無料ブログはココログ

« 昼休みウォーキング-3 | トップページ | 朝顔の種まき »

2013年7月11日 (木)

首と腰のMRI検査/手足の痺れと痛み

ここ数ヶ月左半身の調子が悪い。左足の踵、膝、股関節、腰が痛む上に、夜布団に仰向けに寝ると左手が痺れてくる。膝は5年以上前からの症状だが、他はここ数ヶ月からの症状だ。

何か体に異変でもあるのかと心配になって、6月終わりに近くの公立病院へ行ってレントゲンを撮って調べて貰ったが骨については特に異常はないということだった。神経についてはレントゲンでは分からないということなのでMRIで頸椎と腰椎を調べて貰うことにして先週と今週の2回に分けて検査をして貰った。

結果は頸椎の6番目だったか7番目だったかの椎間板が飛び出していて左手に行く神経を圧迫しているとのことだった。また腰椎については3番目の腰椎の椎間板がやっぱり飛び出していて左足の神経を圧迫しているとのことだった。

手の痺れは頸椎の椎間板ヘルニアが原因で、腰や股関節などの左足の痛みは腰椎の椎間板ヘルニアが原因のようだ。膝の痛みは5年以上前からあるので別の原因かもしれない。

こういう症状は原因が分かってもどうやって治療するのかとなるとなかなか難しい。根治させるには手術と言うことだろうが、手術は症状のひどさと天秤にして考えるべきだろうし、手術しても完全に治るかどうかという問題もある。結局症状の軽い間は症状改善薬を貰って飲むか、貼り薬で症状を緩和させるしかないようだ。左腰や足の痛さやだるさとうまく折り合いを付けながら生活していくしかないのだろう。

« 昼休みウォーキング-3 | トップページ | 朝顔の種まき »

健康」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ

小生は、かって中腰でレンジの掃除をやったとき、熱水が出るやつで調子よく汚れを落としたのは良かったのだが、翌日腰が痛くて動けなくなった

病院に行ったら、レントゲン取られてそちらと同じように、背骨が神経にあたっているといわれ、電気を流す治療やってもらった

結局、正月は、痛くて寝正月になってしまった
電気治療を数回やって、なんとなく痛くなくなり、それ以来中腰の作業は長時間やらない

草むしりも、台に座ってやってます

昨日は、久しぶりに鮎釣りに行った、冷たい水の中や急流のある石段を動いていたら、コブラかえりになり痛くて堤防が上がれない、片方どころか両方ともなってしまった

しばらく休んでいて、なんとか急な堤防を上がり、車に到着できた

体が、若い頃とは違ってすぐに悲鳴を上げるようになりました
若い頃と違い体を動かしていない、メタボになった・・体も古くなった・・・ですね

だましだまし体を使う年になったもんです

お互い元気でいたいですね

60歳を超えるといろいろと体に不具合が出ています。何か作業をしてもすぐ疲れるし、なかなか疲れが取れなくなりました。腰痛は若い頃から右腰にありましたが、今は左腰から足にかけて痛みがあります。原因ははっきりしませんが多分加齢によるものだろうと思っています。

それにしてもhibino_san さんは鮎釣りですか、今はシーズンのようですが、友釣りのほうですか毛針釣りのほうですか。水の中に入っているようなので友釣りだと思いますが、水に入ると体が冷えてしまいますね。体を冷やすのはあまり良くないですよ。××の冷や水とも言いますので。

お互い体に気を付けながら健康でいたいものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首と腰のMRI検査/手足の痺れと痛み:

« 昼休みウォーキング-3 | トップページ | 朝顔の種まき »