無料ブログはココログ

« 立秋 | トップページ | 観葉植物の養生 »

2013年8月 8日 (木)

内視鏡手術

昨日は姉が内視鏡による手術を受けた。入院期間は1週間程度になるそうだ。
また、今日は妻の父が内視鏡で胆管の胆石を除去する処置を受けた。結果的には胆石は胆管にはなかったようだが、比較的容易に検査をしたり手術をしたりできるのも内視鏡の発達のおかげだ。

私も昨年入院した際には内視鏡による手術だったし、妻も数年前には内視鏡による胸腔鏡下手術を受けている。以前なら入院期間も1ヶ月くらい掛かったかもしれないが、私の場合は10日間だったし妻の時は2週間くらいだった。

毎年生活習慣病健診で胃カメラの検査を受けているし、以前には大腸の内視鏡検査を受けたことがあるが、検査でポリープが見つかってその場で切除したことがある。体の中にカメラを入れて映像で内部の様子を確認できるのは医学的には大進歩だろう。医師が直接状態を確認出来るわけだから的確な処置が出来るわけだ。検査と処置が一体化するので、早期発見、早期処置になる。

内視鏡が高性能化したおかげで、昔なら大きく切開しなければならなかったような手術が、今は内視鏡によって患者の負担が比較的少なくて受けられるようになってきているのはありがたいことだ。個人的にも恩恵を実感している。

« 立秋 | トップページ | 観葉植物の養生 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内視鏡手術:

« 立秋 | トップページ | 観葉植物の養生 »