無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

くず餅

風呂上りに、妻が「冷蔵庫にアンコのお菓子あるよ」と言うので、冷蔵庫を開けてみると、私の大好きなくず餅がある。甘さ控え目のこし餡を葛のでんぷんの透明の皮で包んだお菓子で、シースルー感があって見た目にも涼しげなお菓子だ。

私の好物なので、夏になると時々買ってきて冷蔵庫に入っている。ラップに貼ってあるシールを見ると2個入りで98円とある。以外と安いんだなあと思いつつ良く見ると1個しかない。2個入りのうちの1個は妻が既に食べてしまったようだ。

早速食べようと思ったが、まてよと思いとどまった。最近は体重が増加傾向にあり、なるべく甘いものは食べないようにしているし、特に夜は夕食後は食べないようにしているのだが。でも消費期限を見ると8月1日となっていて、生ものだから早めに食べないといけない。

小さなお菓子を前にして、食べる、食べないでしばらく葛藤してみたが、結局食い気に負けて食べてしまった。

なかなか体重が減らないのは、意思の弱さのせいかも知れない。

Dscn3178

Dscn3179

2012年7月30日 (月)

頂き物のメロン

妻の妹からメロンの箱入りを送ってきた。箱の中には3個も入っている。義妹のところでは、北海道にいる知人がメロン農家をしていて毎年メロンを送ってくれるそうで、その中から毎年我が家にもおすそ分けで送ってくれている。感謝・感謝だ。
メロンは高価だし、なかなか自分で買ってまで食べることはないが、ときどき頂いたりするとようやく口に入ることになる。

同封されていた説明書では、北海道メロンで品種名が「ルピアレッド」という赤肉メロンという事だ。赤肉といってもスイカのような赤ではなくて果肉がオレンジ色をしている。

説明書には、メロンの食べ頃として収穫後4~5日とあり、このメロンの食べ頃は8月1日と書いてある。逆算すると7月27日か28日頃に収穫したということだ。また、メロンは下部が柔らかくなってきたら食べ頃とも書いてある。収穫したばかりではまだ実が固いが、数日すると熟れて柔らかくなって美味しくなるということなのだろう。

妻は、メロンが美味しくなった頃にメロンを切って、実家の父に持っていってあげようといっている。
Dscn3170

Dscn3167  


2012年7月29日 (日)

履き慣れた靴

先日、冠婚葬祭用の黒靴が靴底と皮の部分が剥がれてしまっているのを発見した。そういえば前回履いた時に違和感があったが、そんな状態だったわけだ。この黒靴は購入して10年以上はたっているはずだし、靴底のウレタンも劣化してボロボロになっているし寿命だと思って新しい靴を買うことにした。

ついでにと思って靴箱を見てみると、作業用やウォーキング用などの用途の決まったものは別として、普段履き用に買ったのにあまり履いていない靴がいくつもある。原因は、私が同じ靴ばかり履くためのようだ。確かに今履いている靴は、購入して5年ほど経つがほぼ毎日と言っていいほどこの靴ばかり履いている。サイズや靴幅が私の足に合っていて履きやすいこともありこの靴ばかり履いてしまうようだ。

先日この靴を点検していたら、靴底は歩き方の癖で磨り減っているし、靴底と靴本体の皮の部分が剥がれてきているところが何箇所もある。それを見て妻は「もう捨てれば!!」と言うけれど、愛着があるし「接着剤で接着すればまだ履けると」いって修理をした。
皮の色のはげてしまった所も、茶色の靴墨をつけてこすったら色が染み込んで、少し見栄えも良くなったようだ。
Dscn3111

かなり寿命に近いところまできているようだが、もう少し履いて見るか。

2012年7月28日 (土)

車の買い替え検討

先日、車の点検の案内がディーラーから届いた。私の車は2000年に購入しているので、今年で12年経過したことになる。去年車検を受けたので今年は1年点検の案内が来たが、来年はまた車検になる。来年になると丸13年になるし、そろそろ車を換える時期だろう。

今日は予約をしておいた午前10時にディラーに車を持ち込んだ。点検やオイル交換等で1時間くらい掛かるというので、待っている間にロビーに展示されている最近発売になったばかりの新車を見てみることにした。

来年買い換える車の参考にするため、新発売の展示車をいろいろ見たり操作したりしてみたが、今乗っている車より、排気量も小さいし、車長も短くて小回りが利くようだし、高さは今の車より高くて室内は頭上も余裕があって広い。今流行のハイブリッド車と較べると燃費は良くないが購入価格は安い。運転席側はドアは前と後ろの2ドアだが、助手席側は、1枚のスライドドアになっている。

来年購入予定の車は、10年間乗るとすると私にとっては、年齢的には最後の車になりそうだ。来年で勤務先をリタイヤすれば、年金生活者になるわけだし、車については経費がかからず荷物もある程度運べるものと考えると、この展示車は私のニーズと結構合っている。軽四も選択肢の一つだが、この車も候補のひとつに挙げておこう。

