無料ブログはココログ

« 小さなシクラメンの鉢植え | トップページ | 左義長 »

2019年1月11日 (金)

玄関の引き戸の錠の故障修理

自宅は築25年になるが、家も古くなるといろんな箇所が壊れたり故障し始める。照明器具や換気扇などは築10年を過ぎた頃から次々と壊れて交換をしたが、築20年になる頃には湯沸しボイラー交換や建物の外壁塗装など金額の嵩張る修理なども必要になった。

築20年を過ぎると今度は、玄関の庇の柱や、玄関アプローチの貼石や、屋根瓦や雨樋の修理など建物本体や付属の構造物にまで痛みが出始めている。昨年末にはとうとう玄関引き戸の錠が壊れてしまい施錠開錠が出来なくなってしまった。

少し前から錠の調子が良くなかったが、昨年末に玄関の錠を掛けようとしたら鍵が回らず施錠も開錠も出来なくなった。慌てていつも家の修理を依頼している業者さんに電話をしてみたが、12月28日の午後で専門業者も部品手配も出来ないので年内は無理だと言われ、しょうがないので年明け一番での修理手配をお願いした。

自宅の玄関の引き戸は右側の戸先部分と中央部分に錠があり、今回は戸先部分が壊れたので修理できるまでは中央の錠を使うことにしたが、中央の錠も鍵を入れて回してみてもスムーズに動かない。鍵穴に潤滑油を噴射して見たらなんとか使えるようになった。
Dsc01593  

_

今週初めにサッシの業者さんが見に来て引き戸に適合する錠を探して手配し、昨日交換していった。鍵穴に鍵を入れて回してみると驚くほど軽く回すことができる。本来はこんなに軽く開閉できるものなんだと妙に感心してしまった。
Dsc01589  Dsc01591  

_

室内側はレバーの上げ下げで開錠・施錠ができるが、これも軽いタッチで操作できるようになった。
Dsc01587

_

地震や台風被害が比較的少ない当地でも家は経年でそれなりに傷んでいく。家のメンテナンス費用は今後も想定しておく必要があるだろう。

« 小さなシクラメンの鉢植え | トップページ | 左義長 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

このタイプの鍵は、当家も同じですね

普段使っていない中央は、やはり固くて回りません・・油をささなくては

使っている部分も、固いときがあり、油をさして・・使っています

>驚くほど軽く回すことができる

本来はこうなのか、新しく改善されているのかな

bandloverさん こんばんは
コメントありがとうございます。

錠も鍵も25年間も毎日使っているので寿命なんですかね。
壊れた錠は鍵を差し込んでも鍵が回らない状態なので、
多分鍵穴のシリンダーの動きが悪くなって鍵がうまく回らなかったようです。

新しく取り付けた錠の動きが軽いのは、新しいせいもありますが
中のメカ部分が古いものと比べてかなり改良されているんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関の引き戸の錠の故障修理:

« 小さなシクラメンの鉢植え | トップページ | 左義長 »