無料ブログはココログ

« 塩ビの竹垣の支柱取り替え | トップページ | 菖蒲湯/2016 »

2016年6月 5日 (日)

スーパーマーズ

5月31日は地球と火星が最接近するスーパーマーズの日だった。2年ぶりの最接近で最近10年間では最も接近したそうだ。当日はテレビでいろいろ伝えていたが夜空を見ると天気が悪くて雲が全天を覆っているので観察は出来なかった。でも1週間くらいは大きく見えるということだったのでそのうち晴れたら見てみようと思っていたら、6月2日が朝から快晴で夜になっても雲のない星空になった。

2階のベランダに出て南の空を見てみると目の前に明るい赤い星が見える。さそり座の頭の先にあるということだったのでさそり座を探してみたが、街灯などで周囲が明るくてはっきりしない。そこでipadを持ち出して星座アプリを走らせたら方角も間違いないようだ。少し下の方にはさそり座もある。

そこで三脚にデジカメを取り付けて撮影してみた。最初は火星を真ん中に捉えてズームアップしてみたが撮れるには撮れたが真暗闇に赤い点が一つの写真ではどうもおもしろくない。
そこで少し倍率を落として近くの電柱も一緒に入れて撮ってみた。
電柱の先端の少し上の星が火星だ。その左側の3つの星がさそり座の頭の部分の星で真ん中がジュバという星だ。3つの星の左斜め下の星がさそり座の中で最も明るいアンタレスで、その左斜め上の明るい星は土星のようだ。
Dsc02834_2

_
夜空の星や月を撮るのはなかなか難しい。今回はデジカメの焦点距離は手動で無限大に設定し、ISOは6400にして、シャッターは6秒解放にして、ブレないようにシャッターを10秒のタイマー起動にした。普段あまり使ったことのないデジカメの設定をLEDライトで照らしながら何とか設定して撮影した。

_
そのままの設定で少しズームしてみた。
電柱が写らなくなって火星とさそり座の頭の3つの星のうちの2つが写っている。火星の左下の星が3つの星の真ん中のジュバ。
Dsc02838

_
さらにカメラのズームの上限までズームしてみると火星とジュバだけになってしまった。
Dsc02836

_
もう一度最初の設定で写してみるとわずか5分しか経っていないが火星が電柱の先端を通り越したようだ。
Dsc02839

_
最後はカメラを高倍率デジカメに交換して、焦点距離無限大、ISO12800、シャッターは開放設定がないので1/4秒で写してみた。デジタルズーム120倍で撮影
Dsc00610

やっぱり真暗闇の中の点にしか見えない。う~ん。




 

« 塩ビの竹垣の支柱取り替え | トップページ | 菖蒲湯/2016 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーマーズ:

« 塩ビの竹垣の支柱取り替え | トップページ | 菖蒲湯/2016 »