無料ブログはココログ

« 地元の桜/2018 | トップページ | 水芭蕉/2018 »

2018年4月 8日 (日)

県林業試験場樹木公園の桜

白山市の樹木公園には桜が130品種900本があるそうだ。毎年訪れている桜の名所で、今年まだ行っていないのはこの樹木公園だけになった。少し山間にあるため毎年平地の桜よりも数日遅く満開になる。今年は新聞の桜情報では6日に満開と出ていたが、ちょうど6日からは天候が崩れて雨や強風になったため出かけるのを控えていたが、今日は午後から少し晴れ間が出たので樹木公園に行ってきた。

平地の桜はほとんどが散り始めていて見頃を過ぎてしまったが、樹木公園は山間にあるのでまだ見頃であることを期待して出かけた。平地でも寒かったが樹木公園でも外気温が6度と冬並みの寒さだった。今朝は雪が降ったようで桜の根元には雪が薄く積もって白くなっている。寒さのおかげで桜は散り始めているがまだ見られる状態を維持していた。

広場の端に濃いピンクの枝垂れ桜が2本ありちょうどきれいに咲いていた。芝生の白いのは今朝降った雪でとにかく寒かった。
Dsc08256  Dsc08263  

_
こちらはソメイヨシノの大木で、根元の園路は散り始めた花びらで白くなっている。
Dsc08349  Dsc08269    

Dsc08298  Dsc08297

_
園内にひときわ目立つ濃いピンクの花が満開に咲いていたのは寒緋桜で、1本だけだがすごく存在感がある。
Dsc08280  Dsc08284  

_
帰る途中手取川の堤防沿いにピンクの桜が咲いていた。近くの山は今朝の雪で白くなっている青い山をバックにピンクと白の桜がきれいだった。。
Dsc08375  Dsc08373  

_
今年の桜紀行は花期が遅い八重桜を除くとこれが最後になる。当地の桜前線はもう過ぎ去ろうとしている。今年の桜は満開の見ごろが4月2日から5日までしかなくとにかく期間が短かった。満開の見ごろがウイークデイだけだったようだ。次は八重桜だが、いつごろから咲き始めるだろうか。

« 地元の桜/2018 | トップページ | 水芭蕉/2018 »

桜紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県林業試験場樹木公園の桜:

« 地元の桜/2018 | トップページ | 水芭蕉/2018 »