無料ブログはココログ

« 春まだき/2月の寒波 | トップページ | シクラメンの枯れ/2015 »

2015年2月13日 (金)

水彩教室6

水彩画教室では、受講生は教室に来るときには絵の題材になるものを持ってくるように言われている。当然先生もいくつか用意してくるので、持ち寄った題材を組み合わせて何人かで描いたり、それぞれが自分の題材を決めて別々に描いたりしている。

私は初回の時に野菜を持って行って他の題材と組み合わせて描いたが、その後は何も持って行かず先生の持ってきた題材を描いたり、他の受講生が持ってきた題材を描かせて貰ったりしていたが、今回は花屋さんで花を購入して持って行くことにした。

_
この絵は前回の時に途中まで描き家に帰ってから完成させたもので、題材はプリムラジュリアン3鉢に雑貨のブリキのジョウロを組み合わせたもの。全部別の受講生が持ってきた物を描かせて貰ったものだ。花の描き方が良いと先生に褒められた。
Dsc06749

_
今回は花屋さんで買っていったガーベラとチューリップに、他の受講生が持ってきたプラスチック製の果物を組み合わせたものを描いた。花瓶は家から持参した。
Dsc06750  

_
もう1枚は、当日先生が用意した紫色のタマネギ。新芽が伸び始めていて新芽の緑が鮮やかな上に、タマネギを包む薄皮の紫色がきれいなので、写真にとって家で描いて見た。
Dsc06751

_
購入した花は家に持ち帰ったが、チューリップが開き過ぎて凄いことになっている。花屋さんで買った時はチューリップはすぼんでいたのだが、教室に持っていって30分もすると大きく開いてしまった。暖かくて急激に開いたのだろう。
Dsc00097

« 春まだき/2月の寒波 | トップページ | シクラメンの枯れ/2015 »

趣味」カテゴリの記事

水彩画」カテゴリの記事

コメント

新芽が出たたまねぎ、いいですね。
チューリップも開ききったものを描いてみるのもおもしろいでしょうね。

タマネギは紫色もきれいですが、伸びた新芽の緑色には生命力を感じます。

花については、おっしゃるとおり開いたチューリップを描くのもいいですね。
今日、早速ブログの写真を見て描いて見ました。

せっかく買ったのだから何度も描かなければね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水彩教室6:

« 春まだき/2月の寒波 | トップページ | シクラメンの枯れ/2015 »