無料ブログはココログ

« 晩夏・秋の気配/2018 | トップページ | アゲハ蝶を撮った »

2018年8月18日 (土)

朝顔にエビガラスズメの幼虫

朝顔が酷暑にも負けず蔓を伸ばしてグリーンカーテンは部屋がうす暗くなるほど葉を茂らせ花も毎日100個以上が新しく咲いている。行灯仕立ての方も始末に困るくらい蔓が伸びていて花の数も増えてきて毎日50個以上咲いている。

そろそろ蛾のエビガラスズメの幼虫が姿を見せる頃だと思っていたら、先日から行灯仕立てのプランタの前に黒い糞がいくつも落ちているのに気が付いた。いよいよ現れたなと思って、葉や蔓の部分を覗き込むように探していたら、緑色の大きなのが一匹目の前でムシャムシャと葉を食べているのを発見した。そういえばこのプランタは葉が食べられて少なくなっていて蔓がむき出しになっている。
Dsc00611  Dsc00586

_
グリーンカーテンの方も調べてみると2か所地面に糞が落ちていたので、探していたらネットの上端の庇の部分に緑色のを発見した。もう1匹茶色っぽいのもいたが写真に撮る前に見失ってしまった。この幼虫は保護色なので見つけるのも大変だが、動き回るのですぐ見失ってしまう。まだ3匹だがこれから涼しくなってくるとまだ数が増えるかもしれない。

Dsc_0627  Dsc_0622  

_
朝顔の花は、紺色が早く咲き出したがようやく他の色も成長して花の数も増えてきている。紺色より1ヶ月くらい遅れていたピンク色も最近花が咲くようになった。

_

朝顔は5年前に知人に貰った曜白種4色入り13粒の種を蒔いたことから始まった。最初は4色だったが2年前に紺色の種を購入して、今は曜白種は5色が咲いている。ちなみに曜白種とは花びらを5分割または6分割するように白い筋が中心から放射状に入る品種のことだ。下の写真は曜白種の紺色、赤色、ピンク色、水色、紫色の花が咲いたところ。
Dsc00589  Dsc00622
Dsc00612  Dsc00580
_
下の写真は曜白種ではない品種で、2年目に何種類かの種を買って蒔いたもので毎年少ししか種が採取できないので花数も少ない。

Dsc00618  Dsc00616  

Dsc00582  Dsc00352

_
今年は花が咲くたびに蔓に品種や色識別のタグをつけているので、種採取時の品種や色の区分はかなり正確にできそうだ。


 

« 晩夏・秋の気配/2018 | トップページ | アゲハ蝶を撮った »

庭いじり」カテゴリの記事

コメント

よく見つけましたね

私は眼が悪いので、フンがあっても発生源はなかなか見つけられません

葉っぱを食い荒らすので、見つけて退治するのもなかなか手間ですね~

種類の多いきれいな朝顔です

こんにちは

この芋虫は糞はあっても姿は見えずで忍者みたいです。
葉隠れの術で葉の裏側に隠れて生息しています。
でも葉を食べ過ぎると隠れるところがなくなって発見しやすくなります。

一度見つけてもしばらく目を離しているとすぐに分からなくなります。

芋虫がいても退治や駆除はしていません。
ウォーリーを探せのように芋虫探しをして楽しんでいます。

葉っぱはたくさんあるので、全体で5匹くらいまでなら許容範囲です。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔にエビガラスズメの幼虫:

« 晩夏・秋の気配/2018 | トップページ | アゲハ蝶を撮った »