無料ブログはココログ

« 氷室饅頭/半夏生 | トップページ | 朝顔の初咲き »

2016年7月 5日 (火)

雑誌の懸賞に当たった

普段週刊誌は全くといってよいほど買わないのだが、先日雑誌広告が新聞に載っていて、
その中の「有名な薬でも医者のいいなりに飲み続けるのは危険です!」という記事が気になったので妻がその週刊誌を買ってきた。名前が挙げられている薬の中に、妻がいつも病院で処方されている血圧の薬とコレステロールの記事があったからだ。

おそるおそる読んでみると、ある病気には有効だが別の病気には効果がはっきりしていないのに処方されているだとか、飲む必要のない人にまで処方されているだとか、副作用がある薬を長期に亘って飲み続けるのは危険だとかいろいろと恐ろしそうなことが書いてある。でもじゃあどうすれば良いのかは書いてないので余計迷ってしまう。

妻は主治医に薬を変えてもらおうかと言っていたが、後日処方箋薬局の薬剤師に聞いてみたら、間違ったことは言っていないけれど大げさに煽っている部分もあると説明されて少し不安が和らいだようだ。確かに毎日大量の薬を飲むのは体に良いわけがないと分かっていても高血圧やコレステロールの改善薬として処方されると飲み続けてしまうことになる。どこで断ち切れば良いのかは患者サイドで判断は難しい。

話は全然変わるが、この雑誌に数独パズルの懸賞問題があり、妻は応募しようとしたが自分では解けないので私のところに解いてくれと持ってきた。問題自体は初級レベルなので10分ほどで解いて妻に渡したら、余った年賀状のハガキで応募した。先日突然現金書留が届けられたが何だろうと開けてみたら現金5000円が入っていた。先日応募した懸賞が当たったようだ。正解者の中から抽選で30名が当選になりその内の1人に入ったようだ。
妻は薬のことはすっかり忘れて懸賞が当たったことに興奮して喜んでいた。

数独パズルの懸賞問題と贈られてきた現金書留
Dsc_04311

(紙幣の部分はそのままの写真を掲載すると法律違反になるらしいので画像変換してある)

« 氷室饅頭/半夏生 | トップページ | 朝顔の初咲き »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌の懸賞に当たった:

« 氷室饅頭/半夏生 | トップページ | 朝顔の初咲き »