無料ブログはココログ

« 土筆(つくし)が顔を出した | トップページ | 義捐金を寄託 »

2011年3月30日 (水)

大震災からの復興はどうなるのだろうか

福島第一原発の状況がなかなか改善しないようだ。高濃度の放射性物質に汚染された水が1号機から3号機で見つかるなどで、作業員が被曝するおそれがあり、復旧作業についても影響が出ている。汚染された水をどう処理するかも難しい問題だ。電気などが復旧して少し良くなるかと思うと、また次の問題が出てきて、なかなか収束するめどが立たないようだ。海水からも高濃度の放射性物質が検出されていて、どこから漏れているのかも良く分からないようで、この先、安定状態になるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

外国からの技術的な援助を受けながらでも早く状況を改善して、避難指示が解除できる状態にして欲しいものだ。

津波の被害を受けた地域では、道路や鉄道などは少しずつ復旧して、物資も届くようになってきているようだが、まだ全ての避難所にはなかなか行き渡らないようで、日常の食事や水や薬や生活物資等も十分とは言えないらしい。

被害者の方の生活の建て直しも急務だが、これだけ広範囲の地域で、生活基盤が破壊されてしまうと、どうやって立て直していくのか心配だ。復興資金は数十兆円とも言われており、全国民が広く薄く復興資金を負担するような方法も考えなければならないのではないだろうか。

« 土筆(つくし)が顔を出した | トップページ | 義捐金を寄託 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大震災からの復興はどうなるのだろうか:

« 土筆(つくし)が顔を出した | トップページ | 義捐金を寄託 »