無料ブログはココログ

« 24節気の小満 | トップページ | 同窓会 »

2013年5月24日 (金)

庭の芍薬が咲き出した

庭の芍薬が今年も花を咲かせ始めた。牡丹と芍薬はよく似ているが、牡丹は木で芍薬は草と言われている。冬になると牡丹は木の状態で冬を越すが、芍薬は地上の部分が全部枯れてしまって、春に新しい芽が地面から生えてくる。
_
我が家の芍薬は蕾の時はピンク色をしていて、咲き出すに従ってピンク色がなくなって白色の花になる。ピンクがかった状態が一番きれいに見える。つぼみの状態から開ききる直前までがきれいでかわいいが、花が開いてしまうと中の花びらはごちゃごちゃしていてあまりきれいとはいえない。開いてしまうと程なく散り始める。
Dsc_0242  Dsc_0198
_
Dsc_0197  Dsc_0228
_
Dsc_0196 Dsc_0213
_
Dsc_0191  Dsc_0239
 
 
 

« 24節気の小満 | トップページ | 同窓会 »

花探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の芍薬が咲き出した:

« 24節気の小満 | トップページ | 同窓会 »