無料ブログはココログ

« 市の文化祭/菊花展 | トップページ | 荒俣峡の紅葉 »

2017年11月 5日 (日)

水彩教室36

今回は秋の花と果物の絵が大半になってしまった。教室には毎回モチーフにする花を持って行っているが、なるべくなら季節を感じられる花がよい。花屋さんの店先で売っている花にも季節は感じられるが、温室栽培だったり別の地域で栽培されたものだったりで、当地の季節とは微妙にずれている。

その点自宅の庭や近くの空き地に咲いた花は季節感が一杯だ。道の駅に並べられている地元の農家の畑で栽培された花もリアルタイムの季節感がある。

_
水彩教室で描いた絵2枚
彼岸花は河川敷に自生していたものを数本手折ってきたもので、光沢のある花びらや糸状のおしべがきれいだ。2枚目は自宅に咲いた芙蓉の花に道端にあったススキを組み合わせてみた。
Dsc06294        Dsc06293     

_
自宅で描いた花の絵4枚
_
道の駅で買ったケイトウとコスモスを別々に描いてみた。
Dsc06387        Dsc06305

_
水彩教室で別の生徒さんが持ってきたユリの花を写真に撮らせてもらって家で仕上げた。
Dsc06299        Dsc06378     

_
野菜と果物の絵 2枚
秋は実りの季節で秋茄子やトマトやピーマンは時期的には終わりに近い。代わって柿やザクロなどの果物は最盛期だ。
Dsc06301  Dsc06382

_
山間の旧街道沿いの街並み風景画 1枚
Dsc06307






« 市の文化祭/菊花展 | トップページ | 荒俣峡の紅葉 »

水彩画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水彩教室36:

« 市の文化祭/菊花展 | トップページ | 荒俣峡の紅葉 »