2012年7月27日 (金)

オリンピックいよいよ開幕

ロンドンオリンピックが始る。日本時間の28日午前5時から開会式が行なわれる。
今朝は、朝のニュースで男子サッカーが優勝候補のスペインに勝ったと大騒ぎだった。サッカーは日程の都合で、開会式前から予選リーグがスタートするとのことで、昨日も女子サッカーのなでしこジャパンがカナダに勝って大いに盛り上がっていたが、予選リーグとはいえ、男女とも初戦の白星は幸先がよい。日本全体に勢いをつけてくれたようだ。

今度のオリンピックの日本選手団の選手数は、女子選手のほうが男子選手よりも多いそうだ。メダルの数も女子のほうがレスリングや柔道で量産しそうだし、水泳やサッカーもメダルをとりそうだし、男子より多くなるかもしれない。

男子も水泳や体操や柔道でメダルを取りそうだし、サッカーや陸上も期待していいかもしれない。

いずれにしても、選手が活躍してたくさんメダルを取って、最近元気のない日本を盛り上げて欲しいものだ。

2012年7月26日 (木)

庭の花7月ー2

連日暑い日が続いている。今日も各地で35度超の気温が観測されているようで、熱中症で救急搬送される人も多いようだ。

我が家の庭の鉢植え達も暑さで悲鳴を上げているようだ。露地植えのものはまだ地中深くから水分を吸い上げられるが、鉢植えは鉢やプランタの中の水が乾いたらアウトになってしまう。毎日帰宅するとすぐに水やり開始だ。ひとつひとつの鉢やプランタにたっぷりと水をやるようにしている。

庭では、鉢植えの白桔梗がたくさん花を咲かせている。紫色のものより半月くらい遅いようだ。紫色の桔梗はひとしきり花を咲かせた後チョット休憩のようだ。小さいつぼみがあるのでまたそのうち咲き出すだろう。
Dsc_0407

ベゴニアとマリーゴールドは我が家のプランタ植えの花の定番になっている。4月頃から雪が降る頃までは花が咲いている。あまり世話をしなくても次々と花を咲かせるし、花の期間も長いので、ここ10年くらいは毎年この2種類の花は植えている。
Dsc_0408

Dsc_0397

 

日々草は毎日花を咲かせている
Dsc_0396

カリフォルニアローズも花株がかなり大きくなってきている。少し切り戻しをする必要があるかもしれないる
Dsc_0376

2012年7月25日 (水)

花の枝の切り戻し

ミリオンベルが枝が伸びすぎて、先端部にしか花がなくて中央部がハゲたようになっていたので、ネットで調べたところ「切り戻し」をするとよいということで、6月24日にかなり強めに枝を切り戻したのだが、その後花が全然ない状態が続いていたが、最近は切り戻した枝の根に近いところに新しい芽が出て大分葉も茂り出してきた。また、切り戻した時に残っていた葉の部分から花も咲き出した。でも以前のようにこんもり花が付くにはもうしばらく掛かりそうだ。
Dsc_0402

ミリオンベルを切り戻したときにサフィニアの茎もかなり伸びていたので、これも切り戻したが、それほど強くは切り戻さなかったので、まとまった形で花もそれなりに咲いている。これは切り戻しはうまくいったようだ。
Dsc_0401

Dsc_0392   

同じ日についでにロベリアも切り戻したが、こちらは背丈が低くなって以前と同じような花数で咲いている。これも切り戻しはうまくいったようだ。
Dsc_0400

Dsc_0399    

ベゴニアやマリーゴールドなども秋になると茎が伸びすぎた状態になるが、早めに茎が長くなった花を切り戻して、下の方から花芽を出させたら良いかもしれない。今度部分的に試してみよう。

2012年7月24日 (火)

オニユリが咲き出した

庭のオニユリがようやく花を咲かせた。つぼみが出来てからなかなか咲かなかったが、昨日ようやく2輪咲いた。ほかのつぼみもかなり大きくなって色づいてきているので次々と咲きそうだ。

濃いオレンジ色の花びらに褐色の斑点が入っていて、花びらが思い切りよく後ろ側に反り返っているなかなか個性の強い花だ。特に世話をしていないが毎年芽が出て成長して花を咲かせる。もともと日本の各地に自生しているユリで、なかなか丈夫な植物のようだ。花粉も濃い色なので服に付くとなかなか取れない。

子供の頃から我が家にあったようで、前の家から今の家への引越で庭木の移植をした時に、他の庭木と一緒に移ってきたようだ。子供の頃から見慣れているし、いかにも夏らしい花なので割りと気に入っている花のひとつだ。

それにしても鬼百合とは恐ろしげな名前がつけられたものだ。オレンジ色に斑点の入った様子が赤鬼の風貌に似ているからとの説もあるようだが定かではない。

Dsc_0403

Dsc_0404

Dsc_0405




2012年7月23日 (月)

