無料ブログはココログ

« 赤とんぼ | トップページ | シクラメンの夏越し/2015 »

2015年10月10日 (土)

朝顔の種採取/2015

もう10月も上旬が過ぎて明日からは中旬になる。朝顔はグリーンカーテン仕立ても行灯仕立てもずいぶん前から花はほとんど咲かなくなり1日に5~6個くらい小さな花が咲いている。葉ももうほとんど落ちてしまい残骸のようになっていて見た目も良くないので早く撤去したいのだが、まだ最後の仕事が残っている。
Dsc00955

_
花が咲いた後に種が出来るので、来年また朝顔の花を楽しむためにも、この種を採取しなければならない。朝顔の種は花が終わって1ヶ月ほど経たないと実が成熟しておらず、種を採取出来るようにならない。実の外見がまだ青々としていたり、みずみずしいものは中の種がまだ十分に育っていないので、実を割ってみても未成熟の白っぽい種しかなくて、こんな種では撒いても芽が出ない。実の外見が枯れてきて茶色ぽくなってきたら中の種も十分成熟して黒色になっている。
Dsc_1156

_
採取した種は花の色別に区分している。大きくは赤色、紫色、ピンク色、その他の4種類で、その他には青色や空色や品種の違う赤色や紫色などが混ざっている。種を採取するときは花も葉もないので何色か判断するのは難しいが、茎の色で判断することにしている。紫色の種類は茎も濃い紫色をしていて、赤色の種類は黄緑色の茎に赤色が混ざっていて、ピンク色の種類は茎が黄緑色に生っているのである程度判断出来る。その他は植え付けたプランタで判断している。

採取したばかりの種は水分を含んでいるので、ガラスの容器に入れて天日で乾かしている。昨年はビニール袋に入れていたら、水分がうまく抜けず発芽したりカビがはえてきたりしてしまった。
Dsc08548

_
そこそこ水分が飛んだら茶封筒に入れて区分して物置で来年春の種まきまで保管だ。茶封筒が適度に水分を外に逃がして種が湿気らないようにしてくれる。
Dsc08549

_
朝顔の蔓にはまだ実が残っているので、もうしばらく種を採取したら、ネットも行灯も撤去することになるだろう。



« 赤とんぼ | トップページ | シクラメンの夏越し/2015 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔の種採取/2015:

« 赤とんぼ | トップページ | シクラメンの夏越し/2015 »