無料ブログはココログ

2024年6月19日 (水)

市内のアジサイの花/2024

最近は好天が続き毎日鉢植えやプランタや地植えの庭木に水やりをしているが、地植えの庭木への水やりについては十分とは言えず庭の土も乾燥している。そろそろ雨が降らないかなあと思っていたら昨晩から今朝にかけて少し雨が降った。干天の慈雨とはこのことだ。でも全国的にみるとかなりの豪雨になっている所もあり被害が心配される。
 
久しぶりの雨で庭のアジサイは少し瑞々しくなったようだ。自宅や木場潟でもアジサイが咲き始めているが毎年町内のアジサイも咲いている頃なので見てくることにした。
 
最初に行ったのは山沿いの道路と水路の間に30mくらいにわたりアジサイが植えられている所で、近くの畑の持ち主の人が世話をしているのか下草なども掃除されていていつもきれいな花が見える場所だ。前夜からの久しぶりの雨のせいでアジサイは生き生きとしていた。
 
 
 
 
 
 
次に訪れたのは市内にある古墳公園だ。国指定史跡の古墳群で北陸では最大級の前方後円墳と方墳があり、方墳の法面にアジサイが5種類ほど植えられている。こちらは除草などの公園全体の管理はされているが植栽のアジサイの管理は必ずしも十分ではなさそうで雑草も多いようだ。以前来た時と比べて枯れたのか株数も少なくなっているようだ。
 
 
 
 
 
 
最後に隣町の墓地裏に植えてあるアジサイを見に行ったが、こちらはほぼ管理されていない状況でアジサイは雑草の中に埋もれていた。地域で管理している場合継続的に管理していくのはなかなか難しいようだ。
 
 

2024年6月17日 (月)

メダカの産卵と孵化

昨年4月に知人からメダカを6匹もらって飼育し始めた。その頃はまだ飼育し始めたばかりで産卵や孵化について知識がなかったので特に何もしていなかったのだが、水槽に入れていたホテイアオイが水槽一杯に広がったので半分を水槽から別のバケツに移した。しばらくしてバケツの中にメダカの稚魚がたくさんいることに気が付いた。
 
バケツに移したホテイアオイの根の部分にメダカが産卵していてバケツに移した後で孵化したようだった。たまたま半分のホテイアオイをバケツに移したことで結果的に孵化した稚魚が成魚のいない環境で生き延びることが出来たわけだ。ちなみに成魚の水槽に半分のホテイアオイが残ったが稚魚はいなかった。稚魚と成魚が同じ水槽にいると大半の稚魚は成魚に食べられてしまう。
 
今年も産卵・孵化の時期になったが少し勉強して知識も得ているので、5月頃から水槽には産卵床をいくつか入れて置き、時々産卵床やホテイアオイの根の部分に産卵されていないか確認し、卵を見つけるとタッパーウエアの容器に採取した。
産卵床と産み付けられた卵(白い粒3個)
Dsc05617  
 
卵を孵化容器に入れ日当たりの良い場所に置き、蓋を少し隙間があるようにかぶせた。容器の底の緑色のものが卵や抜け殻。
Dsc05623_20240617194401  
 
1週間かけて全部で30個ほどの卵を採取し、容器を日当たりの良い場所に置いていたら採取し始めて10日ほど経った頃に容器の中で孵化が始まり稚魚が毎日数匹ずつ誕生している。毎日次々と孵化するので稚魚用に100均でプラスチック容器を買ってきて孵化した稚魚は孵化容器からそっちへ移すことにした。稚魚容器には稚魚が隠れたり出来るようにホテイアオイの小さいのを1つ入れておくことにした。
Dsc05613  
 
稚魚容器には現在30匹ほどの稚魚がウヨウヨしている。稚魚用の粉状の餌を与えているがあまり食べていないようだ。グリーンウォーターが良いと言われているが成魚の水槽の水で大丈夫だろうか。
Dsc05621  
 
