無料ブログはココログ

« 山茱萸の花 | トップページ | 杏(あんず)もボケも咲き出した »

2017年3月23日 (木)

沈丁花が咲き始めた

お彼岸も過ぎて春の陽気になって来たのか、庭の沈丁花が咲き始めた。沈丁花はどちらかというと地味な花だが匂いのある花で近づくと甘い匂いが漂ってくる。この花が咲くと何となくユーミンの「春よ、こい」の一節を鼻歌で歌っていたりする。条件反射なのかな。
三つ葉ツツジも紫色の蕾が大きくなってきたようだ。蕾が小さかったときの茶色の皮を先端にくっつけたまま蕾が膨らんでいる。冬の間から小さい花の房が出来ていた馬酔木もここ^へ来て白い花の房を咲かせ始めた。
Dsc02421  Dsc02426  

Dsc02423

_
天気がよいので春用のジャンパーに着替えて近場のウォーキングコースの田んぼ道を歩いてみると枯れた雑草の下から新しい草の芽や花がいろいろ出ている。ツクシは集団で地面を覆うようにたくさん顔を出しているし、黄色の花を咲かせているのはリュウキンカだろうか。
Dsc02440  Dsc02432  

群生しているピンクの花はヒメオドリコソウという雑草のようだ。蕗のとうもたくさん生えている場所がある。
Dsc02450  Dsc02484  

水仙はいろんな所に自生して花を咲かせている。種類もいろんな種類がある。
Dsc02431  Dsc02479

_
散歩コースの途中に黄色い花がたくさん咲いているので近づいてみると山茱萸のようだ。先日墓参り時に見たものより木も大きく木の数も多いのでよく目立つ。
Dsc02444  Dsc02451  

_
東京では先日ソメイヨシノの開花宣言があったが、いよいよ桜の季節が始まる。3月末からしばらくは桜の追っかけで忙しくなりそうだ。

« 山茱萸の花 | トップページ | 杏(あんず)もボケも咲き出した »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

季節の違いがこことあまりないですね~

沈丁花、当家はピンクです
つくし・・堤防でみなさん熱心に採集されています
水仙・・咲いていますよ

今年は、石川県で大学同窓会開催との記事が母校通信にありました

uegaharaさん こんばんは

冬なら季節の違いもあるんだろうけれど春はそれほど違いはないでしょうね。
植物の場合温度より明るさや日の長さに反応して成長する場合もありますね。
沈丁花 つくし 水仙 同じようにでているんですね。


県の同窓会は出たことないです。ゼミの同窓会は毎年してますが1回しか出たことないです。

同窓会

そうですね~、行っても知り合いが全くいない。名刺交換するビジネス目的の人も多いので、自分もほとんど行ってない。

ゼミ同窓会があるのは優秀ですね~。うちはないですよ。
行って懐かしい、楽しい思い出になるならいいのだが・・むつかしいですね

法学部H行の仲間はそれなりに懐かしいですね
下宿仲間は特に・・・

今年は、金野方面に鉱山探索に行けるかな~?
今年になって、肘がチクチク~ズキズキ痛くて歩きにくい

はやく元気になりたい、夏の鮎もやりたいし~

uegaharaさん こんにちは

県の同窓会は年代も範囲も広すぎて知っている人はほとんどいないと思います。

ゼミの同窓会は毎年行われていて4年ほど前に一度参加してみましたが、
10人ほどの出席でしたがほとんど顔と名前が一致しませんでした。

そのとき下宿の辺りも行ってきましたが、随分と様変わりしていましたが、
下宿の建物はリフォームされて残っていました。近くの池もありました。

鉱山探索が趣味というのもすごいですね。こちらには金野、金平、尾小屋、遊泉寺など鉱山跡がよくあります。資料館もいくつかあるようです。

暖かくなってきたので野外活動開始ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沈丁花が咲き始めた:

« 山茱萸の花 | トップページ | 杏(あんず)もボケも咲き出した »