無料ブログはココログ

« 今年もアンスリュームが咲いた | トップページ | 秋常山古墳群史跡公園の紫陽花 »

2015年6月11日 (木)

朝顔の定植とネット張り

5月の連休明けに育苗ポットに種まきをして、5月下旬に発芽した朝顔は成長の早いものと遅いものに分かれてしまったが、早いものは育苗ポットが手狭になるくらいに成長しており押し合いへし合いをしているので、プランタに定植することにした。

本当は育苗ポットより一回り大きい鉢に植え替えて丈夫に育ててから、プランタに植え替えた方がよいのだが、数が多いこともあって育苗ポットから直接プランタに植え替えることにした。

育苗ポットで大きく成長しているものを選別して土ごとそっと抜いてプランタに植え付けた。育苗ポットの方は成長の遅いまだ小さなものが残っている。こちらは定植するまでにはもうしばらくかかりそうだ。
Dsc00234  Dsc00235

_
プランタに植え替えたもの。育苗ポットでは大きく見えたが、プランタに定植するいかにも弱々しげで、うまく育つかなと心配になる。空いている場所には育苗ポットでこれから大きくなってくる苗を植える予定だ。
Dsc00233  Dsc00243

Dsc00239  

_
プランタに定植すると、次に準備しなければならないのはグリーンカーテン用のネット張りだ。昨年はグリーンカーテンがうまくいったので、ことしは去年よりも広くして2.7m巾と3.6m巾の2カ所でプランタが1個増える。行灯にする方もプランタ1個増なので昨年よりもプランタ2個分多い。
Dsc00238  Dsc00242  

_
さっそくネットのところにプランタを並べてみたが、日中の日差しが強くてしおれてしまっているので、苗がもう少し強くなるまでは日陰で育てることにして、急遽プランタを日陰に移動した。
Dsc00240  Dsc00236  

_
定植した苗のうちいくつかはひ弱だったので枯れてしまうかもしれない。そうなったらまた元気な苗に植え替えるしかないだろう。

« 今年もアンスリュームが咲いた | トップページ | 秋常山古墳群史跡公園の紫陽花 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔の定植とネット張り:

« 今年もアンスリュームが咲いた | トップページ | 秋常山古墳群史跡公園の紫陽花 »