無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

加入していた厚生年金基金の代行返上

私が以前勤務していた会社は、厚生年金の他に厚生年金基金にも加入していて、厚生年金の一部が厚生年金基金で代行運用されていた。

退職後、年金を受給する時も代行運用されていた部分は厚生年金基金から振り込まれ、その他の部分は国の年金機構から振り込まれていた。ところが5月頃、加入している厚生年金基金から連絡があって代行返上することが代議員会で決まったので国に認可申請をしたと言うことだった。

厚生年金基金は企業単体や業界団体などで平成元年頃にたくさん設立された組織で、国の厚生年金の他に会社が別途掛け金を掛けることで加算年金や上乗せ部分を支給でき当時はメリットがあり、国の厚生年金の比例報酬部分の運用を基金が代行することも出来る制度だった。

でも最近の低金利の時代に代行部分の運用が難しくなってきていて、基金を解散したり代行を返上する基金が続出している。私が給付を受けている基金もご多分にもれず同様の事態となっていたようで、解散はしないものの加算年金部分は確定給付企業年金に移行し、代行部分は返上することになったようだ。

基金からの代行返上に関する案内はそれ以降なかったが、9月に入ると国の年金機構から突然年金額の変更の案内が来た。内容は厚生年金基金が代行返上したので今後は基金から給付していた年金を厚生年金から支払うことになったため基金分を増額するとのことだった。

支払いが基金から国の厚生年金に移管されたのだから総額は変わらないはずと計算をしてみたら何度計算しても年額比較でわずかだが減額になっている。何故だろうと思って基金の事務局に電話してみると、基金独自で給付していたプラスアルファ部分(上乗せ部分)が国からは給付されないのでその分がまだ基金に残っているとのことだ。今後一時金で受け取るか、年金で受け取るかの調査票を送るとのことだった。でも国から案内が来る前に基金から事態の説明の案内を送ってくるのが先だろうとちょっと腹が立った。

10月に入ると基金の事務局からプライアルファ部分の金額の案内があり、一時金で受け取るか年金で受け取るか返事を出せとのことだった。年金で受け取ると月額1000円くらいなので一時金で受け取ることにした。

金額は年金額換算で不足分と一致したのでとりあえず納得した。これからの年金の支払いは国の年金機構からだけに一本化されるようだ。

2016年10月27日 (木)

秋冬用の花苗植え込み

春に植えたプランタの花苗は秋にもなると、茎や枝は伸び放題な上に花も少なくなってしまってみっともない状態になっている。玄関前のアプローチのペチュニアなどはほとんど残骸の様になっているし、ミリオンベルは茎と葉がボウボウで花は一つもない。マリーゴールドは伸びすぎた茎や枝の先に黄色の花を咲かせていてあまり見た目が良くない。
花をたくさん付けているのはベゴニアくらいだ。

10月に入った頃から秋冬用の花苗を植えなくてはと思っていたがズルズルと伸ばし伸ばしになっていた。
Dsc_1403

Dsc_1404  

_
庭ではツワブキやシュウメイギクやホトトギスが花を咲かせていて、白椿も先日から花が咲き出しているが、やっぱり玄関のアプローチに花がないのはさびしい。そこで先日ホームセンタへ出かけて行ってこれから冬にかけて咲く花苗をいくつか見繕って買ってきた。丈夫で長持ちする花苗というとだいたい定番を選ぶことになり毎年同じような種類になる。ホームセンタにはまだいろんな種類の苗もあるがあまり聞いたことのない名前のものはどうしても敬遠してしまう。

今回購入したのは、ガーデンシクラメン 5苗、キンギョソウ 3苗、パンジー 5苗、ビオラ 5苗、クリスマスローズ 2苗 計20苗になる。
Dsc_1402

_
家に帰って早速プランタに植え付けた。プランタは朝顔を片付けたのでたくさん余っている。クリスマスローズは花が咲いたら絵のモチーフに出来るかもと買ったのだが説明書を読んでいたら植えてから花がさくまでに12ヶ月かかると書いてあった。今年の冬には役に立たないようだ。
Dsc_1406  

_
クリスマスローズは1年後を楽しみにしよう。
Dsc_1407

_
新しく植えた秋冬苗のプランタと以前からの春夏苗のプランタを玄関アプローチに並べて見た。
Dsc_1421

Dsc_1422




2016年10月25日 (火)

キャラメル

最近キャラメルにはまっている。エンジェルマークのM社の黄色の箱でおなじみのキャラメルだ。ことの起こりは今年の夏に妻が熱中症予防にM社の塩キャラメルを買ってきたのが始まりだった。塩キャラメルは袋入りで大袋の中に縦長のキャラメルが個装されて22粒入っているものだった。袋のデザインも青っぽいデザインのものだったのでM社のものとは気づかなかった。

よくある塩飴の一種だろうと1個個装を破って口に放り込んだらなにか懐かしい味がする。甘すぎずミルクに包まれた優しい味だ。子供の頃に食べたM社のキャラメルの味だった。子供の頃はキャラメルは1箱20円位していて高級品なので日常的に買ってもらえるわけがなく、学校の遠足などの時に買ってもらって前日からリュックに入れたり出したりしていたのを思い出した。

この塩キャラメルの青色の袋をよく見るとエンジェルマークの入っておりM社の製品だった。おいしかったので夏の間はなくなる度に何度か妻に買ってきて貰っていたが夏が終わると製品自体が店頭からなくなってしまった。塩キャラメルなので夏期間限定の商品のようだった。

塩キャラメルは夏限定でも標準品は年中あるはずと探してみると、昔ながらの12粒入りの黄色い箱のキャラメルや22粒入りの袋入りのものが見つかった。100円均一店では小ぶりの袋に大粒のキャラメルが7個入って100円の品もあった。

箱入り(12粒入り)、袋入り(22粒入り)、100均の袋入り(7粒入り)
Dsc01440  Dsc01441  

_
箱入りの粒は昔ながらの形で、22粒入りの袋入りは縦長の形をしている。100均のものは大粒で1粒が8.3gもあり箱入りの4.9gの1.7倍ある。
Dsc01443

_
ネットで調べて見ると発売は1913年と言うことで発売以来100年以上たっていることになる。最近はシェイクになった姿もテレビのCMで見かけた。

昔懐かしい味が今でも世の中に親しまれているというのは何となくうれしいものだ。

2016年10月23日 (日)

町内の文化祭

先日町内の文化祭が行われた。文化の日は11月だが文化の日前後は市の文化祭がいろいろと行われるので、町内の文化祭は日程が重ならないように毎年1ヶ月早めて10月に行われている。

期間も市の場合1週間ほどの期間で音楽の発表会や絵画や菊花などの作品展示などが行われるが、町内の場合は1日のみの行事で余技展や手芸教室や餅つき大会などが行われた。
Dsc01369  Dsc01368  

Dsc01379  Dsc01370

_
余技展は手芸品や工作品や写真や絵画などが出品されていた。私も水彩画を3枚出品したので午前中に会場へ見に出かけた。余技展と言っても他の出品者の絵は上手だ。
Dsc01366  Dsc01367  

会場では水引を使った手芸の講習会が行われていていたり、餅つき大会が行われてあんこ餅ときなこ餅が来場者に振る舞われていた。餅を食べたいなあと思ったが長い行列が出来ていてすぐには食べられそうにないのであきらめて帰ってきた。

絵の展示も1日限りなので夕方会場に引き取りに行ってきた。

2016年10月21日 (金)

ツワブキとシュウメイギク/2016

我が家の庭では毎年ツワブキとシュウメイギクが同じ頃に咲き出す。今年もツワブキのつぼみが開きかけてきたのでシュウメイギクはどうかなと思って見に行くと少し花が開きだしていた。ホトトギスの花も同じ頃だがまだつぼみなのでもう少し後になる。