 
昨年6匹で始めたメダカの飼育だが、昨年の冬眠前には全部で約45匹に増えていた。これ以上増えても困るので卵の採取や成魚と別水槽での孵化や飼育も中止していたので後半は数は増えていなかったが、今年冬眠明けで個体数を数えるとどうも減っているようでその後も連続で何匹か落ちたことあり現時点では成魚は36匹で10匹ほど減っている。あまり数が増えすぎても困るが自然減もあるようなので一定数は維持するくらいは今の稚魚を育てていくつもりだ。
 
 
丸型の水槽で冬眠明け後に成魚が何匹も落ちたので水質悪化などが原因かもしれない。その後餌やりは控えめにしている。
成魚の水槽 角型と丸型 水草を除けたところ
Dsc_0606  
Dsc_0608_20240617194401  

 

2024年6月14日 (金)

プランタ野菜はいよいよ収穫開始

5月の連休に苗を植えてプランタで育てていた野菜が少し前から実ができ始めていて少しずつ大きくなっていくのを楽しみにして眺めていたが、数日前にキュウリとナスが初収穫できた。
 
毎年プランタ3つにキュウリ、ナス、トマトの3種類の野菜を植えて栽培している。5月連休に苗を植えて約1か月たって順調に育ってきていて、途中キュウリの苗が1本枯れるトラブルもあったがすぐに植え替えていまのところは問題ない。キュウリ、ナス、トマトそれぞれが花が咲いて実がいくつもできていてこれからが楽しみだ。
Dsc05604  
P6066970  
Dsc05605_20240614220601  
 
数日前にはキュウリとナスが収穫できて夕食に早速キュウリの和え物とナスの塩もみが食卓に並んだ。まだ1個ずつしか収穫できないのでこんなものだがもう少しまとまって収穫できるようになれば食卓も賑やかになるだろう。
Dsc_0601  
Dsc_0603  
 
Dsc05602  
Dsc_0615
 
 
毎年収穫数を記録している収穫記録表を壁に貼り付けて早速初生りを記録した。
Dsc05611  

2024年6月11日 (火)

木場潟花菖蒲まつり

木場潟南園地の花菖蒲園はハナショウブが真っ盛りを迎えている。5月の下旬からポツポツと花を咲かせていたが20日ほど経つが今が一番多いくらいだ。ハナショウブの花期は割合いと長いようでこの後ももう少し咲くだろうから1か月近く咲いているだろう。
 
もっとも1つ1つの花の寿命は短いが1つの株でも次々と新しい花を咲かせるし、早咲きの品種が終っても遅先の品種が花盛りと言うこともあるので全体として長く楽しめる。花の萎れた花ガラは毎朝係の人が取り除いているのでいつもきれいな状態で見ることが出来る。今は花菖蒲祭りが開催中で花菖蒲祭りの旗も建てられていて日曜日にはいろいろなイベントも行われている。ちなみに花菖蒲祭りは6月16日まで開催されている。
 
 
ウォーキングに行くと周回路のすぐ横に花菖蒲園があるので毎回花菖蒲園に立ち寄って花を見ている。夫婦連れや高齢者施設の入居者など花を見に来る人は結構いる。花菖蒲園には5万株のハナショウブがあり品種も数えきれないくらいある。品種名はそれぞれの品種毎に掲示されているが多すぎて覚えられない。花の色は紫が多いが、赤紫、青紫、ピンク、白、黄の他にツートンのものもあり見ていて楽しい。
Dsc_7961
Dsc05570  
Dsc_7971
Dsc_7979
Dsc_7989
Dsc05588_20240611150901
P6066934  
P6066936
P6066948_20240611151101
 
P6066951  
 
 
 
 
 

2024年6月 7日 (金)

