無料ブログはココログ

« 紅葉の七つ滝と炭焼き小屋 | トップページ | 冬タイヤへの交換/2016 »

2016年11月25日 (金)

水彩教室29

今月で水彩画を習いだして丸2年になる。仕事を辞めると時間が有り余っているので何かしなければと思っていたが、仕事を辞めて1年後に透明水彩画を習い始めた。絵は高校の美術の時間に描いて以来50年近く描いたことがなかったが、習い始めるとなかなか面白いし奥が深い。

最初はなかなか思うように描けなかったが先生から枚数を描けば上達すると言われたのでなるべくたくさんの枚数を描くことにしている。構図や形を捉えて描くことはそれなりに出来るようになってきたが、筆の使い方や色使いや混色の仕方が思うように出来ず画面の色が濁ったり色がきれいでなくなったりしてしまう。筆のタッチも大切で先生の絵や本で見る画家の作品はきれいなタッチで描かれているが自分の絵を見るとタッチが雑できれいでない。

教室や家で描いた花や果物の静物画 4枚
Dsc03424         Dsc03432

Dsc03427           Dsc03776

_     
地元町内の古建物シリーズの最後の1枚 
町内のある地区の地蔵堂と呼ばれる小さな社でささやかなお祭りが行われている。
Dsc03425

_
同じ市内だが山間の集落の絵 4枚
絵の先生がこの集落には古い木造の建物が多く残っていると言っていたので早速出かけてきて何枚か写真を撮ってきて絵を描いた。
Dsc03788  Dsc03779  

Dsc03792  Dsc03795  

_
別の集落の神社の絵  1枚
急な斜面に5層の石垣が積まれてその上に神社がある。なかなか古そうな佇まいだ。
Dsc03789

_
木場潟の風景 1枚
木場潟南園地の浮き桟橋上から陸地側のポンプ棟を見たところ
Dsc03778  

_
静物画はモチーフの調達に苦労するが、風景画は風景を求めてあっちこっち走り回る必要がある。どっちにしても題材集めるのは大変だ。

« 紅葉の七つ滝と炭焼き小屋 | トップページ | 冬タイヤへの交換/2016 »

趣味」カテゴリの記事

水彩画」カテゴリの記事

コメント

うまいな~

お堂の旗のひらめきなんか、いい感じ
浮き桟橋の水の反射などもいい感じです

芸術は、見たり聞いたり楽しみますが、自分ではまったく苦手・・・学問すべてなにも得意はないですね

シカゴ美術館・ボストン博物館・メトロポリタン美術館・MOA・グッゲンハイム・ゴッホ美術館などは一応行ってますが・・・・

こんばんは。
いちろさんの絵すごいですね。
毎回驚かされます。
特に目を引いたのが赤い旗のある絵。
屋根の瓦が写真かと思うくらいです。
旗のなびき方や赤白の幕もすごいと思いました。
いや~、驚きです。

uegahara さん こんばんは

最近1年くらいは町内外の古い建物をたくさん描いたので、
建物などのある風景は見えたように写実的に描けるようになってきましたが、
絵は写実的に描くことが必ずしも芸術的というわけではないようです。
芸術的に描くというのはもっとプラスアルファの何かが必要なようです。


海外の有名美術館をたくさん見られているんですね。かなり目が肥えてそうですね。
芸術的な作品というのは凡人の作品とどこが違うんですかね。

はやぶさ さん  こんばんは

お褒めいただいてありがとうございます。

お堂の絵は普通建物の絵ではあまり使わない原色の赤色を
旗や幕に使っているのですごく目を引きますね。

建物だけでなく人物も描いたので地域の生活感などが出てよかったかなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水彩教室29:

« 紅葉の七つ滝と炭焼き小屋 | トップページ | 冬タイヤへの交換/2016 »