無料ブログはココログ

« 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 | トップページ | 朝顔の種蒔き/2018 »

2018年5月 6日 (日)

松のみどり摘みと剪定/2018

今年も木々が一斉に新芽を吹いて新緑がまぶしい季節になったが、庭の黒松と五葉松も盛んに新芽を伸ばしていている。放っておくと新芽が全部枝になってしまうので大変なことになる。そこで新芽摘み(みどり摘み)と伸びすぎた枝の剪定をすることにした。

脚立を広げて梯子状にして幹に掛けるが一番てっぺんの部分はどうしても届かない。とりあえず手の届く部分から新芽を摘んで昨年伸びすぎた枝を剪定した。元々姿のあまりよくない松で、しかも素人の剪定なので出来上がりもそれなりだが、伸び放題でボウボウになっていた枝葉は少しすっきりしたようだ。
Dsc03688  Dsc03694  

_
数年前にも手の届かないてっぺんの先端部分を切断したことがあるが、今年まだ手の届かない枝を鋸の届くギリギリのところでで切断してしまった。下から見ていると小さいと思ったが切断したものを近くで見るとかなり大きいし重かった。
Dsc03696

_
五葉松は梯子がなくても剪定できるのでこちらも済ませた。
Dsc03690


« 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 | トップページ | 朝顔の種蒔き/2018 »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です

まめですね~

新芽がどんどん出てきます。つむのを間違えると枯れてしまうこともあるので注意がいりますね

梯子から落ちないように助手の協力を得ることも必要かもしれません

上手に、剪定されているので感心します

庭木は今どんどんと新芽が出ている最中で、見る分には若い緑色はきれいなのですが、
放っておくと全部が枝になり、しかも間伸びした枝になるので見た目も悪くなります。

先日から山茶花、椿、梅、ドウダン、ベニカナメなど目に付く物は手当たり次第に剪定をしてきましたが、黒松は背が高いので後回しにしていました。
でも新芽がどんどん出てくるので仕方なく梯子をかけて作業しました。

これからはますます高いところにてが届かなくなるので、手の届かないところは切ってしまえと切断してしまいました。黒松は一段と形が悪くなりましたがしょうがないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松のみどり摘みと剪定/2018:

« 大乗寺丘陵公園のツツジ/2018 | トップページ | 朝顔の種蒔き/2018 »