ウォーキング用イヤフォン・スピーカー

音楽を聴きながらウォーキングをする場合は、以前は再生機器に有線接続したイヤフォンを耳に挿すのが一般的だったが、10年ほど前からワイヤレスで接続できるブルートゥースという技術が一般にも広がって使われるようになった。
 
ワイヤレス接続は便利な上に、パソコンやスマホにも標準搭載になっているのでスピーカーやイヤフォンとの接続など身の周りのいろんなところでブルートゥース機器を使用している。
 
木場潟ウォーキングの時にはこれまでブルートゥースイヤフォンを使用してきたが、イヤフォンをして歩いていると外部の音が聞こえず後ろから接近してきた車や自転車に気付かずあわや接触事故というヒヤッとしたこともある。木場潟公園内は車は原則進入禁止だが園内パトロール車や管理用作業車両などは通行しているし自転車は速度制限はあるが走行OKだ。
 
ウォーキングではスマホで音楽を再生して耳元近くのブルートゥース受信機にワイヤレスで送信し、受信機に接続したイヤフォンで聞くという方法だ。今はイヤフォンに受信機が内蔵されているタイプもあるが紛失しやすいので使ってはいない。
 
使っているブルートゥースイヤフォン
受信機とイヤフォンは別に準備して接続して使用するタイプ
Dsc05558   
 
受信機とイフォンが一体型で首にかけて使うタイプ
これが紛失しにくく一体型で使い勝手が良くて一番よく使っている
Dsc05557  
 
 
二番目の物が使い勝手が良くて気に入っているがウォーキング中に外部音が聞こえないという安全上のマイナス面もある。値段の高いものでは外部の音も聞こえるタイプのものもあるようだ。
 
先日100円均一のダイソーの店内を見回っていたら小型のブルートゥーススピーカーを見つけた。丸型でサイズは直径4.5cm、厚さは3cmで熊除けベルとさほど変らない大きさだ。値段は100円均一店だけど700円したが早速購入した。家で重さをはかると78gだった。
ブルートゥースイヤフォンは小さいが、スピーカーは大きいものが多くこれほど小型のものは見たことがない。
Dsc05556  
 
家にある一番小さいブルートゥーススピーカーとの比較
家にある小型スピーカーと較べると4分の1ほどの大きさだが音質はそれなりに良い音だ。カラビナは後で付けたもの
Dsc05559_20240608113101
 
これを肩にぶら下げて音楽を再生すると音は外部にも聞こえるが耳が塞がれないので外部の音も聞こえる。音量は小さめにしておけば他の人の迷惑にもならないだろう。このやり方で3回ほどウォーキングをしてきたが周りからはそれほど気にされている様子もなかった。しばらくこれで使ってみよう。最近は平地に熊が出没しているので熊除けベルの替わりにもなるかもしれない。
 
 
 

2024年6月 6日 (木)

朝顔の苗の成長

5月の連休に朝顔の種を蒔いた。一晩水に漬けて置き水を吸わないものは更に一晩漬けた後に準備しておいた育苗トレーに1区画に3~4粒の種を蒔いた。最初の頃は発芽したのを見つけると喜んでいたが、次々と発芽するので興味は苗の成長の方に移って行った。
 
種蒔きから1ヵ月ほど経ったが、最初に発芽したものはどんどん成長しているがいまだに新たに発芽するものもある。成長にバラツキがあり成長の早いものは双葉から本葉が出て葉を成長の遅い苗の上にまで広げているので、成長の遅いものはますます成長が遅れている。そこで1週間ほど前から成長の早いものを順次育苗トレーからポットに植え替えて日当たりの良い場所に移動した。混雑していた育苗トレーには成長の遅いものだけが残ったが日当たりも良くなったので成長は早くなるかもしれない。
 
育苗トレーに残された成長の遅い苗
P6066977  
 
成長の良いものはポット上げをしてポットを日当たりのよい場所に置いたところ。プランタに定植したわけではなく色別に区分したポットをプランタの土の上に置いてあるだけ。
Dsc05551  
Dsc05552  
P6066975
 
