無料ブログはココログ

« 木場潟のネムやハスの花が咲き出した | トップページ | 茅の輪くぐり/2018 »

2018年7月 1日 (日)

ツバメの巣とヒナ

木場潟ネタが続くが、先日木場潟へウォーキングに出かけ周回路を一周歩いて元の場所に戻り休憩所の建物の中で一休みしていたら、ツバメが頻繁に建物の中に入り込んで来てはまた飛び立っていた。ツバメが子育てをしているのかと思って休んでいた場所から少し移動して天井付近を見るとツバメの巣の中に4羽のヒナがいた。

巣の外にはフンの跡もあり、広げた傘が逆さにぶら下げられていたのはフン除けのために誰かが取り付けたもののようだ。この巣は以前から時々子育てに使われていて、今年は確か5月頃に子育てしていてヒナが巣立った後はしばらく放置されていたようだが、また子育てを始めていたようだ。
Dsc00200

_

ヒナは全部で4羽いるようだが、体はもう親とあまり変わらないくらいの大きさになっている。、それでも親が餌を持って帰ると4羽とも大きな口を開いて餌をせがんでいる。そろそろ巣立ちも近いようだ。
Dsc00199  

Dsc00197
_

ツバメは年に2回くらい産卵して子育てをすることもあるようだが、1回目と2回目は異なる巣を使うらしいので、この巣での1回目と2回目では別のつがいが子育てをしていたのかもしれない。



« 木場潟のネムやハスの花が咲き出した | トップページ | 茅の輪くぐり/2018 »

木場潟・白山」カテゴリの記事

コメント

むか~し

小学生のころ

試験に、ツバメの巣はどこにありましたか・・というような問題が出て

答えに、お百姓さんの家とかいたらXだった

この写真のように、軒下とか書けば正解だったのか

今でも、正解がわからない

当時は、新興住宅地やこのような施設にはまったく燕の巣はなく
お百姓さんの家にしかツバメは巣をつくりに来なかったんだが・・・・

2回子育てをするとは知りませんでした
カラスにひなをとられることも多いのでツバメの子育ても大変だと思います

uegaharaさん こんばんは

やっぱり農家の軒先は正解でしょう。
昔は農家以外の普通の民家でも庇や軒先が大きい家にはよく巣がありました。

最近建つ新しい家は庇がないためかあまり巣が作られないようです。
でもアパートなどの建物は共用部分のあたりに巣を作ることが時々あるようです。

ツバメが人の出入りする場所に巣作りするのはカラス対策の一つなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバメの巣とヒナ:

« 木場潟のネムやハスの花が咲き出した | トップページ | 茅の輪くぐり/2018 »