無料ブログはココログ

« スズランと庭の花 | トップページ | 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 »

2018年5月 2日 (水)

倶利伽羅不動寺鳳凰殿の花

石川県と富山県の県境にある倶利伽羅峠は、源平合戦で木曽義仲が「火牛の計」を行った古戦場として有名だ。近くには日本三不動の一つ倶利迦羅不動を本尊とする倶利伽羅不動寺がある。今年は開山1300年となる。

倶利伽羅峠一帯には八重桜が6000本植えられていて、毎年5月連休の頃には八重桜祭りが行われているが今年は桜が早かったのでもうすでに散ってしまったようだ。倶利伽羅不動寺には、倶利伽羅峠にある本堂(山頂本堂)のほかに数Km離れたところに西の坊鳳凰殿というお堂がある。ネットで調べてみると、鳳凰殿も八重桜がたくさん植えられているが、そのほかにも牡丹や石楠花やつつじや藤などがたくさん植えられている庭園があって連休頃には花盛りになるとあった。そこで妻の新車の慣らし運転もかねて出かけてみた。

倶利迦羅不動寺鳳凰堂は、創建時にあった七堂伽藍や十二ヶ寺の復興事業として平成10年に復興されたものでヒノキ造りの平等院鳳凰堂のような作りの建物だ。周囲や裏の庭園は新緑と牡丹や石楠花やツツジや藤などの花が咲き誇っていて本当にきれいだった。

ツツジは公園にあるツツジとは少し種類が違うようで色合いもきれいだ。強い赤色のツツジは多分ノトキリシマだと思う。
Dsc09064  Dsc09057  

Dsc09084  Dsc09086

_
石楠花はかなり大きな木になっていて大きな花の塊がいくつもある。赤色の石楠花は階段の両脇に植えられていて階段にせり出すように咲いていた。
Dsc09043  Dsc09041

Dsc09048  Dsc09046  

_
牡丹は赤、ピンク、紫、白と4色くらいあり大輪の花を咲かせていた。
Dsc09091  Dsc09109

Dsc09107



 

« スズランと庭の花 | トップページ | 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 »

花探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倶利伽羅不動寺鳳凰殿の花:

« スズランと庭の花 | トップページ | 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 »