無料ブログはココログ

« 白山市松任グリーンパークの桜 | トップページ | チューリップも紫木蓮もさらに華やかに!! »

2017年4月18日 (火)

能美市内の桜・古墳群の桜/2017

春の嵐が通り過ぎて強風と雨で今年の桜もほぼ終了だ。4月5日頃に開花してから約2週間。途中花冷えもあって例年より少し長く桜を楽しめたようだ。4月に入ってからは開花前も含めて地元の桜スポットを訪ね歩いてブログに掲載してきたが、今回で一連の桜関連の記事は一区切りだ。もっとももうしばらくすると八重桜が咲くのでそれはそれでまた訪ねて見るつもりだ。

 

今回は一連の桜探訪記事の最終回として、地元の市内の桜を記事にすることにした。市外の名所の桜と違ってスケールがやや小さくなってしまうが、改めて見直すと地元もよい桜スポットがあるものだと再発見する。

 

能美市内には多数の古墳があり能美古墳群とされている。いくつかの小高い丘陵に約60基の古墳が築かれていて国指定の史跡となっているものもある。その丘陵の裾や斜面には山桜やソメイヨシノが植えられていて春には華やかに花を咲かせる。

 

和田山古墳群の桜  丘陵の山裾を彩っている。

 

Dsc_3466  Dsc_3470

 

 

 

 

 

 

Dsc04475  Dsc_3473

 

 

 

 

 

 

 

_

 

こちらは末寺山古墳群の桜。山の北斜面に大きな山桜が斜面全体を覆うように枝を広げている。

 

Dsc04471  Dsc04473

 

 

 

 

 

 

_

 

こちらは隣接する集落の神社の桜。こんもりとした鎮守の森の脇に桜が咲いている。

 

Dsc_3610

 

 

 

 

 

_

 

30数年前に廃線になった北陸鉄道能美線の線路跡に植えられた桜。延々と桜並木が続いている。それと交差する道路に植えられた枝垂れ桜の濃いピンクがきれいだ。でも交通の安全のためか垂れた枝は切られておかっぱ頭のようになっている。

 

Dsc_3483  Dsc_3477

 

 

 

 

 

 

_

 

市内の高校の校庭の桜と用水沿いに植えられた桜と近くの空き地に植えられた桜。いずれも日頃見慣れたところにあるが、花が咲くと違う景色に見えてしまうから不思議だ。

 

Dsc_3620  Dsc_3699

 

 

 

 

 

 

Dsc_3692

 

 

 

 

« 白山市松任グリーンパークの桜 | トップページ | チューリップも紫木蓮もさらに華やかに!! »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能美市内の桜・古墳群の桜/2017:

« 白山市松任グリーンパークの桜 | トップページ | チューリップも紫木蓮もさらに華やかに!! »