無料ブログはココログ

« 富有柿をもらった | トップページ | イモカタバミ/花の名前がやっと分かった »

2011年11月10日 (木)

労働組合との2011年の秋季交渉始まる

勤務先では、労働組合との秋季要求に関する交渉が始まった。10月に要求書提出があり、その後事務折衝等を経て、一回目の団体交渉が行われた。秋季の交渉は、労働条件改善に関する要求と、年末一時金についての要求が主な内容だが、労働条件改善については、特に慢性的な長時間残業等への対策が要求されている。

長時間残業についてはかなり慢性化しており、通常残業の他に土曜日の休日出勤も定常化している。労基監督署からの指導もあり、改善が必要とされているところだ。一時金については、業績リンク方式により決算内容により支給月数が算出される。

私は、これまでの労働組合との交渉には会社側の事務局として出席してきたが、今回の交渉からは外れることになった。そろそろ次の世代の人に譲っていく頃だろう。

団体交渉ともなれば、交渉は深夜に及ぶこともしばしばであり、深夜の交渉まで付き合うのは体力的にもシンドクなっていた頃なのでちょうど良いタイミングだった。会社の経営陣も世代が交替したし、労働組合の執行部も若返っていて、事務局だけ昔のままと言う訳にはいかないだろう。

交渉は例年17~20日頃に最終交渉で決着することになる。

« 富有柿をもらった | トップページ | イモカタバミ/花の名前がやっと分かった »

総務・労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働組合との2011年の秋季交渉始まる:

« 富有柿をもらった | トップページ | イモカタバミ/花の名前がやっと分かった »