無料ブログはココログ

« 玄関の庇の柱修理 | トップページ | 松任グリーンパークの今年の藤の花に異変? »

2016年5月10日 (火)

朝顔・ベニアオイの種まき

そろそろ種を蒔かなければと思いながら伸ばし伸ばしになっていた朝顔の種蒔きを済ませた。昨年は5月の連休中に蒔いたが今年は気がついたらもう連休が終わっている。

昨年採取した朝顔の種は、色別に区分して茶封筒に入れて保管してある。色は赤、ピンク、紫と青の4種類だ。赤、ピンク、紫は前々年に種を採取して前年に蒔いたものだが、青色のグループは昨年店で種を買って蒔いた物なので、青以外の何種類かのものが混ざっている。赤色の種を袋から出して容器にを入れてみたが1000粒以上ありそうだ。
Dscn0294  Dscn0295  

_
プランタやトレーの上に土を入れた育苗ポットを置いて種蒔きの準備はOKだ。茶色のプランタは青色その他のグループ。白のプランタは赤色のグループ。黒のトレーは左半分が紫のグループで右半分がピンクのグループ。育苗ポットの各区画に棒で穴を開けて1つの穴に種を2粒ずつ入れて土をかぶせた。後は水をたっぷりかけておしまいだ。
Dscn0300  Dscn0296

_
全部作業が終わってから重要な事を忘れていたことに気がついた。去年は種を蒔く前に一晩水に浸してから蒔いたのだが、今年は水に浸すのを忘れてそのまま蒔いてしまった。発芽率が下がって芽の出ない物もあるかも知れない。しばらく様子を見てみて発芽しないようなら蒔き直しが必要かも知れない。そのときは水に浸すのを忘れないようにしなければ。


朝顔の種まきが一段落したので、今度はベニアオイと花茄子の種を蒔くことにした。花茄子は種も小さくて種の皮も薄いのでそのままプランタの土に直蒔きして上に薄く土をかけた。
Dsc_0222

_
ベニアオイは種も大きく乾燥して固くなってしまっている。これは朝顔と同じで一晩水に浸す必要がありそうだ。昨年ベニアオイの発芽率は悪くてうまく芽が出たのは4~5個だったが水に浸さずに蒔いてしまったのかも知れない。
そこで種を容器に入れて一晩水に浸しておいて翌日プランタの上に置いた育苗ポットに蒔いた。今年はうまく発芽するといいのだが。
Dsc_0221  



« 玄関の庇の柱修理 | トップページ | 松任グリーンパークの今年の藤の花に異変? »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔・ベニアオイの種まき:

« 玄関の庇の柱修理 | トップページ | 松任グリーンパークの今年の藤の花に異変? »