無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

氷室饅頭/2015

県民ショーではないが石川県では6月末から7月1日にかけて氷室饅頭を贈ったり、買って食べたりする風習ある。
_
元々は江戸時代に加賀藩の前田家が毎年7月1日(旧暦6月1日)に、冬の雪を保存していた氷室を開いて幕府に献上するときに、道中の無事を祈って神社に饅頭を供えたのが始まりと言われている。それが庶民の間にも無病息災を願う風習として広がって、今もその習慣が残っているということだ。能登の方はよく知らないが金沢以南の県内ではかなり一般的で、この時期になると地域の和菓子屋さんはこぞって店先に氷室饅頭を並べる。
スーパーでは1ヶ月ほど前から店頭に並んでいることもある。
_
氷室饅頭は麦饅頭で色は白、赤、緑の3色だが、最近は5色とか8色の品揃えをする店もあり、餡もこしあんやつぶあんのものが売られていて、店によって形や味や色もさまざまだ。
_
今日は地元のお菓子屋さんに行って氷室饅頭を買ってきた。店先には「氷室饅頭」の貼り紙もあり、今が一番売れている時期のようだ。饅頭は工場から持ってきたばかりで蒸かしたてなのか、ホカホカと暖かい。
Dsc_0963  Dsc_0961  
_
早速家に帰って2個食べたが、作りたての暖かい饅頭はおいしかった。これでこの夏も無病息災で乗り切れるかな。
_
残りの饅頭は鮮度が落ちないように冷凍室で冷凍して、7月1日に解凍して食べことにした。凍らせて保存して解凍して食べるというのはまさに現代の氷室饅頭かもしれない。
_
赤色の買ってきたのだが、写真を撮る前に食べてしまったので白と緑の饅頭の写真。
Dsc07250

2015年6月27日 (土)

茅の輪づくり/2015

地元の神社では、6月30日に毎年恒例の夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)が行われるが、これに合わせて毎年茅の輪を作って参道に設置して、参拝者に茅の輪(ちのわ)くぐりをしてもらっている。

これは茅輪神事といって、由来は神話のスサノウノミコトにまで遡るが、茅の輪をくぐることで半年間の罪・穢れを取り除き心身が清らかになるようにお祈りするものだ。茅とはススキなどのことをいい、茅で大きな輪を作ったものを茅の輪と呼ぶ。

今日は朝から茅の輪作りを行なうことになったが、朝からあいにくの雨でカッパを着ての作業になってしまった。まず近くの川の土手へススキを取りに行って、軽トラの荷台一杯のススキを刈り取ってきた。

次にススキを一定の長さに切りそろえて、茅の輪の芯の周りにススキを巻き付けて結束バンドで縛り、最後に黒いシュロ縄で等間隔に縛って出来上がりだ。後ははみ出したススキの葉をはさみで切ってきれいにして茅の輪の完成だ。
Dsc_0947  Dsc_0949

Dsc_0951  

 

_
茅の輪が出来たら参道に設置した木枠に取り付けてシュロ縄で縛り、しめ縄や竹や榊などを飾り付けて、足元にムシロを敷き、茅の輪の横にくぐり方の作法を書いた看板を設置したら茅輪神事の準備も完了だ。
Dsc_0955  Dsc_0956  

Dsc07232  

_
午後は立ち会いの当番ではないので家に帰ったが、梅雨の雨模様の天候なので町内からの参拝者がどれくらいあるのか少し心配だ。晴れれば人出は多くなるが雨が降るとどうしても少なくなる。天気予報が気になるところだ。

2015年6月25日 (木)

古いパソコンへのWindows8.1インストールに挑戦

先日メインに使うパソコンを、それまで使っていたVista機からWindows8.1の新しいパソコンに変更する作業を行い、新しいパソコンへ日常使っているソフトをインストールしたりデーターを引っ越しさせたりして、何とか引っ越しが完了した。

これに気をよくして、今度はお役御免になった古いパソコンのOSをWinVistaからWindows8.1に変更してみることにした。ネットで調べてみるとVistaのパソコンにWin8.1を入れても結構軽く動くらしい。おまけに私のパソコンはシステムドライブをSSD化してあるので、ハードディスクに入れるより数倍早く動くはずだ。