ツワブキは名前にフキと付いているがフキとは全然別物のようだ。葉の見た目とか地面からの立ち上がり方が似ていると言えば似ているかもしれない。ツワブキも食用になるらしいが食べたことがない。

我が家のツワブキは2株あるが、1株は昔からあるものだが、もう1株はツツジの根元から生えていてツツジに絡まるように葉を伸ばしている。たぶん最初の株から飛んだ種がツツジの根元で発芽して育ったのではないかと思う。今では本家よりも葉も草丈も大きくなっている。
Dsc01427  Dsc01433  

_
シュウメイギクは以前は大きな株でたくさん白い花を咲かせていたのだが、洗濯物干し場を庭に作ったときに別の場所に移植してからは花の数が5分の1くらいになってしまった。株もあまり大きくなっていないので場所が良くないのかもしれない。盛り土をして少し高くなったところに植えてあるのだが水はけが良すぎて夏の間に水不足になっって枯れてしまうこともある。それでも今年も5つほど咲いてつぼみもまだ少しあるようなので期待しよう。
Dsc01430  Dsc01392  

_
先日コスモスを見に行ったときに見つけたシュウメイギクは集団で咲いていてとてもきれいだった。我が家のもこれの10分の1でも咲いてくれるとうれしいのだが。
Dsc_2676  Dsc_2679




 


2016年10月19日 (水)

蒲とセイタカアワダチソウとススキ

家の前の耕作放棄地の蒲の穂が先日とうとう何個かが破裂して種を撒き散らした。蒲の穂は全体が種と綿毛の塊で毎年10月の終わり頃になると弾けて種や綿毛を周囲に撒き散らす。ちょっとの刺激でも弾けるようになり周囲は綿毛だらけになってしまう。

これ以上綿毛だらけになるのもいやなので、先日刈り込み鋏を手に長靴を履いて耕作放棄地に入り蒲の穂を100本以上切り倒したがまだ倍以上ある。市役所へ苦情の電話をしたら先日ようやく所有者の人がきて蒲を切り倒していった。でも今度はセイタカアワダチソウの黄色い花が目立つようになってきた。
Dsc01398  Dsc01396  

_
我が家の前はセイタカアワダチソウは大繁殖中だが、世の中全般ではセイタカアワダチソウは一頃ほどの勢いがなくなっているようだ。最初に日本に持ち込まれたのは明治の頃だが大繁殖し始めたのは戦後のことのようで、20~30年前は空き地や川の土手などいたるところが背の高い黄色い花で覆われていてススキなども少なくなっていたが、最近はススキが勢力を回復しているのか黄色い花の勢力範囲が狭くなっているのか分布範囲は5分5分くらいに見える。
Dsc01406  Dsc01408  

Dsc01412

_
セイタカアワダチソウは根から他の植物の成長を抑制する物質を出すので在来の草が駆逐されてしまう上、在来の草よりも根を地中深く(50センチ以上)に張るため深い領域の豊富な肥料分を独り占めで吸収し2m以上まで成長出来たが、最近は肥料分を吸い尽くしたのと自分自身のの出す成長抑制物質によって繁殖にブレーキが掛かってきているそうだ。

その間隙を縫って在来種のススキなどが勢力を回復させつつあるのだそうだ。ススキはセイタカアワダチソウと違い根の周囲の土壌が改善され他の植物も繁殖しやすくなるため在来の草の復活にも一役買っているのだそうだ。

我が家の前の耕作放棄地ではこれまで田んぼとして利用されていてセイタカアワダチソウがなかったので、成長抑制物質が蓄積しておらず、地中の深い領域の肥料分も豊富にあることから大繁殖ができるのかもしれない。



2016年10月17日 (月)