本葉が数枚出て蔓が伸び始めたらネットに巻き付かせる必要があるので少し早いがグリーンカーテン用のネットも設置した。昨年までは2カ所にグリーンカーテンを設置していたが今年は1カ所だけに減らしたので、ネットを正面と側面に設置することにした。
P6066969  
ポット上げしたポットの数が55個でポット1つに3.5本の苗があるとして苗の数は全部で約190本ある。グリーンカーテン用プランタ5個と行燈用プランタ3個に分けると
プランタ1個当たり苗20本くらいになる。育苗トレーに残ったものは数の調整ようにして余ったら廃棄することになりそうだ。
 
 
家の後ろに直播き用の花壇を作り種蒔きの時に余った種をバラまいたのがたくさん発芽した。成長の悪いものを間引きして半分ほどに減らしたがまだ100本くらいあり数が多いのでもう少し間引きが必要だ。取り合えずネットを設置することにした。
P6066978  
 
 
 

2024年6月 4日 (火)

水彩教室71

今回は教室や自宅で描いた花の絵はいつも通りだが、風景画については町内の知人より町内の活性化活動の一環で絵画展と陶芸展を開催するので、町内の街並みの絵を描いて欲しいと依頼されたので街並みの絵を4枚描いた。いつもは1ヵ月に絵を8枚ほど描いているが、2月と3月は街並みの絵も描いていたので月に10枚くらい描いた。
 
教室で描いた絵 3枚
季節的には3月頃に描いた絵になる。
_dsc4854  _dsc4870
_dsc4872
 
自宅で描いた静物画 6枚
それぞれ身近にある花を描いたもので葉ボタンなどの寄せ植えの絵、ガーデンシクラメンの絵、紅梅の絵、桜の絵、薔薇と水仙の絵、フリージアの絵など。
_dsc4856
_dsc4865  
_dsc4860
_dsc4866
_dsc4859 _dsc4862
 
   
 
 
風景画  5枚
1枚目は1月の雪が降った後の木場潟から白山を望む絵。雪景色の対岸も湖面に映り込んでいてとても印象的だった。
_dsc4852
 
 
2枚目から5枚目は町内の街並みの風景。6~7年前から依頼されて街並みの絵を描いているが、どうしても新しい街並みよりも古い街並みに惹かれるため昔から親しんだ街並みを描くことになる。でも6~7年前に描いた街並みの家が老朽化で取り壊されたり道路の拡幅で取り壊されたりしていて街並み自体が変貌している。そのうち描く場所がなくなってしまうかもしれない。
_dsc4868  
_dsc4875
_dsc4876
_dsc4882

 

2024年5月28日 (火)

金沢富樫のバラ園

金沢市富樫の南総合運動公園内にあるバラ園に行ってきた。毎年バラを見に行っているので今年もそろそろだなと思いながらも、庭の剪定などの作業も多くてなかなか行けなかったが、先日の日曜日に妻にバラ園へバラを見に行ってくると言ったら私も行くというので午後に一緒に出掛けてきた。
 
以前は駐車場が狭かったが今は駐車場が広く整備されたので駐車場の心配をする必要がなくなった。バラ園に入ると見頃の日曜日ということもあり人出が多く混雑していた。老若男女を問わず家族連れや若いカップルなども多かったが、ちょっとびっくりしたのは外人の観光客が何組もいたことだった。バラ園は地元では有名なバラのスポットなのでシーズンに地元の人が多いのは当然だが、外国人の観光客がここまで来るのかと驚いた次第だ。SNSなどによって旅行先の見所を自分で調べて旅行に来る人が増えているのだろう。
P5266922_20240528233301
バラの花の方は品種によっても早い遅いがあるが、ほとんどの株が花を咲かせていて早咲きの品種は終盤に入り花が痛み出しているものもあったが全体としてはピークの状態だった。
P5266897  
P5266889  
P5266869
P5266876  
P5266866
P5266873  
P5266912  
P5266917
P5266901
P5266916  
P5266877  
 
このバラ園には167品種、1800本のバラがあり、きちんと整備されているので本当にきれいだ。毎年見に来ているが何度見てもどうしてバラはこんなにきれいなのかと思ってしまう。
 
 

2024年5月23日 (木)

カキツバタとハナショウブ

木場潟では少し前からカキツバタが紫色の花を咲かせている。以前は南園地の花菖蒲園にあったが枯れてしまったのかここ数年は全然咲いていない。替わりに中央園地のビオトープなどで咲いている。毎年5月になると咲き始める。
Dsc05322
Dsc05321  
 
 
カキツバタの花が終る頃に咲き始めるのがハナショウブだ。南園地の花菖蒲園には色んな種類の花菖蒲が植えられていて6月になると色とりどりの花が咲き出す。ウォーキングの途中に立ち寄って見ると全体的にはまだのようだが早咲きの種類のものがいくつか咲き始めていた。ややフライング気味だが6月になると花菖蒲祭りも行われるのでその頃には全体に満開状態になるだろう。
Dsc_0573  
Dsc_0569
Dsc_0580_20240523231201
 
 
周回路を歩いていると岸辺の葦原に時々キショウブが黄色い花を咲かせている。自生しているものなので葦や雑草に混じって咲いている。黄色い花は良く目立つのですぐわかる。
Dsc_0576  
 
 
 
木場潟公園の外側には畑や水田が広がるが、水田の稲はまだ植えられたばかりだが麦畑の麦はもうすっかり黄金色になっていて麦秋の気配だ。6月になると借り入れが始まりそうだ。
Dsc05447  
 
 

2024年5月20日 (月)

ミニ胡蝶蘭復活

4年ほど前から毎年12月頃にミニ胡蝶蘭を買って部屋に飾るようになった。胡蝶蘭はお祝い事の時に贈られる豪華な鉢植えの印象があるが、ミニ胡蝶蘭は花も小さくて値段もリーズナブルで家庭で気軽に楽しめるものだ。12月頃に花屋さんの店頭にたくさん並ぶのでついつい買ってしまう。花が終る頃には処分価格になることもあり3月頃に買うこともある。
 
花期は長く数か月間花を咲かせているので購入金額は少し高目だがお買い得感はある。12月の店頭のものは正月向けなので正月に咲くように温室栽培されていて4月くらいまで花を楽しめる。花が終った後うまく越夏や越冬させることが出来ると2月頃から花茎が伸び始め5月中頃に花を咲かせる。
 
この越夏や越冬と言うのが難しくて途中で枯れてしまうものも多い。胡蝶蘭の越夏や越冬には毎年挑戦しているが毎年半分は枯らしてしまう。花が終ったあとの体力回復の方法や水やりの方法や冬越しの際の保温などが適切でないのが枯れる原因だと思うがよく分からない。多分水のやりすぎが良くないのだとは思うが。
 
 
昨年夏には4鉢があったのだが、途中で2鉢が枯れてしまい残った2鉢を越冬させたのだが株もあまり元気がなかったが、1鉢は2月に花茎が出始めもう1鉢も3月に花茎が出始めた。支柱を立てて園芸用のクリップで支柱に固定するとミニ胡蝶蘭らしくなってきた。
 
蕾も大きくなっていて先日花が2つ咲き始めた。花茎に花芽ができて蕾が大きくなり始めるのを見ているので無事花が咲いたのを見ると感慨無量だ。
Dsc05403  
Dsc05404
 
今日は3つ目の花が咲き始めた。
Dsc_0556  
 
 
もう1つの鉢の方はまだ花茎が伸びている状態で花が咲き出すにはもうしばらくかかりそうだ。
Dsc_0562_20240520224801  
 
 

«庭のシランと芍薬が咲いた