無料ブログはココログ

« 手取川堤防の桜/2017 | トップページ | 今年もチューリップの記念撮影 »

2017年4月14日 (金)

石川県林業試験場樹木公園の桜/2017

県内の桜は平野部のものは満開から散り始めの状況だが、林業試験場の樹木公園は白山市の山間にあるので開花も満開も平地よりは1週間ほど遅い。今日の朝刊の桜情報に満開になったと出ていたので早速出かけてみた。

平日だが晴天で暖かさが戻ってきたので、中央広場では保育園児が先生と一緒に遊戯をしていた。介護施設の高齢者も職員に連れられて訪れていて桜を楽しんでいた。高齢者グループや高齢者の夫婦連れなどの一般の花見客も次々と訪れていて今度の週末は家族連れで賑わいそうだ。

樹木公園は石川県の林業試験場の付属施設なので、研究のために園内には130品種約900本の桜が植えられている。早咲きの品種から遅咲きの品種まで大概の品種がそろっているが今満開になっているのはソメイヨシノが主だろう。中央広場にある濃いピンクの枝垂れ桜はまだ1分咲きくらいでほとんどがつぼみの状態だった。それでも白色のソメイヨシノの中でまだツボミでも濃いピンクは存在感がありきれいだ。
Dsc_3507_2  Dsc_3578  

Dsc_3516  Dsc_3546

_
ソメイヨシノ以外にも何種類も咲いていたが、ピンクの強い品種ありたくさん花をつけていたので近寄ってみると寒緋桜(カンヒザクラ)と書かれた札が付けられていた。沖縄では1月頃に咲くようだがこちらでは今頃咲き始めている。もう一つの方はオカメと書かれた札が付いている。オカメザクラという品種のようだ。
Dsc_3534  Dsc_3528  

_
林業試験場の建物の周辺にはカタクリが自生していてちょうど花を咲かせていた。春の妖精と呼ばれるのも納得の可憐さだ。
Dsc_3558  Dsc_3551  

_
樹木公園へ行くために能美市側から天狗橋を渡って鶴来バイパスを右折すると道路の右側にピンク色の桜並木が続く。色が濃いのでインパクトがある。ソメイヨシノよりも色が濃いので彼岸桜の一種かもしれない。
Dsc_3493  Dsc_3488


 

« 手取川堤防の桜/2017 | トップページ | 今年もチューリップの記念撮影 »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石川県林業試験場樹木公園の桜/2017:

« 手取川堤防の桜/2017 | トップページ | 今年もチューリップの記念撮影 »