無料ブログはココログ

« 久しぶりの大雪で大混乱 | トップページ | 自然災害 »

2011年2月 3日 (木)

節分と恵方巻き

明日2月4日は立春だ。寒波の連続でまだ真冬のど真ん中だと思っていたが、立春と言うことは、いよいよ暦の上では春ということか。そういえば、最近は以前から見ると、朝も早く明るくなるし、夕方も明るい時間が長くなったようだ。今日の日中は久しぶりに太陽も顔を出して寒さも少し緩んだようだし、積もった雪も少し解けたようだ。このまま一直線に春になる訳ではないだろうが、少しずつ春らしくなっていくのだろう。
今日2月3日は立春の前日ということで節分になる。節分と言えば豆まきが一般的だと思っていたが、最近は恵方巻きのほうが有名になったみたいだ。豆まきは、鬼にめがけて豆を投げつけて邪気を退散させるということで、昔からテレビのニュースネタになっていたものだが、最近は、恵方巻きを食べる家庭の方が多いらしい。
節分の日に恵方巻きを食べると言うのは、もともとは関西地方で行われていた行事で、節分の日に、恵方(2011年は南南東)を向いて太巻き寿司を食べると良いことがあるとされる行事だが、最近は、商業的な宣伝で全国区の行事になりつつあるようだ。土用の丑の日の鰻や、バレンタインデーのチョコとよく似ている。
我が家は、これまで節分といっても、特別豆まきをすることもなく、また恵方巻きを食べることもなかったが、今年は少し真似事をしてみようと、妻が豆を買ってきて、「福は内、鬼は外」と豆を撒いていた。豆は後で食べられるように20個くらいが袋に個装されているものだ。
Dscn0186

また夕食には太巻き寿司が食卓にあった。作法では、恵方に向かって無言で丸ごとかぶりつくことになっているが、こんな大きい寿司を丸ごと食べられるわけがないので、正式な作法は無視して食べやすい大きさに切って食べた。

Dscn0193

いずれも、遊び半分の真似事だが、一年のうちで最も暗く寒い時期に底を打って、光の春に向かう節目の日に、すこしこんな遊び心があってもいいかもしれない。下の写真は、雪原に日の光が春らしい。

Photo

« 久しぶりの大雪で大混乱 | トップページ | 自然災害 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分と恵方巻き:

« 久しぶりの大雪で大混乱 | トップページ | 自然災害 »