無料ブログはココログ

« 鳥類の先祖は恐竜!! | トップページ | 木場潟冬景色 »

2011年2月14日 (月)

監視カメラの効果と怖さ

1月10日に東京目黒区で老夫婦が殺傷された事件で、容疑者が1ヶ月ぶりに逮捕された。今回の事件解決には、監視カメラの映像が随分役に立ったようだ。捜査では、聞き込みのほか、地下鉄やJR、私鉄各駅の監視カメラデータの映像を解析して、容疑者逮捕に結びつけたようだ。

現場近くの中目黒駅の監視カメラには、犯行前と犯行後の容疑者の映像が写っており、JR恵比寿駅や有楽町駅、東京駅などの監視カメラにも写っていたことが判明し、ビデオの解析から、福島県のいわき湯本から高速バスを利用し東京駅に到着したことが分かり容疑者が特定できたようだ。

東京などの都会だけでなく、最近はいろんなところに監視カメラが設置されていて、本人も知らない間に写されているということが問題になったりしているが、犯罪の抑止効果もあるし、今回のように事件解決に役立つこともあり、安全な社会を維持していく上では、ある程度はやむを得ないものかなと思う。ただすべてが監視される社会というのはちょっと怖い。

最近の技術では、人の顔や持ち物を認識して、監視カメラの映像から自動的に検索することも可能ということで、一定範囲の複数の監視カメラの映像を検索すれば、移動の足取りを把握することも可能と言うことだ。映画の世界の話が現実になりつつあるのかもしれない。

勤務先でも、以前駐車場での車上あらしが相次いだこともあり、昨年監視カメラを設置した。

« 鳥類の先祖は恐竜!! | トップページ | 木場潟冬景色 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監視カメラの効果と怖さ:

« 鳥類の先祖は恐竜!! | トップページ | 木場潟冬景色 »