無料ブログはココログ

« 今度は高野山(たかのやま)に登ってきた | トップページ | 金沢南総合運動公園の薔薇園/2017 »

2017年5月14日 (日)

レンゲ畑/2017

市内にある田んぼには肥料にするために毎年レンゲなどの種が撒かれて4月終わりごろから田んぼ一面が花畑のようになるところがある。ところが毎年場所が変わるので場所が見つからないことがある。今年も4月終わり頃に一応予想して見に出かけたのだが見つからず今年はやらないのかなと思っていたら、先日通りかかった道路の横が一面の花畑になっていた。

車を道路の端に止めて見ると周囲の田んぼがピンク色と赤色と薄紫色に染まっている。この場所は前にも咲いていた場所だが4月に見て回った時は花が咲いておらず気が付かなかったのかもしれない。

ピンクはレンゲ畑だ。子供の頃は周りの田んぼは全部レンゲ草が植えられていたが最近は本当に見かけなくなった。
Dsc_4293  Dsc_4294

_
レンゲ畑の次は真っ赤なクリムソンクローバーが一面に咲いている。強い赤色はインパクトがある。赤い苺が空に向かっているような花だ。
Dsc_4301

Dsc_4297  Dsc00333

_  
これで終わりかなと思ったら黄色に色づいた麦畑をはさんで薄紫色のハゼリソウが咲いていた。麦畑も入れると、ピンク色、赤色、黄色、薄紫色となかなかカラフルな田園風景だ。
Dsc_4307_3    

Dsc_4304  Dsc_4305

_
この辺りは作付けする作物を毎年ローテーションしているようで、米以外の作物を作付けする場合に肥料用に種をまいて最終的に土に鋤き込むようにしているので毎年場所が変わるのだろう。



« 今度は高野山(たかのやま)に登ってきた | トップページ | 金沢南総合運動公園の薔薇園/2017 »

花探訪」カテゴリの記事

コメント

かって岐阜県はレンゲ畑がいっぱいありましたが、最近ではあまりみかけない。どうも、自分たちの食べる稲作用には天然肥料としてのレンゲ、売り物用は化学肥料ではなかろうかと考えてしまいます。そちらは、いろんな草を肥料としたり、地力回復に使っているようで、作物は安心安全ではないでしょうか?
それにしてもカラフルな畑でいですね~。

uegaharaさん こんばんは

最近レンゲ畑はほとんど見なくなりましたね。
この区域の田んぼは専業農家が地主から借り上げ大規模農業を行っています。
計画的に米や大豆・他などの作付け作物をローテーションしていて、
大豆などの時に天然肥料を利用しているのだと思います。
稲の場合4月中に田の準備が始まるのでタイミングが合わないのかな。

最近は有機栽培の作物の方が売れるというのもあるのかもしれませんね。

カラフルな畑は景観保全にも役立っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンゲ畑/2017:

« 今度は高野山(たかのやま)に登ってきた | トップページ | 金沢南総合運動公園の薔薇園/2017 »