無料ブログはココログ

« 特急「雷鳥」の引退 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

2011年3月11日 (金)

東北地方での大地震発生で甚大被害発生

東北で大地震が発生した。東北地方太平洋沖地震と名づけられたが、仙台を中心に東北地方の太平洋側から東京神奈川県まで甚大な被害が出ている。テレビで繰り返し放送しているが、津波の映像のもの凄さにびっくりしている。津波と言うけれど波ではなく、海そのものが不気味な生命体のように、陸に上がり地面を這って進んでいるようで気味が悪い。家も車も船さえも巻き込まれて破壊されている。海から2Kmも入った内陸部まで津波が入っている。

津波が引いていく時には、家も、車もその他いろんなものを引き連れて流しさって行ってしまう。日本列島の太平洋側はもとより日本海側までもが大津波の警戒領域となっている。津波の高さが10mを超えるところも多数ある。

死亡した人や、負傷者や行方不明者の数も、どんどん増える一方で、確認されているだけで約80人となっており、そのほかに仙台市の若林海岸で200人~300人の遺体が打ち上げられているようだ。明日以降、被害状況が確認されれば、被害者数が更に増えるものと予想される。

火災もあちらこちらで起きていて、製油所でも大規模な火災が発生している。

マグニチュードは8.8と言うことなので、国内ではこれまでで最大と言うことだ。動いた断層の長さは400Kmに及ぶということで、これも最大規模だそうだ。

勤務先の東北や北関東にある得意先も、工場が被害を受けているとのことで、週明けの操業が心配される。

« 特急「雷鳥」の引退 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方での大地震発生で甚大被害発生:

« 特急「雷鳥」の引退 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 »