無料ブログはココログ

« 町の防災避難訓練 | トップページ | 近くのJR駅舎の改修 »

2014年10月 3日 (金)

DIY工作/キャスター付きワゴン

以前から彫刻刀やノミを入れる木のケースが欲しかったので、自分で作ることも考えたが、出来上がりの具体的なイメージがなかなか湧かなかった。先日ホームセンターの売り場を見ていたら木製の3段引き出しのケースを見つけた。

金額も2千数百円だったので早速購入してきた。彫刻刀もうまく収納出来るし、下の引き出しにはノミや工具も収納できて、欲しかったケースのイメージに近い物だったがなにか足りない。キャスターを付ければイメージ通りだがケースには取り付ける場所がない。そこでキャスター付きの小さなワゴンを作ることにした。
Dsc04730  Dsc04732   

_
ホームセンターで見ていると部材を個別に揃えると結構高い。木製の棚の部材のコーナーがありそこは加工済みの部材が比較的リーズナブルに売られていた。そこで柱用の部材と棚用の部材とキャスーターを購入した。柱用の部材は棚板を入れる切り込みと木ねじ用の穴が加工されている。家で切断するので長めの部材を購入した。

_
家に帰って、柱用と棚板用の部材を必要な長さに切りそろえ、柱の切り込みに棚板を入れて電動ドライバーで木ねじを打ち込み、底に4カ所キャスターを付けたら完成だ。結構がっちりした頑丈なワゴンが出来た。
Dsc04728  Dsc04733   

_
早速木のケースを納めてみるとなかなかいい感じだ。頑丈なので上に物も置けるし、床の上をスムーズに動く。
Dsc04729

_
棚板は長さ120センチのものを1枚購入して、ワゴン用に40センチ2枚を切り出したので40センチの板が1枚余ってしまった。そこで4つの角を落としてキャスターを取り付けたらスケボーみたいなのが出来た。これに電動工具のケースや工具箱を乗せたら、重たい工具箱もスムーズに動くようになって移動させるのが楽になった。
Dsc04724  Dsc04726

部屋の隅が少しすっきりしたようだ。今度プリンターの台にもキャスターを付けてみようかな。
Dsc04739

« 町の防災避難訓練 | トップページ | 近くのJR駅舎の改修 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIY工作/キャスター付きワゴン:

« 町の防災避難訓練 | トップページ | 近くのJR駅舎の改修 »