無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

お正月準備も完了

年末の大掃除も済んだし最後に仏壇と神棚の掃除を済ませて、神棚のしめ縄も新しい物に交換しお札も新しいものと入れ替えた。お酒と水と米を供えて天神を飾って神棚は完了だ。

玄関の下駄箱の上に正月用の花を飾って、玄関の正面に〆飾りを掛けて、床の間に鏡餅を飾って、茶の間の棚に赤と白の午の置物と小餅を飾り付けたら正月の準備はほぼ済んだようだ。

午後からは頼んであったお節料理を取りに行ってきた。家族の人数が少ないので2段のお重入りのお節料理にした。
Dsc01663  Dsc01657

Dsc01662  Dsc01656  

午前中は神社で正月の初詣の準備作業と年末の大祓式典があったので参加したきたが、神社の準備も完了だ。今日は午後11時から初詣の受付の当番が当たっているので徹夜になる。最近は地元神社でも年明けの零時に参拝客が増えたようだ。受験生などもお参りに来ているようだ。
Dscn7018

今年は長年勤めた会社を退職し生活環境が変わり、年金生活社としての一歩を踏み出したがなんとか生活に慣れてきたところだが、来年も平穏な年であって欲しいものだ。

2013年12月29日 (日)

樹脂粘土のクマモン万華鏡

先日四国の友人から郵便物が届いた。緩衝材の付いた定形外封筒に入れられた物で急いで封を開いて見ると樹脂粘土でできたクマモン大小2体と来年の干支の午の赤い置物が入っていた。友人は樹脂粘土でいろいろと人形や動物などを作るのが趣味で、造形したものをオーブンで焼結したうえで表面に漆などの塗料を塗って仕上げている。出来上がった物は知人にあげたり剣道教室の子供達にプレゼントしたりしているそうだが、最近は雑貨店にも置かせて貰って少し売れているようだ。

これまでにも何度か作品を送って貰っているが、今回の作品は単なる樹脂粘土の作品ではなく、なんと樹脂粘土のクマモンにミニチュアの万華鏡を組み込んだ作品や、重りを仕込んだクマモンの起き上がり小法師などのハイブリッドな作品だ。赤い午の置物にも万華鏡が組み込まれている。

起き上がり小法師クマモンは少し頭を傾けてやると元に戻ろうとして愛嬌のある動きをするので見ていると和んでしまう。万華鏡クマモンは頭の上に覗き穴があり光に向けて覗くと中に入れられたビーズの粒がクリスタルに輝いていて回転させるとビーズも動いてとてもきれいで、小さいけれどちゃんとした万華鏡になっている。

万華鏡は小さくても10センチくらいの長さがあるのが通常で、それを長さ3センチ足らずのクマモンの体の中に仕込むにはそれなりの工夫や努力があったようだ。起き上がり小法師クマモンも下部に重りを仕込んでもなかなか起き上がらないと言うこともあったようでこれも工夫と努力の賜物だろう。
Dsc01654_2  Dsc01647

Dsc01645  Dsc01648

頭の上に覗き穴があり接眼レンズが仕込まれている。万華鏡の様子はデジカメではこのくらい撮るのが限度。
Dsc01649  Dsc01653

友人の樹脂粘土万華鏡の製作記事は → こちらから

2013年12月27日 (金)

神社の門松作り

町内の神社も正月の準備が始まった。先日の日曜日は境内の落ち葉の清掃をしたが、新嘗祭の直前にも清掃したにもかかわらず1ヶ月ほどで松葉の落ち葉が境内に分厚く堆積していた。今日は新年用の門松を作ると言うので町内の神社担当の有志というか仕事を完全リタイヤしているメンバーに声が掛かった。

清掃作業等は土日に行うことが多いが、門松作りと言うことで大安が良いと言うことで平日の今日に計画されたようだ。作業は午後からだったがあいにくみぞれ交じりの天候でカッパを着ての作業となった。神社の門松作りは昨年から行われるようになったもので、昨年の資料を参考にして材料が準備されていたが中心の孟宗竹は昨年使用した物を保管してあって緑色の塗料を塗ったようだ。その他の材料は前日までに近くの山やメンバーの自宅の庭などから調達した物で、松、梅、細い青竹、シダの葉、クマ笹、南天が準備されていた。
Dscn7006  Dscn7007

この日の作業は準備された材料で門松を2基を完成させて参道の正面に設置することだった。まずプラスチックの漬け物桶に孟宗竹3本のセットを入れ周囲に土を入れて固定し、次にその周囲に松の枝や梅の枝や青竹を配置して土に差し込んで行き、後はシダの葉(ヘビノゴザ)やクマ笹を桶が隠れるように低い位置に植え込み赤い南天の実のついた枝を見栄えが良くなるように配置していく。最後はプラスチックの桶を隠すようにコモを桶に巻いて黒のシュロ縄を3本より合わせた物で2段に縛って出来上がりだ。左右一対が完成したので参道の正面に設置した。
Dscn7008  Dscn7009

Dscn7015  Dscn7014  Dscn7011

神社も正月を迎える準備が1つずつ進んでいくようだ。この後31日は:境内や拝殿などの初詣を迎える準備をしなければならない。

2013年12月25日 (水)

年末大掃除/掃除道具

12月中旬を過ぎてからは家の大掃除を1部屋ずつこなしてきている。昨年までは妻が平日に大半を済ませて土日に私も手伝って汚れのひどい台所回りを掃除していたが、今年は私も平日も家にいるので分担して大掃除をしている。今年は特にスチームクリーナーを買ったこともあり、スチームクリーナーを使う掃除は私の担当になってしまったようだ。

先日から妻は一部屋ずつ天井や建具の桟や壁や床などの掃除をしてきている。私は家の窓のサッシやガラスを重点的にスチームクリーナーで掃除をしてきた。サッシのレールの部分には砂や泥などが溜まっていて雑巾で拭いたくらいではなかなか落ちないが、スチームクリーナーをかけると面白いようにきれいになっていく。9カ所のアルミサッシのレール溝や窓枠やビート部分を掃除したが、これまで取れなかった汚れがきれいに取れたようだ。

今日は、台所と浴室などの水回りの掃除をしたが、台所のシンクの上に乗っている小物を全部別の場所に下ろすとシンクの上は広々しているがよく見ると結構汚れている。ここもスチームクリーナーで汚れの取れていない角の部分にスチームを噴射すると汚れが浮いてくるので雑巾で拭き取っていく。拭き掃除では取れない汚れも取れてきれいになった。
Dsc01627  Dsc01628  

浴室は一見きれいそうに見えるが、浴槽の洗い場側のパネルを外してみると茶色の汚れがべったりと付いているし、排水口や入り口のドアの下の方も黄ばんでいる。パネルの内側や排水口などをスチームを噴射して汚れを浮かせてシャワーで洗い流すときれいになった。
Dsc01629  Dsc01636   

我が家では今年の大掃除はスチームクリーナーが大活躍だが、テレビのCMでやっているような事が全部出来るわけではない。出来る事と出来ない事をしっかり理解することが使いこなすコツのようだ。スチームクリーナーの基本機能は①汚れを湿らせて②浮かせて③吹き飛ばす事であり、汚れを拭き取ってはくれない。布のアタッチメントを付ければ拭き取りは加能だが、汚れのひどい所では布がすぐに真っ黒になってしまい汚れを広げてしまうだけだ。

スチームクリーナーも道具のひとつであり万能ではないが、使いこなせば便利な道具だ。今年の大掃除で便利だなと思った道具がスチームクリーナーの他に2つある。1つは窓ガラス清掃用のスクイジーだ。T字型をした手持ちのワイパーでこれを使うと短時間でガラスをきれい掃除することが出来る。もう1つはハタキだ。昔からある掃除道具で掃除機が普及した頃から部屋にほこりをまき散らせるからとあまり使われなくなったが、いざ大掃除で使ってみるとこれがなかなか便利グッズだ。天井や建具や障子の桟などのほこりがうまく取れる。大掃除のように全面的に掃除をすると覚悟を決めた時は少々ほこりが舞ってもそれも掃除してしまう積もりでいるので問題はない。

いずれにしろ道具を使いこなすためには使う人がコツを掴んでスキルアップする必要があるようだ。

2013年12月23日 (月)

冬至/ゆず湯

22日は冬至で一年のうちで一番太陽の位置が低くなる日で昼が最も短い日となる。夏至以降は毎日短くなっていた昼の時間が、冬至以降はまた日毎に長くなっていく折り返し点になるので、旧暦では暦を計算する起点とされていたそうだ。

冬至は陰が極まって陽が帰ってくる日と言うことで「一陽来復」とも言われ運気が回復する日という意味もあるようだ。いずれにしろ昼が短く暗いと気が滅入ってしまうものだし、今日から少しずつでも明るくなっていくというのはありがたい。寒さはこれからが本番だが、春に向かって太陽の光は少しずつ回復していくことになる。

冬至の日は我が家でもゆず湯になった。スーパーで柚を買うときに妻は「柚の粉末と柚の実とどちらにする?」と言うので、「柚まるごと」と答えた。粉末状の入浴剤のようなのも売っていたが、やっぱり見た目も大事で柚をまるごと入れた方が雰囲気も出るだろう。

ゆず湯は柚の香気が邪を払うと言われるが、科学的にも柚の成分が体を温めて風邪を引きにくくする効果があるようだ。
Dsc01602

テレビのニュースでは動物園のカピパラがゆず湯に浸かって気持ちよさそうにしている映像が流れていた。

2013年12月21日 (土)

正月用品の買い出し

妻は縁起をかついで例年正月用品特にしめ飾りの購入は大安の日にしている。今年の大安は21日と27日の2回あるが、27日では歳が押し詰まり過ぎということで、少し早い気もするが今日隣の市のショッピングセンターへ出かけた。

店内はまだクリスマス商戦の真最中で、サンタクロースやクリスマスツリーの飾り付けなどがされていてクリスマスムード一色となっているが、正月用品の特設コーナーも出来ていて〆飾りや鏡餅などもたくさん並んでいる。クリスマスが過ぎると一気に正月のディスプレーに変更されるのだろうが、今の時期は店内のディスプレイも混在しているようだ。
Imag09501  Imag09481   

正月用品の売り場の向こう側にクリスマスツリーが見える。
Imag09472  Imag09491   

鏡餅も今はプラスチックで出来た鏡餅の中に個装された小餅が入れられて紙製の三方などとセットになったものが主流になっていて便利なので最近はセットものの鏡餅を使っている。昔は本物の重ね餅を飾っていたが、鏡開きの頃にはカビだらけになったり固くて食べられなかったりと処分に苦労したものだ。

今日は、正月用品として玄関の〆飾り、神棚の勝尾や天神、仏花、鏡餅セット、車用の正月飾り、金箔入りの御神酒などを購入してきた。こういった物を準備し出すといよいよ年末だなと感じる。

少しずつ準備し出した正月用品。来年のカレンダーもいろんなところから貰って必要な数は何とかそろったようだ。
Dsc01597

2013年12月19日 (木)

葉ボタンの植え付け

冬用の植物として葉ボタンをホームセンターで買ってきてプランタに植え付けた。11月にも冬用の花としてパンジーやビオラやプリムラジュリアンやキンギョソウなどを買ってきてプランタに植え付けてあるが、昨年までの経験から寒さに強い草花でも雪が積もるとどうしても傷んでしまう。その点、葉ボタンは花ではないし葉も比較的丈夫で少々雪が積もっても耐えられるようだ。ただある程度の大きい株でないと寒さにやられる様なので、今年は大きめの株のものを選定した。
Dsc01567  Dsc01566   

パンジーとビオラとキンギョソウのプランタは玄関の庇の下に移動させて少しでも寒さをしのげるようにし、庇の下に置いていたガーデンシクラメンとプリムラジュリアンは簡易温室に引っ越しさせた。せっかくきれいに咲いている所なので寒さで枯らすのは可哀想だ。
Dsc01568  Dsc01569

先日から天気は荒れ模様で平野部でも薄っすらと積雪があったし、白山の頂上部も新雪で真っ白になっている。冬至ももうすぐでこれから本格的に寒くなりそうだ。
Dsc015482


2013年12月16日 (月)

父の書籍の整理

10月に父の17回忌の法事をしたときに、そろそろ父の書物の処分も考えないと行けないなあと思ったところだ。亡くなって16年経つが父の書斎だった部屋の本棚と書庫の本棚と縁側に置いた本棚の書物は当時のまま手つかずとなっている。書物は、哲学、宗教、民俗学、地方史、方言、教育、短歌、俳句等多方面に亘っていて、特に仏教関係の書物多く難解そうなものが多い。読めそうな本もあるが半分くらいは難しすぎて今後も絶対読まないと思われる本だ。

書籍は父が師範学校時代から亡くなるまでの間に購入したもので、ある意味父の読書生活のすべてを表していると言ってもいい訳で、当時のままの本棚を見るといまだに父が書斎の机の前に座っている様に思えてしまう。16年間も書籍を処分出来なかったのもそんな思いがあったからだが、そうは言ってもこれからもこのままにして置く訳にはいかない。誰も読まない本が2部屋占拠していると言うのも問題だし、せめて自分の代で処分をしてしまわないといけないだろう。

そこで、せめて父がどんな本を持っていたかを記録して置くために、書籍を処分をする前に蔵書の目録を作ることにした。本棚の一段毎の写真を撮ってパソコン上で写真を拡大して1冊ずつの背表紙に書かれた本の書名と著者・編者と出版社を読み取ってエクセル上に入力していく作業を10月以降進めていた。なんとか全部入力し終わって冊数を数えたら2500冊ほどあった。

父がいた当時のままの書斎の本棚
Cimg0030

11月中旬に古書業者をインターネットで探して書籍を処分したい旨を伝えると早速来てくれたので、大半を引き取って欲しいと言ったが結局古書として売れる物しか引き取っていかなかった。結局古書業者が引き取ったのは300~400冊程度でまだ2000冊以上残っている。文学全集などは売れるのかと思ったが全然売れないそうだ。

しょうがないので、今後自分が読むかもしれないものと絶対読まないだろうと思うものに仕分けして、絶対読まないものは廃品回収に出すしかないだろう。先日から要不要の仕分けをしているが、私も仕事を辞めて家にいるようになったしこれからは読書も少ししようと考えているが、1冊ずつ見ていると読めそうな本も結構あるので、処分する分が少なくなってしまうかもしれない。

整理を始めた書斎の本棚と書庫の本棚
Dsc01546  Dsc01547

2013年12月14日 (土)

午年の年賀状

年賀状の受け付け開始が12月15日となっているし、そろそろ年賀状を作らなくてはならない時期になったようだ。年賀状は11月中に近くの郵便局で買ってきて準備してあるのだが図案がなかなか決まらなかった。

昔は毎年干支の木版画を作って一枚ずつ刷っていたが、多色刷りだと葉書の枚数×色版の数だけ刷る作業が大変で11月頃から準備したものだったが工数が大変だったので、10数年前からパソコンで図案を作ってインクジェットプリンターで印刷する方法に変えた。でも干支を題材にするのは変わっていないし、図案もなるべく木版画の感じになるように作っている。来年は午年なので馬の写真をいくつか探して、その中の気に入ったものをパソコンで図案化してみた。

ことしは、写真を修整したり図案化したり出来るソフト(Photoshop elements)と年賀状作成ソフト(筆グルメ)を新調した。これまでも古いバージョンのものは持っていたのだが、最新のバージョンのものに買い換えた。ソフトの他にも毎年購入している年賀状用のイラストや部品が掲載されているDVD付きの雑誌も購入した。新しいソフトは画面回りなどが少し変わっているが機能的にはそんなに変わっていないようだ。
Dsc01543  Dsc01347   

メインの図案が決まったら、背景とか賀詞や添え書き年号などは市販の雑誌のDVDから選んで組み合わせて完成だ。

今年は筆グルメをバージョンアップするときに去年までの住所録やレイアウトなどを間違えて削除してしまい慌ててしまったが、一昨年のバックアップが保存してあって何とか回復することが出来た。今年もなんとか図案は出来たようだ。
Dsc01544

2013年12月12日 (木)

40年振りの映画館

先日銀行から映画のチケットを貰ったので、久しぶりに妻と映画を見てきた。久しぶりと言うか多分40年振りくらいではないだろうか。もともと映画はそれほど見る方ではなかった上に、世の中の映画離れが進んでいる頃で近隣の映画館が次々と閉館していったのも映画を見なくなった一因だろう。

20年程前からはシネマコンプレックスという新しい形態の郊外型の映画施設が県内にも出来始めて、映画館がなくて見られないと言う状況ではなくなったが、仕事も忙しい頃で映画館に出向くことはなかった。

今回はせっかく映画のチケット貰ったし暇も有り余るほどあるし久しぶりに映画館へ出かけてみることにした。車で家から30分ほどで行けるショッピングモールに併設されたシネマコンプレックスへ出かけたが、映画館で勝手がよく分からないので係員に尋ねると、受付でチケットを提示して座席を指定する必要があると言われ、受付に並んで真ん中あたりの席を取って貰った。

映画は「武士の献立」という題名で加賀藩主の料理人を6代に亘って務めた舟木家の3代目とそこに嫁いだ姉さん女房の姿を、加賀騒動の事件と絡めながら描いているドラマで、主演の上戸彩がしっかり者の姉さん女房を演じていてなかなかよかった。
全国での公開は12月14日からだが、石川県では12月7日から先行公開が開始されている。
Dsc01542

今の映画館は内装もきれいだし座席も広いしなかなか快適だ。DVDは手軽に見られるので便利だがたまには映画館で大きなスクリーンで見るのも良いかもしれない。

2013年12月10日 (火)

12月の夕焼けの白山

日曜日の夕方外出から帰る道の途中で白山がきれいに見えた。今の季節北陸は鉛色の曇空が続くのが通常だが、この日はすっきりと晴れて白山の周囲には雲もなく青空が広がっている。頂上は雪をかぶって名前の通り真っ白な白山となっている。

これは写真を撮らなくてはと一旦自宅に帰って、カメラを持ち出して周辺の眺望ポイントを回ってみた。写真を取り始めたのは4時過ぎだったが、空はまだ青く白山も白い姿をしていたが、何カ所か回っているうちに太陽もだんだんと低くなり、空も青さが薄れ白かった白山も次第に赤みがかってきた。
Dsc01513

Dsc015292

日没直前には赤い夕日に照らされた赤い白山の姿を見ることが出来た。夏は黒い白山、積雪前は青い白山、雪が降ると白い白山になるが、白い白山が夕日に照らされると赤い白山になり季節と時刻によっていくつもの姿を見せる。
Dsc01531

夕日が沈むと辺りは一気に薄暗くなるが、標高の高い頂上付近はまだ日が当たっているのか、暗くなった空を背景に残照に一段と赤く照らされている。
Dsc01539

2013年12月 8日 (日)

冬は山茶花・椿の季節

椿や山茶花が咲き始めてから1ヶ月経ち山茶花と白椿はたくさん咲いている。ハナミズキもドウダンもノムラカエデも真っ赤に紅葉したものの今は皆葉を落として枝が裸になってしまっている。冬枯れになった我が家の庭を山茶花の赤い花が木全体に花を咲かせて彩っている。白椿も木全体に花を咲かせているが白い花のためあまり目立たない。
Dsc01479

Dsc01492


赤い花の咲くヤブ椿の木も植えてあるがこちらは例年3月中頃にならないと咲かないが、代わりに鉢植えの紅椿が先日から一輪花を咲かせている。例年雪の降る頃に咲いて雪で花が傷められていたが、今年は雪の前に咲いたのできれいに咲いている。
Dsc01494

Dsc01487


私は以前からサザンカに山茶花の漢字が当てられているのが不思議だったが、調べて見ると、以前書いたように七十ニ候では立冬の初候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」とされていて、「山茶(花)」とは中国で古くはツバキ類全般を指したそうだ。中国では飲むお茶の葉と良く似た葉を持つツバキ類を山の茶として「山茶」と呼んだのだろう。日本では区別するためツバキには椿の漢字が当てられサザンカには山茶花の漢字が当てられたようだ。山茶花の読みは本来はサンサカだが訛ってサザンカとなったそうだ。


2013年12月 6日 (金)

スチームクリーナー

いよいよ12月になってそろそろ年末の掃除の事も考えなければならない。例年なら年末の2週間前くらいから土日に場所を決めて掃除をしていたが、今年は私が毎日家にいるので妻は12月入ると早速掃除の計画をしている。

今日はホームセンターへ行く用事があったので、妻は掃除用具や洗剤などを見ていたが、「アルミサッシのレールのところをうまく掃除するものないかなあ」といってブラシなどを見ていたが、ペットボトルの先端に取り付けて使うブラシを見つけて「これどうやろ?」と言っている。水を入れたペットボトル(500cc)の口に取り付けるものでレバーで加圧すると中の水がスプレイ状に飛び出すので掛けながら掃除をするものだ。なかなかアイデア商品だが実用的にはどうなのかと思ったので、「そんなのいるのならスチームで落とすクリーナーがあるぞ」と言うと「どこにある?」と興味を示すので、店の中を探して売り場を見つけた。

いくつかのメーカのものが展示されているが結構高いものもあるしどれがいいのかよく分からない。よくテレビの通販番組で売っているのを見たことがあるが、ほんとに汚れが落ちるのか又使い物になるものなのかも半信半疑だが、売り場の説明書きには汚れによって落ちるも汚れもあれば落ちない汚れもあると正直に書いてあるし、もともと床掃除に使うつもりはないので使い方次第かなと考えて購入することにした。

スチームクリーナーは国内ではあまり馴染みのない掃除道具で、テレビショッピングぐらいでしか見たことがないし、メーカと言っても外国メーカが主で国内外のメーカーいずれもあまり名前の知らないメーカーばかりだ。

アルミサッシのレールやガラス窓や台所、浴室、洗面台などがとりあえずのターゲットだし、あまり大きいものも不要なので、手頃な大きさで手頃な値段で「よく売れています」と書かれていたアイリスオオヤマの製品に決めた。

家に持ち帰って箱を開いてみると付属のアタッチメント等もいくつか付いているし明日にでもどれくらい使えるものか使ってみよう。年末の掃除の戦力になってくれるといいのだが。
Dsc01498

Dsc01499



2013年12月 4日 (水)

シクラメンの鉢植え/郵便局のキャンペーン

ここ数年地元の郵便局では年末に定額貯金をするとシクラメンがもらえる貯金のキャーペーンしている。去年も一昨年も貰ったので、妻は今年も貰うと言って貯金の預け替えでいろいろと作戦を練って、全部で3つのシクラメンの鉢植えをゲットしてきた。一定額以上の新規の定額貯金をすると鉢植えが貰えるそうだが満期の書き換えではダメだというので、満期のものをおろして名義を替えて新規の定額貯金にするなどいろいろと頭を絞っている。確かに今は超低金利で貯金をしていても利子などないに等しいのでせめてもらえる品物はもらおうということのようだ。一鉢数百円としても利息の数倍以上の価値はある。

貰ったシクラメンの鉢を玄関に並べて写真を撮ったが、玄関では寒くて枯れそうなので部屋の中に置くことにした。うまくすると3月頃まで花を咲かせるが、去年貰ったものはあまり長持ちしなかったので、今年は少し日当たりの良い茶の間の窓際と私の部屋の出窓に置いた。
Dsc_0775

11月には冬用の鉢植えの花として、プリムラジュリアンとガーデンシクラメンを購入して玄関の庇の中に置いてある。比較的寒さに強いというので外に置いてあるが、雪が降るまでには簡易の温室に引っ越しした方が良さそうだ。
Dsc_0771


在職中は元勤務先の玄関に置いてあるシクラメンの世話をしていたが、今年は花が咲くだろうか心配だ。これまで3年ほど夏越しをさせて毎年9月に新芽が出て1月頃に花が咲き出していたが今年はどうなっていることやら。

2013年12月 2日 (月)

12月の木場潟/渡り鳥飛来

早いものでもう12月になってしまった。今日は天気もよいし木場潟の周回路を少し歩いて見た。木場潟も12月になるとさすがに秋も終わったという印象だ。水面は波もなく鏡のように穏やかで小春日の太陽を照り返している。周回路の周囲に植えてあるケヤキの木もほとんど葉を散らせて黄色く色づいた葉がわずかに散り残っているし、ススキも穂先がボケてしまっている。
Dsc01443  Dsc01458

水面に浮かぶ鴨も以前から見ると随分数が増えている。数が増えているということは北方から鴨や雁などの渡り鳥がやって来ていると言うことだろう。木場潟には水質浄化の実験のために筏の浮島がいくつか設置されているが、この場所が鴨たちの格好の休憩場所となっているようだ。小さい筏の上にたくさんの鴨がギッシリと乗っていて日向ぼっこをしている。岸から離れた湖面に浮かぶ筏は警戒心の強い鴨にとっても安心の場所なのだろう。
Dsc01473  Dsc01469

Dsc01472  Dsc01450

岸辺近くにいる鴨たちは近くの周回路を歩いていても普通に泳いでいるが、写真を撮るために足を止めた途端にすーと岸から離れて行ってしまう。人間の気配の変化を敏感に感じ取っているようだ。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »