無料ブログはココログ

« Windows10へのアップグレード実施 | トップページ | 水彩教室16 »

2015年8月13日 (木)

庭の芙蓉の花が開いた

庭の芙蓉の花が咲いているのを今日発見した。我が家の芙蓉は庭の片隅に植えてあるが、お隣との境界近くに植えてあり、手前には別の木が葉を茂らせていたので気が付かなかったが、地面に花ガラがいくつも落ちているところを見ると何日か前から咲いているようだ。例年はお盆を過ぎた20日頃に咲きだすので少し油断をしていたようだ。

_
咲き出しから数日は経っているので、咲いている花数も多いし、花が萎んで枝先に付いている花ガラも多い。芙蓉は1日花で朝咲いたら夕方には萎んでしまい、翌日また咲くことはなく、萎んだ状態で1~2日枝先にいてそのあと地面に落ちてしまう。8月終わりから9月にかけて毎日新しい花が咲き続け、花ガラも毎日落としつづけるので掃除も大変だ。
Dsc00714

Dsc00721

Dsc00723

Dscn0026

Dscn0024

_   

芙蓉という言葉にはいくつか意味があって、以前はよく理解していなかったので混乱したこともある。

中国では芙蓉は蓮の花の別名で水芙蓉とも言われる。蓮の花のように美しい美人の意味でも使われ、「芙蓉の顔(フヨウノカンバセ)」などと使われる。

木に咲く芙蓉は中国では蓮と区別して木芙蓉とも呼ばれていて、そこから日本ではこの花も芙蓉と言われるようになったようだ。

芙蓉にはもう一つ富士山という意味があり、芙蓉峰とは富士山のことを言うようだ。「芙蓉の雪の精をとり」という歌のフレーズがあるが、これは富士山を芙蓉と言っている。
ちなみに「芙蓉グループ」の芙蓉も富士山のことのようだ。

« Windows10へのアップグレード実施 | トップページ | 水彩教室16 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭の芙蓉の花が開いた:

« Windows10へのアップグレード実施 | トップページ | 水彩教室16 »