京都・奈良方面バス旅行(2日目)

旅行2日目は奈良市内観光で最初の春日大社は全員で参拝をする事になっていたが、その後は自由行動となって東大寺や興福寺を参拝するしないはご自由にと言うことだった。

まず春日大社に到着して本殿に参拝をした。奈良には何度か来ているが寺巡りが主だったので、春日大社を訪れるのは初めてだ。朱色の山門や回廊が鮮やかだ。
Dsc03367  Dsc03369  

_
本殿をお参りした後南門から出ると若宮15社がある。春日大社の境内は広大で本社の他に摂社末社など全部で61社もあるとのことだ。散策しながら通路を歩いていると道案内板が立っていて新薬師寺まで500mと書いてある。

時間を確認すると集合時間までまだ40分ほどある。今回の旅行では自由行動の時に新薬師寺の十二神将参拝したいと思っていたので即新薬師寺に行くことにした。一緒にいた人のうちの6人も同行することになった。春日大社の境内を抜けて住宅地の中を歩いて行くと新薬師寺が見えてきた。新薬師寺はなんと言っても国宝の十二神将立像が有名で、薄暗い本堂内で本尊の薬師如来を丸く取り囲むように配置されスポットライトが当てられている。お堂の中の雰囲気も気に入っていて今回で4度目の拝観になる。同行した人たちも気に入ったようだった。
Dsc03374  Dsc01424  

_
拝観後集合場所の春日大社の駐車場のバスまで戻り、バスは東大寺の駐車場まで移動してここで自由行動となった。
東大寺の境内に入ると早速鹿がお出迎えだ。たくさんたむろしているが素通りして南大門まで来ると金剛力士像の阿吽の2体がこちらを見下ろしている。
Dsc03376  Dsc03382  Dsc03384  

_
大仏殿は本当に大きな建物だ。木造では世界一のはず?だ。この日のこの時間は「大仏さま秋の祭り」が執り行われると言うことでたくさんのお坊さんが並んで大仏殿に入っていった。大仏の正面で行われるので、一般観光客は正面でのお参りは出来ず横からのお参りとなった。
Dsc03390  Dsc03396

_
大仏様を横から見上げてお参りをしてきた。その後東大寺ミュージアムに入って、国宝の不空羂索観音立像、月光菩薩立像、日光菩薩立像などを拝観した。
Dsc03402  Dsc03407  

_
東大寺では戒壇院の四天王像も見たかったので、境内の西の方にある戒壇院まで足を伸ばして国宝の「四天王立像」を拝観した。広目天、増長天、持国天、多聞天の表情は真に迫るものがありいつ見ても感動する。
Dsc03411  Dsc01422  

_
最後は興福寺参拝だ。大きな五重塔には圧倒されてしまう。五重塔、東金堂を外から拝観して、国宝館に入ることにした。千手観音菩薩立像、阿修羅像、金剛力士像、銅像仏頭など国宝が目白押しで見応え抜群だ。
Dsc03416     Dsc03418   

Dsc01423

_

最後は集合時間を気にしながら見て回ったがなんとか全部見て回れたようだ。

奈良のお寺巡りは十数年ぶりで、以前は自家用車で自由に回っていたが、今回はバスツアーの中の限られた時間の中で拝観なので制約はあったが効率的に見ることが出来て久しぶりの仏様巡礼を楽しんできた。


2016年10月15日 (土)

京都・奈良方面のバス旅行(1日目)

10月14日・15日は地元神社の研修旅行と言うことで京都奈良方面のバス旅行に参加してきた。1日目は宇治平等院と宇治上神社と石清水八幡神社を見て回り、2日目は奈良の春日大社、東大寺や興福寺を見て回るコースだった。2日目は東大寺周辺での3時間ほどの自由時間が設定されていたので自分の見たいところをいくつか選んで見て回っので次回のブログで書くことにする。

