無料ブログはココログ

« 狐の剃刀と夏水仙 | トップページ | パソコンの故障 »

2013年8月14日 (水)

朝顔その後

7月12日に貰った朝顔の種を蒔いたが、本来の撒く時期からしても2ヶ月遅い種蒔きだったせいもあり、その後双葉が出て鉢上げをして、本葉が6枚くらい出たときにプランタに定植したがまだ花が咲いていない。種蒔きをして1ヶ月しかたっていないのでしょうがないと言えばしょうがないのだが、8月が終わるまでに咲くのか気になるところだ。

プランタへの定植まではインターネットで調べた情報のとおりにしてきたが、行灯仕立ての場合は摘心とか脇芽かきなどをしなければならないと書いてあるが、これがなかなか難しい。摘心は主蔓に10枚目の本葉が出た頃に6枚目の上で摘心すると書いてあるが、まだ小さいのにもう主蔓をカットしても良いのか不安で、少し余裕を見て本葉10枚目のところで摘心した。

脇芽も1枚目と2枚目と6枚目をまず取り除いて様子を見て最終的に小蔓を1本だけ残して残りは取ってしまうとあるが、これも不安でいくつか残して置いたら、これがみんな大きくなり出してどれを残すか迷ってしまう。早めに取ってしまわないとまずいようなのだが。
蔓を見ると花芽らしきものも見え始めているので近々咲くのかもしれない。でも夜照明の明かりがあると花が付かない場合があると書いてある。我が家の前には外灯があり夜中ずっと照明が付いているので花が咲くか心配だ。

脇芽を取らずに残したせいで子蔓がたくさん伸び始めてきたが、整理が難しくて今の時点で行灯の上でごちゃごちゃになってしまっている。何とかしなければ。
Dscn6761

Dscn6762

ネットを張ってグリーンカーテン仕立てにしたものは主蔓がどんどん伸び始めていてもう2メートルほどになっている。こっちの方はあまり摘心や脇芽取りは考えなくても良さそうで自由に伸ばしてやれるので気が楽だ。
Dscn6771

« 狐の剃刀と夏水仙 | トップページ | パソコンの故障 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔その後:

« 狐の剃刀と夏水仙 | トップページ | パソコンの故障 »