無料ブログはココログ

« 今年もシクラメン ゲット!! | トップページ | 妻のノートパソコンの買い換え »

2016年12月 5日 (月)

チューリップの球根の植え付け/2016

そろそろチューリップの球根を植えなければと思っていたがなかなか良いタイミングがなくて伸ばし伸ばしになっていた。雨の日はやりたくにいし晴れた日は外出したくなるので出来ない。でもタイムリミットも近づいているので先日の曇りの日に少し風は冷たかったけれどプランタ10個と植木鉢3個にチューリップの球根を植え付けた。

5月の終わりに掘り出して洗って乾燥し保管しておいた球根と新たにホームセンタで購入した球根を準備し、数日前に土に肥料などを混ぜて準備しておいたプランタと鉢を一箇所に集めた。保管していた球根は全部で250球あったが、約50球が干からびていて使い物にならない。残った球根の内SSサイズのものが約50球あるが小さすぎるので保留にすると保管分で使えるのは150球になる。新しく購入したものが約50球なので全部で200球を13個のプランタと鉢に植える事になる。保留したSSサイズは数が足りないときに使うことにした。
Dsc_1486  Dsc00533  

_
球根の大きさや色などを考慮してプランタの上に球根を配置してみたところ。
Dsc_1489  Dsc_1491  

_
配置が決まったらシャベルを球根の置いてある場所に垂直に突き刺して手前に数センチ引いて深い隙間をあけその隙間に球根を埋め込む。こうすると配置してある他の球根の位置あまりずらさずに植えていくことが出来る。

全部植え付けたところ。
Dsc_1492

_
今回植えるのが少し遅れたせいで、購入した球根も保管していた球根も待ちきれないのかほとんどが5ミリほど芽を出していた。発芽していないのは干からびたものだけだった。

チューリップは最低気温が一定温度以下になると発芽のスイッチが入るので、外の物置の中が寒くなってまだ植えていないのに発芽し始めたのだろう。

« 今年もシクラメン ゲット!! | トップページ | 妻のノートパソコンの買い換え »

チューリップ」カテゴリの記事

コメント

すごいですね~
量と保管・・毎年残せる
だんだん小さくなって消えてしまうのに、毎年咲かせるのは立派

畑に水仙が2種類あるので、球根で植え替えようとしていたら、色がわからなくなってしまった。

間違えないように球根管理するのは、コツがいりますね

uegahara さん こんばんは

毎年花の後球根を掘り出して保管し、12月頃に植えると4月頃にまた花が咲きます。
毎年繰り返していると球根もプランタの数も増えてしまいました。

球根のサイズは毎年少しずつ小さくなるので3~4年すると使えなくなります。
そのため毎年球根を少しずつ買い足しています。

色の管理は以前はしていましたがそのうち分からなくなってしまったので
今はごちゃまぜにしています。新しく買ったのだけは色の考慮して配置しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューリップの球根の植え付け/2016:

« 今年もシクラメン ゲット!! | トップページ | 妻のノートパソコンの買い換え »