さらに、今年7月にはWindows10が発売されるがWin8.1からなら1年間無償でアップグレード出来るらしいので、それなら一旦Win8.1にしておいてその後タダでWin10にすればよいという算段だ。

Win8.1のOSはショップでも売っているが、ネットで調べるとAmazonが安かったので、代引きで注文したら翌々日配達された。パッケージの中には64ビット用と32ビット用の2枚のDVDが入っていた。
Dsc_0932

_
Win8.1はVistaの入っていたCドライブのSSDにインストールするので、事前に別のパソコンでSSDをフォーマットして、元のパソコンに戻しWin8.1のインストールを開始した。

パソコンの電源をONにして64ビット版OSのDVDをセットすると、プロダクトキーの入力を求められ、入力完了するとインストールを開始だ。
Dsc_0930    Dsc_0935  

_
その後何回か入力を求められ、数回自動で再起動した後「最後の処理をしています」のメッセージが出て、しばらくすると「無料のWindows10アップグレードを予約する」というメッセージが出た。とりあえず予約するを選択した。
Dsc_0933  Dsc_0934

_
その後無事にログイン画面が出てインストールは完了だ。
電源ONから使用可能になるまでの立ち上げ時間も1分弱なので、かなりテキパキと動いている。

この後はプログラムのインストールや各種の設定などを行う必要があり、かなり時間がかかる。実際には、古いプログラムなどを入れてハングアップして、システム全体がおかしくなってしまうなどのトラブルが発生して、Win8.1のインストールとユーザープログラムのインストールを3回行う羽目になってしまった。

それでもなんとかインストールが完了した。やれやれだ。

動作は軽くて日常使うパソコンとしては全然問題ないレベルだ。結果論だけれど新しいパソコンを買わなくても良かったかもしれない。

2015年6月23日 (火)

水彩教室14

先日の水彩教室にはモチーフとして持って行くものがなかったので、何も持たずに出かけた。教室に行ってみると3人の生徒さんが紫陽花を持ってきていた。紫陽花の時期だから皆同じになるねと笑っていたら、先生が持ってきたのもやっぱり紫陽花だった。この日は紫陽花のオンパレードだ。私は先生の持ってきた紫陽花を描いた。

_

教室で描き自宅で仕上げた紫陽花の絵
Dsc00392

_
6月は木場潟の花菖蒲園に数回いった。木場潟では花菖蒲まつりも行われていてハナショウブが一番きれいに咲いている時期なので、写真をバシャバシャと撮ってきて自宅で写真を見ながら描いてみた。ハナショウブは葉がたくさんあるのでどんな風にたくさんの葉を省略して描くかが難しい。

_
自宅で描いたハナショウブの絵 3枚
Dsc00397

Dsc00396

Dsc00393

これから夏場にかけてはモチーフになる花も少なくなってくるが、何を描けばいいのだろうか。

2015年6月21日 (日)

6月の庭の花

北陸もようやく梅雨入りとなり連日ジトジトした天気が続いている。暑さは少し和らいで、雨も降っているので、プランタや鉢植えや庭木への水やりもあまり必要ないが、それでも屋根や庇の下に入れてある鉢物には水をやらなければならない。

梅雨は庭の木も花は一番勢いのある季節なので、地植えのものもプランタ植えのものも元気いっぱいに花を咲かせている。

地植えのアジサイはピンクの花ばかりだが、土がアルカリ性が強いのだろうか。ガクアジサイの「隅田の花火」も白い花を咲かせているが、茎が細くて花が大きい上に雨が降ってますます花が重たくなってお辞儀をしたようになっている。
Dsc_0917  Dsc_0874    

_
マサバギクとナンテンの花。ナンテンは花の咲いたところに赤い実をつける。
Dsc_0905  Dsc_0920    

_
タチアオイも茎がスクッと伸びて赤い花を次々と咲かせている。
Dsc_0871

_
春に植えた花苗もすっかり大きくなって元気いっぱいの様子だ。今が一番元気のある時期だろう。

ニチニチソウとマリーゴールド
Dsc_0908  Dsc_0907    

_
ミリオンベルとペチュニア
Dsc_0904  Dsc_0906    

_
ダリアとケイトウ
Dsc_0924  Dsc_0913    

_
最近定植した朝顔がプランタ10個あるので7月になると花を咲かせ出すだろう。



2015年6月19日 (金)

メインに使うパソコンの変更・引っ越し

7年ほど前からメインに使用しているWindows Vistaのパソコンが遅く重たく感じるようになってきたので、昨年新しいWindows8.1のパソコンを購入した。でもスタートメニューのところが使いづらい上に、動作がモタモタしているのが気にいらずほとんど使わずに放置していたが、Vistaもセキュリティ部分以外のサポート期間は終了しているようなので、そろそろ引っ越しをしなくてはと引っ越し作業を始めた。

モタモタ動作解消のために、まずシステムディスクをSSD化することにし、また保存容量確保のため、外したハードディスクと、これまで旧パソコンで写真の保管用に使っていたハードディスクを新しいパソコンに外付けでUSB接続することにした。新しいパソコンはハードディスクを格納するスロットが1つしかなく、そこにSSDを格納すると、他のハードディスクは外付けにせざるを得ないからだ。

右側の黒く大きいのがVistaPC 左の白いのがWin8.1PC
Dsc00322  

_
新しいパソコンのケースを開いてSSDを設置しているところ。
Dsc00325  

_

外付けハードディスクケースにハードディスクを2台入れて、USB接続しているところ。
Dsc00323

_
電源を入れて動作を確認するとうまく動いているようなので一安心だ。ここまでうまくいったので、ついでに無線LANの設定もしてしまうことにした。

家には無線LANルーターが2台設置してあり2系統のLANが存在することで、パソコン間のデータ共有やWi-Fiプリンタがうまく使えなかったりしていたので、パソコンやプリンタは同じLANになるよう設定し直した。

あとはこれまでデジカメや一眼レフの写真を旧のパソコンに取り込むようにしていたのを、新しいパソコンに取り込むように設定変更しなければならない。カメラからWi-Fiでパソコンに接続するのも設定の変更が必要だ。

パソコンの引っ越しは作業量も多く失敗するのも怖いので、なかなか手がつけられずにいた作業だがなんとか無事に引っ越し出来たようだ。ブログも先日から新しいパソコンで書いている。お役御免になった古いVistaのパソコンは、OSをWindows8.1に入れ替えて遊んでみようかな。

2015年6月17日 (水)

町内のアメシロ消毒

6月になるとアメシロやチャドクガが庭木に発生するので、町内では例年6月と8月にアメシロ防除の薬剤散布をしている。今年も日曜日の午後に行うとの案内があり作業に参加してきた。
Dsc_0884

軽トラの荷台に200リットルのプラスチック製のタンクを積んで水と薬剤を入れ、エンジンポンプで町内の民家の庭木や畑の木などに散布して歩くのだが、町内は古くからの町なので庭木も多く大木も多い。町内の巡回ルートはだいたい決まっていて、参加者も手慣れたもので、タンクの水の補給や休憩の場所も毎年ほぼ同じだ。今年もタンクの水と薬剤を途中で補給してタンク2杯分を散布した。今年は、天候のせいかアメシロもチャドクガもほとんど発生していなかったようだ。

_
民家の庭や畑には、今の時期はいろんな花が咲いている。作業のかたわらスマホのカメラで咲いている花をパチリパチリと撮ってきた。

ハナショウブ3種類とホタルブクロ
Dsc_0875  Dsc_0883  

Dsc_0885  Dsc_0877

_
黄色のスカシユリと白のカラー
カラーは葉も花も大きくて我が家の鉢植えのカラーの3倍ほどはありそうだ。
Dsc_0880  Dsc_0892  

_
定番のアジサイとダリア
Dsc_0886  Dsc_0889  

_
栗の花とビョウヤナギ
Dsc_0887  Dsc_0898  

_
普段見ない花に出会うと名前が分からないので、ネットなどで調べることになる。今回もスカシユリとビョウヤナギが分からなくてネットで調べて判明。でも間違っているかも。

2015年6月15日 (月)

プランタ野菜の初生り

プランタの野菜栽培は、キュウリは私の背丈を超えて大きくなっていて、少し前から収穫出来るようになりこれまでに10数本採った。でもなぜか全部長さが短くて普通のキュウリの3分の2くらいの長さしかない。

最初の数本はそうなのか思っていたが、次々に生るキュウリが全部短めなのでおかしいなと思い、苗を買った時に付いていたタグを確認すると「ミニキュウリ」と書いてある。どうもたくさん生るという言葉に目が眩んでミニキュウリの文字が目に入らなかったようだ。でもよく生るから良しとしよう。プランタ栽培にはミニサイズは向いているかもしれない。
Dsc00313  Dsc00312    

_
茄子は木があまり大きくなっていないが、花が咲いて実が付いていたが先日そこそこ大きくなったので収穫した。小さい茄子を妻が薄く切って塩揉みにして食卓に出してあった。初物はおいしいものだ。茄子は毎年あまり収穫できないが、今年は苗もナメクジにやられずに元気に育っているので少し期待できるかもしれない。
Dsc00310    

_
トマトは5段目まで花が咲いている。1段目は1房に10個くらい実が付いて大きくなり始めている。まだ青いので赤くなって収穫出来るにはまだしばらくかかりそうだ。
Dsc00314




2015年6月13日 (土)

秋常山古墳群史跡公園の紫陽花

北陸もそろそろ梅雨入りかと言われていて、ここ2日ほどはすこしぐずついた天気になっている。自宅の紫陽花も色づき始めたようだし、先日行った木場潟の北園地の紫陽花は数が少なく花も小さめだったがしっかりと咲いていた。

地元の紫陽花はどうだろうかと気になり、車で少し回ってみたが民家の庭の紫陽花はかなり咲いているが、いつも見に行っている場所の紫陽花はまだほとんどがつぼみ状態で花はもう少し先になりそうだ。

そこで、すこし足を伸ばして秋常山古墳群史跡公園に出かけてみた。市内にある秋常山古墳群史跡公園は国指定の史跡公園として整備されていて、数種類の紫陽花がかなりの本数植栽されていて今が見頃になっている。2号墳(方墳)の北側斜面に植えられていて、青色、白色、紫色の紫陽花とピンク、青色のガクアジサイがある。青系が多いので落ち着いた雰囲気だが、少し赤色系が少ないので華やかさがない。
Dsc00121  Dsc00287



 

Dsc00278  Dsc00285


Dsc00263  Dsc00125



 

_
ガクアジサイは赤色と青色がある。
Dsc00269  Dsc00301



 

_
駐車場近くの花壇にピンク系の紫陽花が何本かあった。
Dsc00271  Dsc00296

Dsc00290  Dsc00298



 

 


2015年6月11日 (木)

朝顔の定植とネット張り

5月の連休明けに育苗ポットに種まきをして、5月下旬に発芽した朝顔は成長の早いものと遅いものに分かれてしまったが、早いものは育苗ポットが手狭になるくらいに成長しており押し合いへし合いをしているので、プランタに定植することにした。

本当は育苗ポットより一回り大きい鉢に植え替えて丈夫に育ててから、プランタに植え替えた方がよいのだが、数が多いこともあって育苗ポットから直接プランタに植え替えることにした。

育苗ポットで大きく成長しているものを選別して土ごとそっと抜いてプランタに植え付けた。育苗ポットの方は成長の遅いまだ小さなものが残っている。こちらは定植するまでにはもうしばらくかかりそうだ。
Dsc00234  Dsc00235

_
プランタに植え替えたもの。育苗ポットでは大きく見えたが、プランタに定植するいかにも弱々しげで、うまく育つかなと心配になる。空いている場所には育苗ポットでこれから大きくなってくる苗を植える予定だ。
Dsc00233  Dsc00243

Dsc00239  

_
プランタに定植すると、次に準備しなければならないのはグリーンカーテン用のネット張りだ。昨年はグリーンカーテンがうまくいったので、ことしは去年よりも広くして2.7m巾と3.6m巾の2カ所でプランタが1個増える。行灯にする方もプランタ1個増なので昨年よりもプランタ2個分多い。
Dsc00238  Dsc00242  

_
さっそくネットのところにプランタを並べてみたが、日中の日差しが強くてしおれてしまっているので、苗がもう少し強くなるまでは日陰で育てることにして、急遽プランタを日陰に移動した。
Dsc00240  Dsc00236  

_
定植した苗のうちいくつかはひ弱だったので枯れてしまうかもしれない。そうなったらまた元気な苗に植え替えるしかないだろう。

2015年6月 9日 (火)

今年もアンスリュームが咲いた

会社に勤務していた頃、事務所にあったアンスリュームの鉢植から株分けをして家に持ち帰り育てていたアンスリュームが今年も赤い花を咲かせた。

元の勤務先のアンスリュームは当時かなり年数が経っていて、株も大きくなりすぎて姿も悪くなっていたので、少し葉を散髪してやったが、枝の途中に出来た新しい芽が葉4枚くらいに育っていて気根もでていたので、生え際から切り取って家で挿し木にして育ててみた。

1年目は活着したものの花は咲かなかったが、2年目の昨年は赤い花が1つかろうじて咲いた。今年は株も大きく育ち葉の数もずいぶんと増えたので期待していたら、先日から3つほど赤いつぼみが見えていたがとうとう開きだした。

_
ネットで調べてみると、赤く目立つのは花ではなくて、仏炎苞といって葉っぱが色づいたものだそうで、花は仏炎苞の真ん中の棒状のもので肉穂花序(にくすいかじょ)という部分だそうだ。でも仏炎苞と肉穂花序がセットで1つの花とみられるのが一般的だろう。
Dsc00224

Dsc00221

_
退職前には、ピンク色のアンスリュームやポトスなども株分けして自宅で挿し木にして育てていたが、残念ながらこちらは途中で枯らせてしまい、今残っているのは赤色のアンスリュームだけになってしまった。



2015年6月 7日 (日)

木場潟の花菖蒲園/2015

木場潟の花菖蒲園もようやくハナショウブが見頃になってきた。
1週間前に見に行った時はまだ咲いている花もまばらだったが、今日は色んな色の花が一斉に咲いていた。花菖蒲まつりも6月6日~6月21日の間で開催されて、期間中にはウォーキング大会や撮影会など各種のイベントが行われるようだ。

今日は花菖蒲園のある南園地の駐車場に車を止めて、まず花菖蒲園のハナショウブ見に行ったが、見頃の日曜日と言うこともあって人の数もいつもと比べると多いようだ。ハナショウブの色も10種類くらいが咲いている。
Dsc00129  Dsc00210

Dsc00114  Dsc00134

Dsc00096 Dsc00112

Dsc00078  Dsc00208

Dsc00108  Dsc00102

_
ハナショウブを見た後、南園地から西園地に立ち寄って北園地まで行き、そのままぐるっと一周しようかと思ったが、今来た道の方が景色がよいので北園地で引き返して同じ道を戻ってきた。1周するのも戻るのも距離的には同じくらいだろう。

周回路をウォーキングするには、5月・6月は最高の季節だ。山々の緑の景色もきれいで、気温も暑すぎず風も爽やかだ。でももうしばらくすると梅雨の季節がやってくる。

 

2015年6月 5日 (金)

郭公の夜鳴き

我が家の近くでは、毎年6月頃になるとカッコウーがやって来て鳴いている。カッコウと言う鳥はもっと山深い所に住んでいる印象があるが、実は5月下旬に大陸から飛来する渡り鳥で、比較的開けた耕地や草原などを好んで住んでいるようだ。

ここ5~6年は毎年やって来て、カッコーカッコーと連呼する声を聞いたが、だいたい鳴くのは日中だったのだが、今年のカッコーは夜中に鳴くので始末が悪い。今年は10日ほど前からカッコーの鳴き声が聞こえたので、今年もやって来たなと思っていたが、1週間前からは夜中に鳴き始め、連日鳴き続けている。

夜10時頃に鳴き始めて、朝起きてもまだ鳴いている。夜トイレに起きると必ず声が聞こえるので夜中中鳴いているようだ。良く通る大きな声で5秒に3回のペースで規則正しく連呼している。日中は周囲がうるさいのであまり気にならないが、夜は寝静まった頃に大きな声で鳴かれると遠くまで声がよく通り我が家でも良く聞こえる。午前中も鳴いているがカッコウはいつ眠るのだろうか。餌も採りにいかにければならないはずだが。

明るい時に鳴いている場所を調べて見たら、家から700mほど離れた隣の集落の神社の木立から聞こえるようだ。妻は夜うるさくて眠れず寝不足気味だとブツブツ言っている。我が家でも寝不足気味になるくらいだから、神社の近くの人はきっと寝不足になっているだろう。

ネットで調べて見ると、カッコウの「カッコウー」という鳴き声はオスだけで、メスは別の鳴き声だそうだ。オスが鳴くのは求愛と縄張りの主張のためで、通常は朝や日中に鳴くが、時々夜に鳴くのもいるそうだ。

_
そういえば、夜中にセロ弾きのゴーシュのところにやって来た郭公が、朝までゴーシュのチェロに合わせて「カッコー」の練習をするという物語があったな。

2015年6月 3日 (水)

チューリップの球根の掘り出し/2015

4月に咲き終えたプランタのチューリップは、葉も茎もすっかり枯れて茶色になってきた。
花の終わったチューリップは、球根を大きくするために茎を途中で折って種を作らせないようにして、葉で作った栄養分が球根に溜まるようにしていたが、葉と茎はだんだん枯れてきて見栄えが悪くなってきていた。
Dsc07209

_
6月に入ったことだし、そろそろ球根の掘り出し頃だろうと、庭に分散して置いていたプランタや植木鉢を集めて球根の掘り出しをした。プランタ11個と植木鉢3個の土をシャベルで掘りながら球根を掘り出していると腰がが痛くなってしまった。

球根は毎年小さくなっていく。花の終わった後1ヶ月くらいは葉や茎を残して球根を育てるようにしているが、所詮素人なのでそれほど大きく育つわけでもなく、子の球根も出来るので元の球根は毎年小さくなっていくのはやむを得ない。3年ほどで小さくて使えなくなるので毎年新しい球根の購入して更新していかなければならない。

今年掘り出した球根
Dsc07212

_
球根の泥を落として水洗いをしているところ。きれいに水洗いして良く乾燥させないとカビが生えたり腐ったりしてしまう。これまでも何回も失敗している。
Dsc07214

_
元の球根は毎年小さくなるし、今年出来た子球根は小さすぎるし、今年掘り出した球根の数は400個くらいあったが、半分は小さすぎて使えないので使えそうなのは200個くらいになる。小さいのは捨てて、使える200個をネット袋に入れて振り分け荷物にして軒先の竿にさげた。

乾燥したら取り込んで植え付けるまで物置に保管することになる。乾燥しすぎても干からびて芽が出なくなる。
Dsc07216


2015年6月 1日 (月)

水彩教室13

今回の水彩教室のモチーフに何を持って行こうかと考えていたが、庭には花は咲いているが、鉢植えが多くて切り花にして持って行けそうな花はあまりない。シランは盛りを過ぎているし、ムラサキツユクサはきれいだが午後にしぼむので教室に持って行っても咲いているか不安だ。

今回はモチーフを持っていかずに、先生か別の生徒さんが持ってきたものを描こうかなと思ったが、前日に道の駅に行ったら小さなヒマワリの切り花が並んでいて、3本で150円だったので手頃だなと思い購入した。花瓶はまた100均で調達し、以前100均で買ったブリキ製の小さなジョウロを横に置いてみた。

教室で描きだして家に帰って仕上げた絵。花ビラの部分はどうしても描きすぎてしまい色が濁ってしまう。
Dsc00007

_
家で描いた庭のシャクヤクの花の絵2枚。
たくさんある葉っぱを省略したり簡略化したりするのが難しい。
Dsc07177

Dsc07181

_
連休にドライブで行ってきた福井県小浜市の明通寺の本堂。本堂と三重の塔が国宝になっているが、木立の中に佇む入母屋造りの本堂を描いて見た。
Dsc00004





« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »