無料ブログはココログ

« 朝顔の発芽 | トップページ | 倉ヶ岳ドライブ »

2017年5月24日 (水)

君子蘭の植え替え/2017

今年は室内に置いていた君子蘭が全然花を付けなかった。昨年も花数が少なくてだんだん減りの感じだ。花の咲かない原因をネットで調べてみると、夏場に葉を痛めたり冬場に十分な低温期がなかった場合や植え替えをしなくて根詰まりになっていると花が咲かないと書いてある。葉はそんなに傷んでいないし低温期も問題ないが、植え替えはしばらくしていないので根詰まりかもしれない。

そこで植え替えることにしたが、植え替えの手順書ではよく一回り大きい植木鉢を用意すると書かれているが、これ以上鉢を大きくしたくないし数も増やしたくない。これまで手順書の通りしていたら知らぬ間に鉢の数が7個になったし植え替えるたびにサイズアップしている。もう置く場所もないので、木の剪定と同じでここでも現状維持もしくはダウンサイジングが原則だ。
Dsc_1698  Dsc_1699  

_
株を鉢から出してみると根がとぐろを巻いている。土を落として根をほぐしていくと死んでしまった根の残骸がバラバラと落ちてくる。根の中心部を覗くと古い根の残骸があるので取り除き、斜めや上に伸びて絡まっている根を切り落としてすっきりさせた。土は古い土を使用することにしたが、腐った根の残骸を取り除いて市販の「君子蘭の土」を増し土して元の植木鉢に植え付けた。混み合っている根を少し整理したので元の植木鉢でも問題ないようだ。同じ要領で室内の君子蘭4鉢を植え替えた。

続いて室外の簡易温室に置いてある3鉢を植え替えたが、こちらは葉は日焼けして黄色っぽくなっているし、冬の寒さで葉が傷んでいるが根の状態は良くて死んだ根は全くないし元気な根が鉢の中にぎゅうぎゅうになるくらい詰まっていた。葉は傷んでいるが花もたくさん咲かせたし、植物としての状態はこちらの方が上のようだ。ただ鉢をサイズアップするわけにはいかないので元気な根を少し整理して元の植木鉢に植え替えた。

根の問題は対処したが、花を付ける前の日当たりや肥料などの管理もしないと花はうまく咲いてくれないようだ。

植木鉢にたっぷり水をやって、室外の日陰の場所でしばらく養生させることにした。
Dsc_1700

« 朝顔の発芽 | トップページ | 倉ヶ岳ドライブ »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

君子蘭と同じかどうかわからないが、グアムなどでは似たようなのが下草のように植えてあった。

うちの君子蘭も咲かなかったが、土を入れ替えたら今年はいくつか咲きました。

新しい小さな株を別の植木鉢に入れていくと、いっぱい鉢ができてしまった

金のなる木もいっぱいできてしまったが、こちらは全く金にならない(笑)

置く場所に困るな~

ミニトマトの脇芽が大きくなってきたのでちぎってポットに入れたが
30ほど順調に根付く雰囲気
植える場所がないので、困った~
玉ねぎの収穫が終わったら、そこに植えてみよう。それでも10本ぐらいしか植えられないな~

そちらにミニトマトがあれば、脇芽が20cmぐらいのを手でちぎってポットに入れて水やり日陰で養生すると根付いて買ってきた苗のようになると思いますよ

uegaharaさん こんばんは

君子蘭の土を変えたら花が咲きましたか。うちのも来年は咲くのかな。

植え替えで問題なのは、解説本は必ず「株分けしろ」とか「一回り大きいサイズの鉢に植え替えしろ」とか書いてあるけれどその通りやっていると鉢の数が増えて置き場がなくなってしまうことです。

ミニトマトの脇芽を取っていますが、挿し木で大きくしても残念ながら植える場所がありません。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君子蘭の植え替え/2017:

« 朝顔の発芽 | トップページ | 倉ヶ岳ドライブ »