無料ブログはココログ

« 野菜と花の苗のプランタへの植え付け | トップページ | 朝顔・ベニアオイの種まき »

2016年5月 8日 (日)

玄関の庇の柱修理

先日の大風の後、玄関ポーチの庇を支えている柱が礎石の中心からずれているのに気が付いた。確かに強風だったが本来柱と礎石は凸凹が加工されていてガッチリとかみ合っているので風くらいではズレるはずがない。家を建てた工務店はもう仕事は辞めてやっていないのだが、元社長に事情言って相談をしてみた。

元社長は一度状況を確認しに来た後、今度は大工さんを連れてきてジャッキで持ち上げてズレた柱を元に戻そうとしていた。柱の根元が腐ってしまっているのではないかと私が言うと、しばらく調べていたが根元から15cmくらいがダメなようだと言うことだった。

そこで単にズレを戻すだけでなく、腐ってしまったところを切除して別の丈夫な木を接ぐ必要があると言うことで、急遽大工さんは自宅から必要な木を持ってきて作業に掛かった。
Dscn0253  Dscn0255    

Dscn0254  Dscn0257

_
ジャッキと別の丸太で庇の梁の部分を支えた上で、根元の腐った柱の根元の部分を切断してみると案の定切り取った部分の柱の内側がボロボロと崩れてくる。礎石と凸凹でかみ合う部分が崩れてしまっているので風の圧力でズレてしまったようだ。木が完全に劣化しているのでここのまま放置していたら庇を支えられずに傾いていたかも知れない。

_
柱の修理のあと接いだところを隠すためと今後の雨風除けのために根元部分に銅板を巻いてもらった。当然修理していないもう1本の柱も同じように巻いてもらった。
Dsc00479

今回は2本ある柱の片側の修理だったがもう一本もそのうち同じ事になりそうだ。今回は応急措置のようなものだが何か抜本的な事を考えなければならないかも知れない。

« 野菜と花の苗のプランタへの植え付け | トップページ | 朝顔・ベニアオイの種まき »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です

立派な玄関ですね~
柱が木というのも素晴らしい・・当家はたぶん鉄板柱風・・この前、壁面含めて塗り直ししました・・・年月たてば痛むものですね

玄関戸は木目アルミ?

当家の南は日当たり悪いが少し庭があり、プランターにトマト・ピーマン植えています

トマトの脇芽20cmぐらいになったのを20本ほどポットに植えて水浸しにしました

こんばんは uegahara さん

玄関の庇を支えている柱は北山杉の磨丸太だと思います。
工務店の元社長の話では礎石の上に立ててあるので根元が腐った話は聞かないのだがと首を傾けていました。

まあ、でも雨風にさらされているし冬は降雪などもあるので劣化が進みやすいと思われますね。

玄関の戸は白木の木目調のアルミサッシです。本物の木のように黒ずんで来ないのでアルミのほうが良いですね。

築20年になりますのでいろいろメンテナンスが必要になってきています。我が家も3年前に外壁の塗装をしました。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関の庇の柱修理:

« 野菜と花の苗のプランタへの植え付け | トップページ | 朝顔・ベニアオイの種まき »