無料ブログはココログ

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 労働組合との団体交渉 2011年春 »

2011年3月13日 (日)

東日本大震災

今回の地震の名称は、公式には気象庁が「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」という名称を発表している。一方震災としての名称は、マスコミ各社がそれぞれ決めている様で、民放では「東日本大震災」が、NHKでは「東北関東大震災」が使用されている。個人的には「東日本大震災」の方がしっくりくるような気がする。

今回の東日本大震災では、最終的な犠牲者の数が宮城県だけで1万人を超が確実だと言われている。津波の被害の大きさと、広範囲さから考えるとそれぐらいになるのかもしれないが、やりきれない被害者の多さだ。

テレビでは、別々の避難所に避難していた家族がようやく再会できたシーンを写していたが、抱き合ってないているシーン見ていると、こちらも目頭が熱くなる。一方で、親とはぐれて、親を呼ぶ子供の姿は悲しい。なんとか再会できればよいのだが。

今日から、海外の援助隊もぞくぞくと入国しており、わざわざ遠くの国から日本を助けに来てくれていると思うと、感謝、感謝である。

東京電力では、電力不足による大規模停電を避けるため、輪番制の計画停電を実施するとのことだ。供給エリアを5つのエリアに分けて停電させるとのことだ。明日からということだが、病院、スーパー、工場も一律に実施されるということであり影響が大きい。

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 労働組合との団体交渉 2011年春 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災:

« 東北地方太平洋沖地震 | トップページ | 労働組合との団体交渉 2011年春 »