1日目は宇治平等院、宇治上神社、石清水八幡神社のコースが設定されていて予定表に沿って順次見て歩いた。

地元を出発してから最初に着いたのは宇治の平等院だ。世界遺産の平等院鳳凰堂の改修が2014年に終了して赤い朱色の外観が鮮やかになっていた。以前来た時に見た古色蒼然とした佇まいも良かったが、創建当初の鮮やかさに蘇がえった姿もいいものだ。鳳凰堂の内部の拝観は時間制になっていて時間が合わなかったので断念したが外観だけでも十分見応えがあった。
Dsc03284  Dsc03287  

_
次に宇治川を渡って対岸に移動して宇治上神社を参拝してきた。宇治上神社も世界遺産に登録されている由緒ある神社で赤い鳥居の奥に拝殿、本殿などがあるが境内はそれほど広いわけではない。宇治上神社の手前に宇治神社というのもあってちょっと間違えやすそうだ。
Dsc03304  Dsc03313  

Dsc03321  Dsc03316  

_
最後は石清水八幡宮の参拝だ。石清水八幡宮は地元神社などの八幡神社の頂点に当たる神社で、京都と大阪の中間の男山の頂上にあり、木津川、宇治川、桂川が合流して淀川となる合流地点近くにあるため古くから政治的・軍事的な要衝とされてきたそうだ。
ケーブルカーに3分ほど乗ると男山の頂上付近に着き参道をしばらく歩くとようやく南総門と呼ばれる山門に着いた。山門をくぐると本殿が姿を現した。本殿は修復工事が終わって色鮮やかな姿をしていた。今年の2月に建物10棟が国宝に指定されたそうだ。
Dsc03332  Dsc03340  

Dsc03344  Dsc03347



 

2016年10月12日 (水)

2016年秋の薔薇園

気がつけばもう体育の日も過ぎている。薔薇園の秋のバラがもう咲いているはずだと思って昨年の10月のブログを見てみると昨年は10月6日に見に行っているようだ。昨年は開花時期が例年より少し早かったので、今年が例年並みならちょうど見頃のはずだと出かけてみた。

金沢南総合運動公園内にある薔薇園に着いてみるとたくさん咲いているがどれもみな花びらが痛んでいる様子だ。先週の台風の雨で痛めつけられたのかもしれない。それでも雨の後に開花した花もありきれいに咲いているので目の保養になった。

あいにく園内は消毒の薬剤散布作業の最中で入り口には入らないでくださいと看板があったが薬剤散布作業の邪魔にならないように園内をさっと手早く見て回った。看板のせいか園内を見て回る人は普段ならもう少し多いのだがこの日は数人しかいなかった。
Dsc_2853  Dsc_2783  

Dsc_2713_3  Dsc_2716

Dsc_2718  Dsc_2727

_
Dsc_2848  Dsc_2743  

Dsc_2768  Dsc_2762  

Dsc_2849  Dsc_2776

Dsc_2838  Dsc_2758

Dsc_2813  Dsc_2750  

Dsc_2748  Dsc_2731  

やっぱりバラの花はきれいだ。品種改良で形や色など何千種類とあるんだろうがつぼみから少し開き始めた頃のバラが一番バラらしい。  

通路沿いのバラの枝の所々に枝を切らないでくださいとタグが付けられていた。よく見るとタグの先端側の枝が誰かに切り取られているようだ。数年前に多発していてしばらく発生していなかったようだが、まだこんなことをする人がいるようだ。

2016年10月 9日 (日)

水彩教室28

8月から9月にかけては絵の題材になる花が少ない。花屋さんに行けばそれなりにあるが温室栽培の園芸種の花だったりしてきれいだけれどあまり季節感がない。道の駅に行くと近くの農家が畑で作った花などを持ち込んでいるので季節感のある花が多い。

9月は自宅に咲いていた芙蓉の花と種から育てた花茄子がきれいだったので持って行って描いてみた。次の教室では自宅の庭を見渡しても花らしい物がないので、お隣の庭から我が家の庭に枝を伸ばしていたキンモクセイをちょっと失敬して一枝を切り取って持って行った。ほかの生徒さんが持ってきたムラサキシキブを一枝分けて貰って合わせて描いてみた。この時期は大きな花は少なくて小さな粒々の花や実などが秋らしさを表しているようだ。
Dsc03221       Dsc03219    

_
建物シリーズは今回は2枚。街中の建物を描いているが、味のある古建物は何枚も描いてしまったので残り少なくなってきたようだ。新しい建物を描くとどうしても建築パースみたいになってしまって面白さがない。
Dsc03215  Dsc03226  

_
風景は今回は1枚だけ。小松市の荒俣峡の渓流の絵だが、写生をしようかとも思ったが最近は県内でも熊の出没が多くなっているので長居をせずに写真を撮って自宅で描いた。写真を撮るだけでも物音がすると熊ではないかとヒヤヒヤしながら何枚か写真を撮った。
Dsc03222

_
いつも絵の題材を探しているが、今回は地元の神社の行事を少し絵に描いてみた。鳥居の絵は緑が濃くなった7月頃の神社。枝垂れ桜に巫女達の絵は4月の春祭りの時にきれいに咲いた枝垂れ桜を見て巫女さん達がはしゃいでいるところ。神社の役をしていることもあって神社にはよく行っているので季節毎の神社も少し描いてみようかな
Dsc03218  Dsc03216  

_
次の2枚は9月の秋祭りのお神輿が町内を巡行している様子。1枚目は男達がお神輿を担いで大通りを行く様子。2枚目は町内の各所でお神輿を止めて神主がお祓いをして巫女が神主の笛太鼓に合わせて巫女舞いを奉納している様子。絵に人物が入ると面白さが出るようだ。
Dsc03253  Dsc03254  


2016年10月 7日 (金)

台風18号への飛散防止

台風18号が能登半島沖を通過して温帯低気圧になったのは2日前の10/5の午後9時頃のことだが何だが随分前のことの様に思えてしまう。台風に備えて慌てて飛散防止の対策をしたのに、のど元過ぎれば熱さを忘れるのようで締まらない。

台風18号が沖縄付近にいる頃から予想進路として北上から東に向きを変えて日本海を進むコースで石川県に上陸するかもしれないとテレビでも放送されていた。しかもかなり勢力の強い台風で勢力を維持したまま直撃しそうな感じだった。これまでも台風が日本海を通過すると強い南風が吹くことが多かったので、5日の午前中に家の周囲の点検をして風で飛んでしまいそうなものを片付けることにした。

小さな鉢植えは玄関の中や洗濯物干し場のサンルームの中に避難させ、プランタは建物の陰に避難させた。
Dsc_1376  Dsc_1379  

Dsc_1377  

_
5月の爆弾低気圧が日本海を抜けたときにひっくり返った簡易温室は底の部分にコンクリートブロックを3個入れて重たくしてひっくり返らないようにした。5月の時は玄関庇を支える柱に縛り付けたのだが、柱の根元が朽ちていて逆に柱がズレてしまったので今回は縛り付けないことにした。修理したばかりの柱がまたズレてしまったら大変だ。
Dsc_1378

_
その他の飛びそうな物は物置に入れることにしたが、物置も満杯状態なので良い機会だと思って不要品を整理して処分し、空けたスペースに外に置いていた飛び散りそうなものを避難させることにした。

Dsc_1368       Dsc_1371

_
空けたスペースに一時避難の物を突っ込んだら手前まで満杯になってしまった。
Dsc_1380

_
台風の最接近は0時頃と言われていたが、夜の8時半~9時頃が一番風が強くて、先日作った車庫の波板囲いが心配で様子を見に外に出たら、なんと簡易温室がまたまたひっくり返っていた。重しのブロック3個でも足りなかったようだ。今回も建物の窓枠に引っかかって途中で止まっていてガラス割れもなかったのでそっと起こして風の強い間ずっと手で支えていた。

波板の囲いはがっちりしていて強風でも微動もしない様子だったので安心したが、もし作り直していなかったら柱が朽ちていたので風圧で吹き飛んでいたかもしれない。
とにかく被害がなかったのでやれやれだ。

2016年10月 4日 (火)

一本の川に二つの名前?

数日前気持ちの良い秋晴れなのでまた木場潟へウォーキングに出かけた。青空に秋の鰯雲が出ていてやけに空が高く見える。赤トンボもまだ多くはないが見かけるようになってきた。彼岸花やコスモスも咲いていて秋もたけなわだ。
Dsc01319  Dsc01294  

Dsc01286  Dsc01316  

_
周回路を歩きながら秋を感じていたのだが面白いことに気がついた。中央園地から北園地に向かう途中に、木場潟に流れ込む川を渡るほだぎ橋という橋がある。

普段はあまり気にも止めずに通りすぎるのだが、この日は橋の手前に川の名称の書かれた看板を見てこの川は「山代橋川」と言うんだと思って橋を渡り切ったらもう一つ看板があった。看板には「坊川」と書かれている。
Dsc01324  Dsc01328  

_
あれ?何で?と思って橋の方に引き返して流れ込む川の方を見ると確かに二本の川が流れ込んでいる。橋の反対側に移動して木場潟の方を見ると一本の川が流れ込んでいる様に見える。以前からこの川を一本の川だと思っていたので、中州が大きいなと思っていたのだが、どうも中州ではなくて別々の川のそれぞれの土手だったようだ。二本の川が橋の下で一本に合流して木場潟に流れ込んでいるようだ。
Dsc01326  Dsc01327

_
ちなみに山代橋川側の橋の名称は「ほだきばし」と平かな表記だが、坊川側から見ると橋の名称は「榾木橋」と漢字表記になっていた。榾木って何?と思って検索してみたらシイタケを栽培するときに種菌をつける原木と出てきた。
Dsc01329

_
この日も北園地の秋咲き桜がきれいに咲いていた。
Dsc01335


2016年10月 2日 (日)

コスモス街道

今日は久しぶりに秋晴れになったので、大倉岳高原スキー場へコスモスを見に出かけた。でも時期が少し遅すぎて花が終わってしまったのかほとんど花が咲いていない。背の低いキバナコスモスはたくさん咲いているがピンクのコスモスはまばらにしか咲いていない。

大倉岳高原スキー場は以前はコスモスの定番スポットだったはずだが、最近はあまり整備に力が入っていないように見える。毎年見に来ているが年々花の数も減っているようだし周囲の雑草に埋もれてしまっていて全体にショボくなってきている。コスモスまつりが昨年まで行われていたが今年は行われたのかさえよく分からない。これだけの花数ではまつりともいえなさそうだ。
Dsc_2667  Dsc_2660  

Dsc_2663  Dsc_2664  

Dsc_2668  Dsc_2666

_
大倉岳高原スキー場に向かう道沿いに所々コスモスが群生しているところがある。この道はいわばコスモス街道だ。最近はこの街道沿いの方が目的地の高原より花がきれいかもしれない。街道は高原より標高が低い分花期が遅いのかもしれない。

そういえば昔「コスモス街道」という歌があったことを思い出したがメロディも歌詞も思い出せない。狩人の歌だったと思うけれど。
Dsc_2700  Dsc_2699  

Dsc_2701  Dsc_2702

Dsc03232  Dsc03236  

Dsc_2688

_
道路沿いにはシュウメイギクもたくさん花を咲かせているところがあった。我が家のシュウメイギクはまだつぼみだがこれから咲き出しそうだ。
Dsc_2676  Dsc_2678



   

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »