無料ブログはココログ

« 新しいデジカメの購入 | トップページ | 朝顔は次々と花を咲かせ始めた »

2013年8月25日 (日)

稲刈りコンバイン/デジカメSonyHX50Vのズームのテスト

周囲の田んぼでは数日前から稲刈りが始まっていたが、この土日はコンバインの台数が増えたようだ。今年は8月に入ってからは高温の日が続いているが、高温の日が続くと稲が高温障害になって品質が落ちてしまうそうで、県内の農業団体が農家に早生の品種を例年より早めに刈り取る様に要請を出したそうだ。そのせいなのか、今年は少し稲刈りが早いように思える。

先日購入した新しいデジカメのSonyのHX50Vのズーム機能を試して見るのに、遠くの田んぼで稲刈りをしているコンバインはちょうど良いターゲットになる。夕方ソニーHX50Vをもって近くの田んぼに出かけコンバインを狙ってみた。三脚は使わず手で持って写してズーム時にどれくらい手ぶれが押さえられているかも試して見た。

まずレンズの一番広角端(25mm相当)で写したもの。中央部にコンバインがいる。100m以上離れている。
Dsc00137_2

ズームで15倍くらいで写したもの
Dsc00142_2

ズ-ムで30倍(光学ズーム最大)で写したもの
Dsc00140_2

光学ズーム30倍から更にディジタルズームで60倍にしたもの。手ぶれのせいか、さすがに少しピンボケになっている
Dsc00139_2

コンパクとデジカメでこれだけ高倍率にズーム出来て、手ぶれもほとんどなく画質も悪くないようだし、いろんな使い方ができそうだ。

« 新しいデジカメの購入 | トップページ | 朝顔は次々と花を咲かせ始めた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 新しいデジカメの購入 | トップページ | 朝顔は次々と花を咲かせ始めた »