無料ブログはココログ

« 監視カメラの効果と怖さ | トップページ | 朱鷺が羽咋へ飛来 »

2011年2月15日 (火)

木場潟冬景色

勤務先では、2月は12日(土)が出勤日で14日(月)が休日となった。月曜日が休日だと、外出をしても土日の場合とちょっと感じが違う。道路も仕事の車ばかりだし、お店に入っても人が少ない。人が働いているのに休んでいるのは申し訳ないような気もするが、もう数年もすると一年中こんな状況になるのだろう。
14日は曇り空だったが、雨も雪も降っていなかったので木場潟公園へ出かけてみた。平日だし、寒いし、人はそんなにいないだろうと思っていたが、駐車場にはかなりの台数が駐車している。木場潟の周囲の周回コースをウォーキングしているのだろう。自分もカメラを手にゆっくりと歩いてみることにした。景色を撮影しながらぶらぶらと歩いているので、本気でウォーキングしている人に次々と抜かれるが、抜いてゆく人を見ると年配の人ばかりだ。月曜の日中だから当然と言えば当然だが、仕事をリタイヤした人たちが健康のために歩いているのだろう。
水面には鴨が沢山いるが撮影をしようと近づくと、危険を感じてスーッと岸から離れていくのでなかなかアップでは写せない。白山は曇って見えなかったが、近くの山が青く冬山の景色だった。少し歩いたら寒くなったので車へ引き返して、次に芦城公園へ行って見る事にした。

Dsc_0562 Dsc_0573 Dsc_0572

芦城公園は、小松市の中心にある桜の名所だが、たしか梅もあったはずと思い園内を散策してみたが、何本かの梅の木はあったものの、まだつぼみは硬く開花はしばらく先になりそうだ。

Dsc_0579 Dsc_0577

« 監視カメラの効果と怖さ | トップページ | 朱鷺が羽咋へ飛来 »

木場潟・白山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木場潟冬景色:

« 監視カメラの効果と怖さ | トップページ | 朱鷺が羽咋へ飛来 »