無料ブログはココログ

« 古いパソコンへのWindows8.1インストールに挑戦 | トップページ | 氷室饅頭/2015 »

2015年6月27日 (土)

茅の輪づくり/2015

地元の神社では、6月30日に毎年恒例の夏越しの大祓(なごしのおおはらえ)が行われるが、これに合わせて毎年茅の輪を作って参道に設置して、参拝者に茅の輪(ちのわ)くぐりをしてもらっている。

これは茅輪神事といって、由来は神話のスサノウノミコトにまで遡るが、茅の輪をくぐることで半年間の罪・穢れを取り除き心身が清らかになるようにお祈りするものだ。茅とはススキなどのことをいい、茅で大きな輪を作ったものを茅の輪と呼ぶ。

今日は朝から茅の輪作りを行なうことになったが、朝からあいにくの雨でカッパを着ての作業になってしまった。まず近くの川の土手へススキを取りに行って、軽トラの荷台一杯のススキを刈り取ってきた。

次にススキを一定の長さに切りそろえて、茅の輪の芯の周りにススキを巻き付けて結束バンドで縛り、最後に黒いシュロ縄で等間隔に縛って出来上がりだ。後ははみ出したススキの葉をはさみで切ってきれいにして茅の輪の完成だ。
Dsc_0947  Dsc_0949

Dsc_0951  

 

_
茅の輪が出来たら参道に設置した木枠に取り付けてシュロ縄で縛り、しめ縄や竹や榊などを飾り付けて、足元にムシロを敷き、茅の輪の横にくぐり方の作法を書いた看板を設置したら茅輪神事の準備も完了だ。
Dsc_0955  Dsc_0956  

Dsc07232  

_
午後は立ち会いの当番ではないので家に帰ったが、梅雨の雨模様の天候なので町内からの参拝者がどれくらいあるのか少し心配だ。晴れれば人出は多くなるが雨が降るとどうしても少なくなる。天気予報が気になるところだ。

« 古いパソコンへのWindows8.1インストールに挑戦 | トップページ | 氷室饅頭/2015 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅の輪づくり/2015:

« 古いパソコンへのWindows8.1インストールに挑戦 | トップページ | 氷室饅頭/2015 »