ひまわりの花

よく車で通る道の道端に小さな畑があって、毎年ひまわりが植えられていて、今の時期には大きな花をたくさん咲かせている。昨日も通りかかったらたくさん咲いているので、車を停めて何枚か写真を撮った。

道路側から写真を撮ったが、花はあっちを向いたりこっちを向いたりで、あまり行儀が良いとは言えないが、それでも緑の田んぼを背景に元気なヒマワリの写真を何枚か撮ることができた。
Dscn3090

Dscn3091

Dscn3094

Dscn3089

道路際のひまわり達はしばらくは目を楽しませてくれそうだ。


  

2012年7月22日 (日)

お買い得品のスイカ

土曜日に近くのスーパーへ行ったら、入口近くに「空洞あり」と表示されたスイカが沢山並べられている。しかもやたらと大きいものばかりで1個980円となっている。普通なら1個2000円位はするので、「空洞あり」でも980円は安い。

スイカも出始めの頃は高価だったが、今は地元産も含めて出盛りなのだろか、価格もお手ごろだ。値段の高いときは4分の1カットのものを買ったりしていたが、980円なら値段も安いので1個買うことにした。でも少人数の家族で食べきれるか心配なので、なるべく小さいものを選んで買った。

家に持ち帰って冷蔵庫に入れるために半分に切ってみたが、空洞など見当たらない。赤い部分を少しスライスして食べてみると、結構甘いしこれはお買い得だったようだ。とりあえずラップして袋に入れて、冷蔵庫の野菜室と冷蔵室に分けて入れた。
Dscn3098  

Dscn3099

今日は、昨日半分にカットした片方を取り出して、8分の1にカットし、更に3つにカットして食べたが甘くてみずみずしくて美味しい。残りはまたラップして冷蔵庫に戻したが、家族は少人数だし、なかなか減らないなあ
Dscn3096


2012年7月21日 (土)

トマトのひび割れ/プランタ栽培

プランタの野菜栽培は、キュウリが先行して収穫数が多かったが24本を収穫したあたりからチョッと勢いが鈍っている。花もあまりつかなくなったし、実もあまりなっていない。

キュウリに変わってトマトが次々と色づき始めて収穫数が増えてきている。もう18個ほど収穫してまだまだ実が沢山付いている。もともと木自体は元気で勢いがあり、脇芽かきもうまくできたので、無駄な枝もなく実もきちんとついているが、なかなか赤くなってくれずに心配したところ、先週あたりから赤くなってきて収穫できるようになった。

ところがここ数日雨が続いたせいか、せっかく赤くなりかけたトマトの実がはじけてヒビ割れしている。もう少し獲らずに置いておけばもっと赤くなるだろうと思うがヒビ割れしたものは早めに収穫するしかない。

去年も雨が降ると実がはじけたことがあるが、ネットで調べてみると、直射日光や雨が実に直接当たると割れるようで、ビニールで屋根をつけることもあるようだが、プランタではそこまで出来ないし、早めに収穫するのが良いのかもしれない。
Dscn3086

2012年7月20日 (金)

95%ルールの見直し/消費税

国会では消費税率引上げが審議されているが、それとは別に、平成23年に消費税法が改正されて、いわゆる「95%ルール」が見直された。

勤務先では、今年の新決算期から適用になるというので、準備のため経理の担当者が先生になって、事務担当者やシステム担当者を集めて勉強会を行った。システムの変更や伝票の起票や入力の変更が必要とのことだ。

これまでは、課税売上割合が95%以上なら仮受消費税から仕入税額を全額控除出来たのが、今回の改正では、課税売上に対応した仕入税額だけが控除適用されるように変更になったとのことだ。

この控除額を計算する方式には、個別対応方式と一括比例方式というのがあって、どちらか有利な方を選ぶことが出来るのだが、勤務先では個別対応方式を採用した方が有利になるということだが、事務処理が煩雑になるようだ。

個別対応方式を選択した場合、課税仕入を新たに3つに区分して処理する必要があり、伝票の起票方法やコンピュータへの処理も変更しなければならないが、新決算期から適用になるということであまり時間がない。
財務会計のソフトは改正法に対応したものが既に提供されているようだが、購買管理のシステムは変更が必要になるので、急いで変更作業に入る必要がありそうだ。

ちなみに3つの区分とは以下の場合で、このほかに非課税仕入も区分しなければならない。
 課税売上に対する課税仕入
 非課税売上に対する課税仕入
 課税・非課税売上に共通する課税仕入

Photo

2012年7月19日 (木)

トンボ

最近あっちこっちでトンボをよく見かける。勤務先の構内でも、駐車場でも、ウォーキングの途中でもよく遭遇する。ホバリングで空中で停止していたかと思うと、急にスピードアップしてスイスイと飛んでいなくなる。ヘリコプターみたいな昆虫だ。

今朝、我が家の庭でもスイスイと飛んでいるので、デジカメで狙ってみたら、うまい具合に白桔梗の花に止まったのでパチリと一枚撮影。次にアルミののフェンスの上で一休みしたので、後姿をパチリ、前に回って大きな複眼のある顔をパチリとカメラに収めた。
Dscn3076

Dscn3079

Dscn3083

トンボの種類は良く分からない。大きなオニヤンマや黒いハグロトンボやアカトンボは分かるが、このトンボはなんという種類だろうか。ネットで調べてみたが良く分からない。

連想ゲームでないけれど、トンボといえば夏休みが連想される。子供の頃には夏休みになるとよくトンボを取ったりしていたからだろう。地元の小学校も、明日で1学期が終わりで、あさってからは夏休みに入るようだ。家の前のアパートにも何人か小学生がいるようだし、日中はにぎやかになりそうだ。

2012年7月18日 (水)

ゆうちょ銀行のサマーキャンペーン

妻が、郵便局で定額貯金にしたらいろんなものをくれたと言って見せてくれた。別の満期になったものを定額預金にしたようだ。ゆうちょ銀行ではちょうどサマーキャンペーン中ということで、定額貯金をするといろいろとプレゼントしてくれるようだ。肝心の金利は0.04%しか付かないし、貯金してもこれくらいしか楽しみはないようだ。

1個目はメタリックな赤の郵便ポスト型の貯金箱だ。500円玉なら40個入るそうで、金色など何色かあったけれど一番ポストらしい赤色のをもらったそうだ。
Dscn3074

2個目はマイクロファイバーのタオルセットというやつで、吸水性のよいタオルだ。風呂場の出口に敷いてある吸水性の良い足マットと同じ素材のものだ。
Dscn3071

3個目は熱中症予防に水で湿らせて首に巻くクーラースカーフというやつだ。これだけ暑いと役に立つかもしれない。
Dscn3075

いろいろと貰うのもうれしいけれど、肝心の金利が上がってほしいものだ。




    

2012年7月17日 (火)

最高気温

勤務先では節電ということもあって、今年は事務所内は扇風機でずっと対応していたが、先週後半からの暑さで、とうとうエアコンの運転を開始した。先週はまだ午後だけの運転だったが、今週に入ってからは一気に気温が上昇し、昨日は朝からもう29度を超えているし、とうとう朝からエアコンが入り出した。

昨日の最高気温は金沢で36.8度、小松で36.0度となって体温と変わらない暑さになっている。今日も朝から暑かったが小松は31.9度で昨日と較べると少し低かったようだ。
以前は暑くてもせいぜいが32度止まりだったように思うが、最近は33度を越える最高気温をよく耳にするようになった。今日は隣の福井県で35.9度を記録したようだし、群馬県では39.2度で7月の観測史上最高を記録したそうだ。地球温暖化で暑くなっているのだろうか。

これだけ暑くなると家に帰ってくるとプランタ植えの野菜や、鉢物植物がぐったりしている。前日たっぷりと水をやっているのだが、1日もたないのか土が乾いてしまっている。最近は水やりに追われっぱなしだ。

2012年7月16日 (月)

吉光の一里塚

ウォーキングをしているコースから少し離れたところに一里塚がある。以前にもブログに載せたこともあるが、いつものウォーキングの足を少し伸ばして能美市吉光地内にある一里塚を訪れてみた。

一里塚は、織田信長が中国の制度に倣って設置し始めたもので、江戸時代になってからは東海道や北陸街道などに築かれたらしい。江戸の日本橋を基点にして1里毎に塚を築いて木を植えて道標にしたものだ。吉光の一里塚は、北陸街道の粟生宿駅にあったもので もとは南北に対になっていたものが、明治の手取川洪水により北側のものが流され、今は県内では現存のもの一つだけになったそうだ。

シンボルのエノキは江戸時代に植えられたもので樹齢130年で樹高15メートルの古木だが、昨年7月に強風で幹が根元から縦に裂けて、二股になっていた南側の幹が倒れてしまったようで、今は北側の幹だけが補強用の支柱にささえられていた。幹には養生用に布が巻かれていて痛々しい。

緑色の絨毯のようになった稲田の真ん中に添え木を当てられた状態で立っている。昔はここに北陸街道が通っていたと言うことだろう。
Dscn3005 Dscn3010  

Dscn3009 Dscn3006  

一里塚の後ろの土手にはシラサギ羽根を休めていた。近くの田んぼにはアオサギが2羽餌をとっていた。
Dscn3008 Dscn29962

  

2012年7月15日 (日)

仏像彫刻/大日如来の彫刻-6

大日如来の彫刻は2月に始めて、シリーズでブログにアップしてきたが3月7日の5回目を最後にストップしていた。3月中はまだ作業を進めていたが、細部の彫り込みは時間が掛かる割には、見た目がなかなか進んでいるようには見えないためアップものびのびになってしまっていた。

この土日は、蒸し暑いし外出もせず部屋に冷房を入れて大日如来の彫刻作業おこなっていた。おかげで作業も少し進んだし、見た目にも前回よりは進んでいるのが分かるようになったのでアップする事にした。

今回は、顔や髪の一部を彫ったのと、腕を一旦切断して胴の部分を彫り、衣紋も掘り進めた。切り離した腕も内側部分を彫った。

冠の装飾や首飾り腕飾りの装飾はまだ彫っていない。細かくバランスをチェックしながら彫っていたつもりだが、腕を取り付けてみるとバランスが微妙にずれている気がする。
底の部分を切断した時に少し傾いて切断したのかもしれない。

写真は腕を切り離した状態の本体と腕部分。別々に彫って最後に接着する。
Dscn3044

Dscn3050 .   

腕を本体に仮付け(両面テープ)したところの前後左右
Dscn3052

Dscn3053

Dscn3054

Dscn3055

大日如来彫刻シリーズのバックナンバーは 仏像彫刻カテゴリー から

  

2012年7月14日 (土)

60歳以上DVD無料 !!

TUTAYAのメール会員になっているが、昨日TUTAYAから60歳以上の人は1ヶ月間毎日1本旧作のDVDやBDが無料というメールが来た。

これまでも旧作100円とか準新作が半額とか期間限定の割引サービスの案内がきていたが、60歳以上毎日1本無料と言うのはなかなか衝撃的な割引きだ。しかも1ヶ月間も期間があるそうだ。

2006年に、近くにTUTAYAの店が出来たときに会員証を作っが、一時期はかなりはまってハリウッド系の映画を中心にかなりの本数のDVDをレンタルして見ていたが、最近は、旧作の面白そうなのはたいがい見てしまっているので、時々新作や準新作を借りるくらいで、レンタルする頻度も下がっている。

逆に数年前からは妻が韓流にはまってしまって、毎週せっせと借りては見ている。60歳以上旧作無料に喜んだのは妻で、早速お店で自分の分と私の分のスタンプカードを貰ってきた。今日は買い物のついでに二人でTUTAYAの店へ行って見ていたが、妻は早速1本借りていたが、私は結局借りずに店を出た。

最近は、DVDの棚数も韓流やアジア系の映画やTVドラマが多くなって、ハリウッド系の映画はだんだん少なくなっているようだ。TVドラマのシリーズものは相変わらず多いようだが。

60歳以上旧作無料のサービスも、妻は目一杯利用するかもしれないが、私はあまり使う機会がないかもしれない。
Dscn3040  Dscn3042

2012年7月13日 (金)

扇風機の購入

先週、扇風機を購入した。今ま使っているのが、「弱」が入らなくなってしまって、いつも「中」にして使っていたが、「弱」の風でよい時には風が強すぎてしまう。

最近の扇風機は昔から較べるとすごく安くなったけれど壊れやすいようだ。確かに今家にある扇風機は3,000円前後で買ったものばかりだが、今回ので買い替えは3台目になる。

そこで今回は、国内の有名メーカ製のものを買うことにした。有名メーカ製品と言っても実際の製造は中国あたりで作っているのだろうが、有名メーカ製品なら設計や品質管理などがしっかりしていて故障が少ないだろうと期待してのことだ。

家電量販店で扇風機売り場を見ていると、2,000円~3,000円台の安いものから、5,000円~8,000円台の有名メーカー品、20,000円前後のDCモーターのものや羽のない扇風機と、いろいろ並んでいて目移りがするが、6,000円台の東芝製のものが、人気があると書いてあったのでこれに決めた。

家に帰って早速組み立てて動かしてみると、「弱」の運転ではとても静かで、微風だけれど遠くまで風が届いてくれる。
Dscn3034    

リモコンもついていて、モーター部の横にはリモコンホルダーを取りつけるようになっている。リモコン付きの扇風機を買ったのは今回が初めてだ。
Dscn3038 Dscn3036  

 

2012年7月12日 (木)

木場潟夏景色

火曜日は月一回の通院の日だったので、午前中に半日休暇を取って医院へ行ったが、割合とすいていて診察が早めに終った。勤務先へは午後から出ればいいやと思い、木場潟へ行ってみることにした。木場潟公園は私のお気に入りの場所で、季節ごとにいろんな表情があるし、いろんな花も咲いている。

今の時期は、カキツバタや花菖蒲は終っているし、アジサイも終わりかかっている。今は花よりもむしろ、すっかり夏の景色になった木場潟と周囲の風景がきれいな時期だ。鏡のような水面に向こう岸の風景や夏の入道雲が写り込んでいる。赤や白のブイは、カヌー競技用のコース分けをするためのものだ。

小松ドームの白い屋根が水面に写っている。
Dscn3018

Dscn3021  

Dscn3019  

Dscn3013

夏の青空に白い入道雲が印象的だ。
Dscn3023

岸では巣立ったばかりの子スズメか、飛ばずに人の近くを歩いている。
Dscn30122  

合歓の木の花が咲いていた。
Dscn3015

2012年7月11日 (水)

