無料ブログはココログ

« 紅梅の古木/芦城公園 | トップページ | 橋桁のやじろべえ工法 »

2019年3月11日 (月)

樹脂粘土製の干支の亥のストラップ

四国の友人が今年も樹脂粘土製の干支の亥のストラップを送ってくれた。ここ数年は毎年干支の動物を茶封筒に入れて郵送してくる。友人は10年ほど前から趣味で樹脂粘土工作を始めたそうだが、最近は作品の販売もしているのでプロの領域かもしれない。

これまでの作品には干支の動物のほかに、雛人形やテントウ虫やクマモンなどもあり、また本体の中に万華鏡を埋め込んだものもある。新しい作品を作るときは、形状のデザインや粘土の種類や色使いまでこだわっていて、最近は干支シリーズのほかに動物シリーズなどレパートリーも広げているようだ。

郵送されてきた干支の亥のストラップと包装袋
Dsc01786  Dsc01785  

_
これまでに送ってもらったものを並べて写真に撮ってみた。テントウ虫は5個ほどもらったが、おすそ分けしたりバッグに付けていたりで1個しか残っていない。雛人形の男雛と女雛を背中合わせにしたストラップは妻のお気に入りで、2月3月の雛人形の時期だけバッグに付けている。

Dsc01789

« 紅梅の古木/芦城公園 | トップページ | 橋桁のやじろべえ工法 »

日々の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樹脂粘土製の干支の亥のストラップ:

« 紅梅の古木/芦城公園 | トップページ | 橋桁のやじろべえ工法 »