、申し込みには決済サービスを1つ登録する必要があるが、私は普段買い物は現金払いのみなので決済サービスとは無縁になる。それでも何か選ばなければならず困ったが、AUのスマホを使っているのでAUペイというサービスに自動的に入っているのでこれを利用することにした。

マイナポイントは来年3月末までの期間限定の制度で、20000円買い物をすると5000円が付与され、そのほかにそれぞれの決済サービスによっては1000~2000円のボーナスポイントが付くところもある。クレジットカードの場合は買い物をした都度付与されるが、AUペイなどのプリペイド系の決済サービスでは現金をチャージした時に付与される。

いよいよマイナポイントの申し込みだが、AUペイ利用なのでスマホでAUペイのサイトから手続きをし説明の手順に従って入力して、途中でマイナポイントツールをインストールするようにの指示があったのでインストールを済ませ、次に「マイナンバーカードで認証」というステップになったので届いたばかりのマイナンバーカードとスマホを接触させてNFCで読み取らせて次にパスワードを入力したら登録完了になった。
Img_20201221_0003      20201221     


後日セブンイレブンのATMで試しにAUペイに1000円をチャージしてスマホで確認すると1000円の入金の他に250円のマイナポイントが付与されていた。その後AUで溜まるPontaポイントを100ポイント分チャージしてみたら25円がマイナポイントとして付与されていた。現金のチャージ方法も分かったし、入金の確認やマイナポイントの付与も確認できたので、現金20000円をAUペイにチャージしてみると入金20000円と4725円のマイナポイントが付与されているのを確認できた。マイナポイントは総額で5000円分付与されたことになる。
20201221-120201221-2  


これまで買い物の支払いは現金のみだったが、毎月通院している病院で処方される薬を受け取っている調剤薬局はAUペイが使えるので支払いはAUペイですることにしよう。妻はいくつかの決済サービスのカードを持っていてどれにしようか迷っていたが、結局薬代金の支払い用に私と同じAUペイに決めて申し込みを済ませ現金チャージも済ませた。

 

 

 

2020年12月12日 (土)

大根と白菜のもらい物

昨日地元の友人が突然訪ねてきて、「大根と白菜いらんかな」と言って立派な大根と白菜を持ってきてくれた。友人は家庭用の耕運機を買って結構一生懸命家庭菜園で野菜を作っていて、自宅で消費できる量を超えて収穫があり、これまでにも時々野菜を貰ったことがある。

今年はコロナの影響で、町内の友人たちともあまり会う機会もないが、わざわざ訪ねてきて野菜を持ってきてくれるのはありがたいことだ。大根は先端が詰まっていて少し形は悪いがご愛敬だ。白菜は大きな玉に育っていてずっしりと重い。

Dsc_1489

大根は葉も新鮮できれいなので、妻が早速大根の葉と実を切って塩漬けにしてくれた。浅漬けなので一晩置いたら十分おいしく漬かり今日の夕食の食卓に出てきた。白菜の方は、今日の夕食の献立を急遽変更したのか、夕食は寄せ鍋となり貰った白菜が具材として使われていた。
Dsc_1493 Dsc_1491  

両方ともおいしくいただくことが出来た。


話は変わるが、12月10日からNiftyのブログ(ココログ)のサービスの一部が使えなくなってしまった。これまでブログやゲームなどの参加者の交流広場の様なものがあって、その中で、他の人のブログに「いいね」を付けたり、あいさつ代わりの「ポチ」を付けたりしていたのだが、このサービスが突然廃止になってしまった。事前のお知らせなども気が付かなかったので本当に突然廃止になった感じですごく戸惑っている。何人かの人と「いいね」や「ポチ」を送り合っていて、「いいね」や「ポチ」が付くことで自分の記事を見てもらえていると思っていたが、今後はそんな反応さえ分からなくなってしまうようだ。
記事を書くモチベーションが維持できるか心配だ。

 

 

2020年11月20日 (金)

玄関アプローチの敷石の再補修

2年前に玄関のアブローチの2段目の敷石がガタ付いて剥がれかけていたので敷石を一度剥がしてモルタルで貼り付け直す補修をしたが、最近一段目の敷石が複数枚同じように剥がれかけているのでまた補修することにした。

前回の時は敷石自体が劣化していたこともありネット通販で新しい敷石を1枚購入して3枚を張り替えたが、今回は、敷石自体はそれほど劣化しておらず、敷石を下地に貼り付けているモルタルが剥がれているようなので、敷石を割らないように慎重に剥がして再利用することにした。

アプローチの1段目の1列目は全部がぐらついていて2列目も何枚か修理が必要で、全部で8枚ほど貼り替えが必要にだった。でも全部を一気に工事すると通行できなくなるので、右半分を工事してコンクリートが固まってから左側の工事を進めることにした。

鏨と金槌を使って目地のモルタルを少しずつ砕いて敷石を割らないように剥がしているところ

Dscpdc_0001_burst20201016102610130

右側の3枚を剥がし終えて、次にモルタルで下地に貼り付けているところ
Dsc_1370Dsc_1373  

とりあえず右側の補修が完成してコンクリートが固まるまで養生中
Dsc_1376  


数日後左側も剥がして貼り付けて修理完了 最初に工事した右側は何故か目地の幅がやたら広くなってしまっている。左側は学習したので上手に出来ている。素人の工事なのでご愛敬と言った所だ。
Dsc_1378Dsc06934  


今回修理しなかったところでも敷石を叩いてみると空洞のある鈍い音のする箇所がたくさんありモルタルが剥がれてきているようだ。経年なのか最初からの工事不良なのか分からないがこれでしばらくはもつだろう。

2020年11月11日 (水)

火災防御訓練に参加

  先日市の消防の火災防ぎょ訓練が町内で行われ、避難住民役で参加してきた。毎年市内の各地区を順次訓練場所に設定して消防の訓練が行われていて、今年は私の住んでいる地区で行われることになった。想定は町内の別の場所で大規模火災が既に発生し市の消防隊が対応している中で新たに飛び火して延焼したということで、消防団が消火活動を行なうというものだ。

今年は女性分団が発足したこともあり、住民の非難誘導や救護所での応急救護などは女性分団員により行われていた。避難住民役は事前に町内の方へ参加依頼が来ていたので10数名が参加することになった。何人かは怪我人役のベストを着てトリアージュや搬送訓練の怪我人役もさせられていた。
Dsc06754Dsc06743  

Dsc06760Dsc06761  

 

飛び火で火災が発生したと想定する建物に向かって各分団が放水を開始した。
Dsc06763Dsc06750  
Dsc06749Dsc06765  

無事消火し訓練も無事終了した。最後は閉会式が行われたが総勢100名近い人たちが訓練に参加していたようだ。

今年はコロナの影響で、町内の避難訓練なども中止となってしまったが、コロナは県内では最近1ヶ月くらいは小康状態になっていたので市消防も実施に踏み切ったのかもしれない。
僅か30分ほどの間だったが、消防のテキパキとした動きで一連の訓練が進行しているのには感心した。火災などの災害は忘れた頃にやってくるので、規律のある消防は心強い限りだ。

 

 

 

 

より以前の記事一覧