トマトもそろそろ色づいてきた/2012年

トマトもそろそろ色づいてきた/2012年
今年のプランタでの野菜栽培は、これまでの収穫数がキュウリが17本、トマトは0個、ナスは1個という結果で、

キュウリが割合と順調に収穫できている。特に間違えて買った「地這い」という品種のほうがたくさん収穫できて成績が良い。もう1本は普通のキュウリの苗だが前のが枯れて植え替えたものなので、少し成長が遅れていたのかもしれない。
Dsc_0368

トマトはたくさん実を付けて順調に大きくなってきているが、緑色のままでなかなか赤く色づいこないのでやきもきしていたが、今週に入ってからの暑さでようやく赤くなり始めた。この分なら次々と収穫できそうだ。
Dsc_0384

Dsc_0385   

一番心配なのはナスだ。1本は苗の成長しているときに主枝がナメクジにかじられて折れてしまって、最近ようやく別の枝が伸びてきて花がつき始めた。もう一本もナメクジの被害で成長が悪い。これまでの収穫数が1個しかないが、苗木に少し元気が出てきたので、これからは花が咲いて実もなりだすだろう。写真は2個目のナス
Dsc_0367  

 

2012年7月10日 (火)

庭の羅漢樹

以前、我が家の庭には高さが5メートルほどの羅漢樹(羅漢槙)の木があった。この木は、私が3~4歳の頃、母の実家から貰ってきたもので、当時、父と親類の人で荷車に積んで家まで運んできて植えたのを覚えている。60年ほど前のことだが、子供の目には大きな木だと思った。父はこの木が気に入っていたのか、大切に世話をしていた。

17年前に今の家を新築した時に、この木も前の家から今の家に植え替えた。ただ、移植で木が弱ったのか、元気がなくなってしまった。前の家にあったときは、木の勢いもよく葉も良く茂り、赤い実をならせていたが、今の家に移してからはあまり実をつけることもなくなった。

そのうち、下の方の枝が枯れ始め、次第に上の方の枝まで枯れるようになってしまった。枝がいくつも枯れてきてしまい見た目も悪くなったため、3年前、意を決して伐採する事にした。実際に鋸で切断してみると、意外と簡単に切れてしまった。木の半分は死んでいたようだ。

切断したあと、木のあった場所には切り株だけになっていたが、切り株の横に新しい羅漢樹が生えてきた。これを後継に育てようと大事に育てているところだ。今の木の高さは60センチくらいだが、幹も細くてヒョロヒョロしているので、支柱を添えて縛ってある。

枯れて伐採した羅漢樹           その子供の羅漢樹
Photo   Dsc_0360

2012年7月 9日 (月)

庭の花/7月

庭にネジバナが咲いている。ネジバナなんかあっちこっちに咲いているし雑草だろうと思っていたが、よく見るとピンク色の小さな花を付けていて、螺旋階段のように茎の周りにネジネジと巻きついている様子はなかなか艶やかだ

Dsc_0344 

Dsc_0345_2  

桔梗は紫色の花をたくさん咲かせている。蕾が風船みたいでおもしろい。蕾を指で挟むと小さい音をたてて破裂する。
Dsc_0351

Dsc_0352   

白の桔梗は花が少し遅いのか、今ようやく1個目の蕾がふくらんできた。
Dsc_0341

オニユリはそろそろ咲き出しそうだ。
Dsc_0342   

イモカタバミもズームで撮ると高級な花に見えるから不思議だ。
Dsc_0358

日々草は名前の通り毎日次々と花を咲かせている。
Dsc_0359   

石蕗(つわぶき)の葉がきれいだ。元は艶葉蕗(つやばぶき)と言ったようで、葉に艶のあるのが特徴で、11月頃黄色い花を咲かせる。
Dsc_0348

ブルーベリーは去年はたくさんなったのに、今年は1個しか実がならなかった。剪定の時期を間違えたのかもしれない。写真はチョットピンボケかな。
Dsc_0340

2012年7月 8日 (日)

リュウノヒゲの植えなおし

庭の飛び石の周囲に植えてあるリュウノヒゲが枯れてしまって無残なことになっている。
毎年夏の暑さでダメージを受けるが、その後翌年夏までには何とか回復していたのだが、昨年、庭の奥にサンルームを作った時に、工事の業者がセメントや工事の資材を運んだりするために、リュウノヒゲを踏みつけていたため、更にダメージを受けたようだ。ネットで調べてみると、日陰では大変強い植物とあるが、踏みつけられたりすると弱いようだ。

春先から少し新しい葉が出て回復するかと期待していたが、一向に緑色にならない。枯れてしまった所がハゲのようになって見た目も悪いし、回復しそうもないので植えなおすことにした。リュウノヒゲは、密集しているとかなり丈夫だが、まばらになると弱いようだ。

庭の別の場所では、木の陰などにリュウノヒゲが密集して茂っているところがあるので、その分を掘り起こしてきて、ハゲ状態になったところに植付けた。たっぷりと水もやったし、これで見栄えも少しはよくなって、来年には元気に繁っているだろう。

踏みつけられたところが枯れてハゲ状態になっている。
Dscn2976 Dscn2979   

ハゲてしまったところに植えたところ。まだまばらだが一年もすれば少し密集してくるはずだ。
Dscn2984  Dscn2987

Dscn2986 Dscn2985



  

2012年7月 7日 (土)

果樹畑/ウォーキング

先週、ウォーキングでいつもと違うコースを歩いてみたら、田んぼの真ん中にネットで覆われた果樹畑を発見した。さっそく覗いてみると、いろんな果樹が植えられていてちょうど果実が大きくなりだしているところだった。

畑はそれほど大きくはないが、周囲全体を工事用の鉄パイプで枠を組んで、ネットをかぶせてある。おまけに有刺鉄線まで張り巡らしてあり、かなり厳重に保護されている。
鳥よけだけでなく、人間よけでもあるのだろう。

中を覗いてみると、ブドウ、梨、キウイ?、りんご、ウメ等がなっている。まだ果実の色は青いので、収穫はもう少し後なのだろう。果物の種類は多いが、木の数は少ないし出荷用に栽培しているのではないと思うが、それにしてもなかなか厳重な管理だ。

緑色の大粒のブドウがなっている。マスカットかもしれない。
Dscn2902  Dscn29082  

梨も少し茶色っぽくなってきている。これはキウイかな。
Dscn29112  Dscn29132  

りんごが大きくなってきている。少し赤みがかってきている。梅はもうきれいに色づいているし、もう収穫時期かもしれない。
Dscn29152 Dscn2916


2012年7月 6日 (金)

今夜は土砂降り

今日は午後6時過ぎから降りだした雨が土砂降りとなっていて、休みなしに連続で降り続けている。今晩から明日にかけては大雨洪水警報が出ているようで、天気予報では、土砂災害にも警戒が必要だと言っている。

大気の状態が不安定になっているということで、最大で1時間当たり50mm、明日朝6時までには200mmの降水が予想されているようだ。

我が家の後に隣接している公共施設があるが、瓦葺きの大きな建物だが雨樋がないため、大屋根から落ちた雨水が軒下のコンクリートにバシャバシャと大きな音を立てて落ちている。少しの雨のときでも大きな音を立てているが、大雨になると家の後ろにまるで滝があるような状態になってしまう。

明日は二十四節気の小暑でいよいよ暑さも本格的になる頃だが、例年梅雨末期の大雨になり北陸では雨の量が増える頃だ。明日は七夕でもあり、近くの保育園の玄関には七夕飾りがあったが、この分では終日大雨になりそうで星空はちょっと無理のようだ。

家の前の街灯も大雨でぼやけている。
Dscn2975

2012年7月 5日 (木)

ひまわりが咲き出した

茎も伸びてきて大きな蕾が出来ていたひまわりがいよいよ咲き出した。よその家の庭に10本ほどが植えられていて、どんどん背丈が伸びて、今では2メートル近い高さになっている。

茎ががっちりしていて、背丈も大きくなって、大きな花を咲かせるヒマワリは見ていると頼もしく感じる花だ。少々の暑さなんかはヘッチャラで、梅雨が明けて夏の太陽がカンカン照っていても負けていない強さがある。見ていると元気がでてくる。
20120705_124144

これはまた別の畑に植えられているひまわり。これは前のよりも更に背が高い。上から見下ろされているようだ。
20120705_124826

2012年7月 4日 (水)

加賀まるいも畑/ウォーキング

地元の農産物に「加賀丸いも」というのがある。ヤマイモの一種だが丸い形をしていて、すりおろすと真っ白で粘りの非常に強いとろろになる。地元でも高級品のため贈答品として贈られたりするので、たまにおすそ分けを貰ったりすることはあるが、普段はなかなか口には入らない。

不思議なことにこの丸いもは、栽培されている地域が限定されていて、地元でも特定の場所でしか作れないそうだ。栽培自体は大正時代から行なわれているようだが、昭和9年に手取川が氾濫した時に、洪水の水で運ばれてきた大量の川砂が田んぼの土と混ざって栽培に適した土が出来たそうで、それ以降この土のある場所で丸い形の良いいもが出来るようになったそうだ。

ウォーキングコースの途中に、丸いも畑が広がっている。いも畑では高い畝を作り、そこに支柱で棚を作って、その棚に蔓を這わせる栽培が行なわれている。これだけ広い畑で、高い畝を作ったり、棚を作ったりするのはなかなか大変な作業だ。今はまだ植えられたばかりだが、これから蔓が茂っていもが育ち、11月頃に収穫できるようだ。
20120626_123705

20120626_123731

昨年9月の丸いも畑。蔓が茂って青々としている。
Dscn1497

地元では、この丸いもをつなぎに使ったお好み焼きを「のみまる」と称して、ご当地グルメに育てようと活動しているグループもある。

2012年7月 3日 (火)

スマートフォンでのクラウド利用

最近はクラウドと言う言葉をよく耳にする。ユーザーが自前のサーバーなどを持たずにネット経由でコンピュータのサービスを利用するものだ。

私は数年前からGoogleカレンダーを利用しているが、Googleのアカウントを取得するとGoogleカレンダーを使うことができ、入力したスケジュールなどは、Googleのサーバーに保管されるので、勤務先からでも自宅からでもスケジュールの入力・変更・確認が出来る大変便利なサービスでしかも無料だ。こんな使い方がクラウドなのだろう。

カレンダーの他にも、メモ等を保管してくれるEvernoteというサービスや、ファイルを自動的に共有してくれるDropboxというサービスも使っているが、容量制限があるものの無料で使える。このサービスを使い始めてからは、勤務先で作ったファイルを自宅で使うためにUSBメモリーにコピーしたり、メールに添付して自分宛に送ったりする必要がなくなった。作ったファイルをEvernoteに添付するか、Dropboxのホルダーに保管するだけでそのまま自宅で使える。

最近使い始めたスマートフォンでも、Googleカレンダー、Evernote、Dropbox等のアプリが揃っていて、インストールすれば、スマホでもこの機能を使うことができ、外出先でも見たいデータを見られるので便利さに感激する。カレンダーはジョルテというアプリを使ってGoogleカレンダーにアクセスしている。
Dscn2969

一番気に入っている機能は、スマホのカメラで撮った写真が自動的にDropboxのホルダーに入り、何もしなくても自宅のパソコンからでも勤務先のパソコンからでも見たり使ったりすることが出来ることだ。以前のようにUSBでパソコンに接続して写真をコピーする手間も不要だ。

でも、あまりなんでもスマホから見られるようにすると、スマホを紛失した場合に、情報漏洩になってしまうので注意が必要だろう。大切なデータは暗証番号を付けて暗号化する必要があるだろう。

2012年7月 2日 (月)

アクアのリース

勤務先では業務用に車を何台かリースで使用しているが、そのうちの1台が8月でリース終了となり、距離も相当走っていることから新しい車に入れ替えることになった。距離を走ることになることから燃費の良い車がよいということで、今人気のあるトヨタのアクアに替えることになった。

アクアはカタログ上の燃費はJC08モードで35.4Km/lでかなりいい。日常の走行ではそこまでは走らないとは思うが、通常のガソリン車から見ればはるかにエコな車だし、ガソリン代が節約できそうだ。前の車がヴィッツだったので車の大きさ的にも同等だ。

ところが問題が発生した。アクアの人気が高くて注文に生産が追いつかないようで、納期は4ヶ月とのことだ、6月末に発注しても納車は10月終わり頃になると言うことだ。今の車は8月でリース終了となり車検も切れてしまう。1ヶ月半のために再リース契約して車検を受けるのはもったいない話だ。そこで、リース会社の担当者に「何とかしてくれ」と交渉した結果、リースが終了してから新しい車が納車されるまでの期間、なんとか無償で代車を借りられることになった。

ただ、10月納車だとエコカー補助金は打ち切りになっていて補助金10万円はもらえそうにない。要求部署がもう少しアクションを早く起して、発注がもう3ヶ月早くできれば7月中の納車で補助金ももらえたかもしれないのに。もったいない。

2012年7月 1日 (日)

氷室饅頭-2

先週24日に湯湧温泉にある氷室の氷室開きが行なわれたというので氷室饅頭を買って食べたが、昔から伝わっている風習では7月1日が本来の無病息災を祈って食べる日だ。

勤務先では先週末に、お客さんがお土産に持ってきた氷室饅頭を1つ貰って食べたし、家に帰ったら、妻が地元の和菓子屋さんの氷室饅頭を買ってあった。

今日は、いつも行っているショッピングセンターへ行くと、特設コーナーが設けられていて、やっぱり氷室饅頭が売られていたのでまた少し買ってきた。

先週フライイング気味に氷室饅頭を食べたのを含めると、全部で4種類のお饅頭を食べたことになるが、それぞれ地元の有名和菓子やさんが作っているもので皆美味しいけれど、私の好みで言えば、皮の部分がふっくらと蒸しあがっていて厚みのあるものがいい。餡子が沢山入っているよりは、皮の部分の酒饅頭らしい風味のあるのが美味しいと思ってしまう。

氷室饅頭は、色は赤、白、緑の3色だったが、最近はそれ以外の色のものも売られているし、形や大きさ餡の種類なども店それぞれで違っている。今の時期になると、あそこの店のものが美味しいとか、別のお店のほうが美味しいとかいろいろと話題になる。

昨日は茅の輪をくぐって厄や穢れを落としたし、先週から今日にかけて氷室饅頭を4種類も食べたし、これでまた1年無病息災でいけることを期待しよう。

勤務先でもらった氷室饅頭
20120629_1703011

近所の和菓子屋さんの氷室饅頭
20120629_1920592  

今日買ってきた氷室饅頭
Dscn2958

先週食べた氷室饅頭
20120624_162415

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »