無料ブログはココログ

« 神社の桜植樹 | トップページ | 水彩教室9 »

2015年3月27日 (金)

三つ葉ツツジと貝母ユリ

東京では桜の開花宣言があり、金沢の兼六園でも早咲きの桜が咲き出したとニュース出言っていた。地元の神社の早咲きの桜も先日咲いていたし、3月も終盤になってくるといろいろと桜の便りが聞かれるようになってきた。ネットで当地の桜開花予想を見ると3月31日となっているので見頃は1週間後の4月8日頃か。

_
桜の咲くのを心待ちにしているが、我が家の庭でも陽気に誘われて、三つ葉ツツジと貝母(バイモ)ユリが花を咲かせ始めた。三つ葉ツツジは1週間ほど前から蕾が膨らんで色づき始めていたが、今日紫色の花がいくつか咲いていた。普通のツツジよりも1ヶ月ほど早く鮮やかな紫色の花を付け、花が終わると三つ葉が出る。
Dsc00809

Dsc00804

Dsc00806

_
貝母ユリは球根性の多年草で、植えた覚えがないが毎年花を咲かせる。花は下向きで地味だが、下から花を覗き込むと花の内側には編み目模様がある。山野草でクロユリなどの仲間らしい。貝母ユリの名前の由来は、球根が二枚貝の形をしていて、子球根が親球根の中に入っているので貝母と付けられたそうだ。いずれにしろ春先の短い期間に目立たなく咲いているが、20年程毎年咲いているので何となく気になる花だ。
Dsc00814

Dsc00812

_
我が家の庭の花も、梅、椿、水仙、クロッカス、沈丁花、馬酔木、三つ葉ツツジ、貝母ユリと順番に咲いてきている。チューリップも大分大きくなってきたので、4月に入ると咲き出すだろう。


« 神社の桜植樹 | トップページ | 水彩教室9 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉ツツジと貝母ユリ:

« 神社の桜植樹 | トップページ | 水彩教室9 »