無料ブログはココログ

« 北陸も梅雨明けで暑さ本番だ | トップページ | 熱中症対策/水サーバー設置 »

2011年7月14日 (木)

チャドクガ・アメシロ防除/家庭用殺虫剤

6月中旬には、自宅の山茶花にチャドクガの幼虫が発生していた。チャドクガの幼虫は山茶花の葉の裏側に、整然と整列している習性がある。周囲の山茶花の葉は食いつくされているのですぐ分かる。生垣にしている山茶花の数箇所で発生していて、周囲の葉っぱが丸坊主になっている。この虫は触れるとかぶれるし、近づいただけでもかぶれることがあるので、高枝はさみを持ち出して少し離れたところから、巣になっている葉っぱやチャドクガの幼虫の付いている葉っぱを切り落とす。その後、幼虫のいた枝や、切り取った枝に家庭用の殺虫剤(アースジェット)をたっぷりかけてやった。

その後、チャドクガの幼虫は発生していないが、先日庭を見ていたら、ハナミズキの葉が枯れているのに気が付いたので、近づいてよく見るとアメシロ(アメリカシロヒトリ)がうじゃうじゃといる。桜の木やプラタナスに発生するのはよく聞くが、ハナミズキに発生しているのは始めて見た。葉っぱを丸坊主にされてはかなわないと思い、またアースジェットをたっぷりかけてやった。先日町内会のアメシロ防除の薬剤散布があったので、これで発生しないと思っていたのだが、きちんと散布してなかったのかもしれない。

アメシロは例年6月中旬ごろから出だすので、勤務先では、6月下旬にかけて薬剤散布をするのだが、今年は春先があまり気温も上がらず、比較的気温の低い日が続いたせいか、アメシロをあまり見かけなかったのだが7月になるとさすがに出始めた。造園業者さんにお願いして、今週の日曜日に薬剤散布をすることにした。例年は6月と8月に実施しているが、今年は7月1回でよいかもしれない。

家庭では、アメシロやチャドクガの防除に噴霧式の家庭用の殺虫剤を使用しているが、レバーを握ると噴射するタイプが使いやすいし、噴射が遠くまで届くものが便利だ。キンチョールとかアースジェットを良く使っているが結構使いやすいし、殺虫効果も十分だ。。
春先のアブラムシにも良く効くようだ。家庭では、広範囲に散布する必要はなく、発生している所にピンポイントで噴霧できるものだと少量で大体駆除できる。

« 北陸も梅雨明けで暑さ本番だ | トップページ | 熱中症対策/水サーバー設置 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャドクガ・アメシロ防除/家庭用殺虫剤:

« 北陸も梅雨明けで暑さ本番だ | トップページ | 熱中症対策/水サーバー設置 »