無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月30日 (金)

自宅の芙蓉が咲き出した

町内の民家の庭の芙蓉は早くから咲き始めていたが、我が家の芙蓉はなかなか花が咲かなかったが、最近ようやく一日に4~5個は咲くようになった。

我が家の芙蓉は毎年花が終わるとその年に伸びた枝を根元から切ってしまうので、次の年には新しく伸びた枝に花が咲くまでに時間がかかってしまうようだ。よその家の早く咲く芙蓉は毎年枝を切ってないようだ。
P8280172P8280170  

P8280171

咲き始めるのは遅かったが、何とか8月には咲き始めたのでよしとするか。


とっくに花が終わったと思っていたグラジオラスに、1本だけまだ花の咲いていない花茎があったようで今頃になって朱色の鮮やかな花が咲き始めた。もう花は全部終わったと思っていたのでちょっと得した気分だ。
P8280169P8280173  

 

2019年8月27日 (火)

木場潟も秋の気配

今年になってから木場潟へウォーキングに出かける回数が減っている。昨年は月に7~8回行っていたのが、今年は平均で4~5回くらいだろうか。町の役員を引き受けたせいで会合などが増えたせいもあるだろう。

8月は前半は殺人的暑さでウォーキングを控えたし、後半は雨の日が多かったりで、今日を含めてやっと2回しか出かけていない。最近は運動不足気味になっているし、これからしばらくは秋雨前線のせいで雨の日が続きそうなので、今日久しぶりにウォーキングに出かけてきた。

歩き始めると周辺の田んぼでもう稲刈りの済んだ田んぼがいくつかあった。家の近くでも盆明けすぐに稲刈りをしている所もあり、もう秋は近くまで来ているようだ。

P8270130

 

周回路の近くにある栗の木にも栗がたくさん生っていてイガも大きくなっているここも秋の気配だ。
P8270138P8270140  

8月終盤はあまり花のない季節だ。歩いていても目立つ花はモミジアオイと百日紅くらいだろうか。南園地の花壇には百日草や千日紅などが咲いていたが、偶然なのか名前に日数の入ったものばかりだな。
P8270132P8270133  
P8270124P8270158  

P8270136

 

湖面では、夏休みの合宿なのかカヌーの練習が行われていた。これも毎年の風物詩だ。
P8270155P8270165  


千本桜園では桜の木に毛虫が大量発生したようだ。造園業者が薬剤を散布した直後だったようで、周回路の路面には大量の毛虫が落ちて蠢いていた。死んでしまったものもたくさんあったが、まだ元気に路面を這いまわっているのもたくさんいて、踏まないように歩くのが大変だった。家の近くでも今年はアメシロはあまり発生しなかったようだが毛虫が大量発生している。天候のせいなのかもしれない。

 

2019年8月24日 (土)

運転免許更新

運転免許更新の案内が来ていたので先日近くの警察署に出かけて更新をしてきた。新しい免許証の交付は1か月後ということで、それまではまだ有効期間が残っている現在の免許証をそのまま使うことになるそうだ。免許証の裏には「更新手続き中」の赤いスタンプが押された。

運転免許更新自体はこれまでも何回も受けているが、今回は70歳を越えていることもあり、事前に「高齢者講習」を受けなければならなかった。今は「高齢者講習修了証明書」を提出しないと免許更新が出来ない制度になっている。4月頃「高齢者講習」を受けなさいという案内が来ていたので、近くの自動車学校に予約を取って先月受講してきた。

講習は自動車学校のコースを走る実技と教室での講習と目の検査だった。実技とか講習は問題なかったが、目の検査では結果は散々だった。視力は0.7くらいなので眼鏡は運転条件には入ってないのだが、見えずらいので普段運転する時は眼鏡をかけるようにしている。

この日の目の検査では視力の他に「視力回復時間」や「眩光下視力」の検査があったが、老化現象のせいか、刺激を受けた後の視力の回復が非常に時間がかかり、判定としては両方とも「劣っている」の評価になってしまった。ガックリだ。その代わり視野角度の検査では年齢の平均以上の値だった。

それでもこの講習で落ちるということはないので、無事「高齢者講習修了証明書」を貰うことが出来た。

Dsc03780

今回の運転免許更新では、先月貰った「高齢者講習修了証明書」を提出して無事更新を終えることが出来た。


最近は高齢者の事故が多発している。目も判断力も運動神経もどんどん悪くなっているのだから更新時に検査をするのは必要だろう。75歳以上になると認知症の検査も行われるそうだ。

 

 

2019年8月21日 (水)

無線LAN親機の買い替え

最近無線LANの調子が悪い。暑さでルーターが誤動作しているのか、スマホからWi-Fi::経由でなかなかインターネットにつながらないことが頻繁に発生していた。パソコンからはほとんど問題なく接続出来ていた。

自宅は1階にフレッツの光回線が引き込まれていて光の終端装置も1階に設置している。
パソコンなどは2階に設置してあるので、1階に無線LANの親機を設置して終端装置に接続し、2階に子機(中継器)を設置して有線でパソコンと接続し、親機と子機の間は無線(Wi-Fi)で接続している。この状態で2階のパソコンはインターネットに接続し、スマホは1階・2階のどちらにいてもWi-Fi経由でインターネットに接続している。

不具合の原因は、スマホを持って移動した時にWi-Fiで親機に接続したり子機に接続したりの切り替えが素早くできないことが原因のようだ。接続している機器が増えたことや暑さにによる不具合もあるのかもしれない。調べてみると親機は購入後5年以上経っており少し能力不足のようだ。そこで親機を新しいものに交換することにした。

家電量販店で新しいルーターを購入してきて従来の親機と入れ替え、パソコンとスマホから接続テストをすると、すぐにインターネットに接続できた。次に親機と子機(中継器)との接続設定などを済ませると2階のパソコンからも無事インターネットに接続出来た。あとは2階でスマホやノートパソコンから子機にWi-Fi接続をする設定をしたらこちらも無事接続出来た。
Dsc03769Dsc03768  


親機の通信速度や電波の強度が上がったせいか、回線速度の測定サイトで調べても早くなっているようだし、スマホで家の中を移動してもスムーズに接続先の切換えをしてくれるようだ。

後はいくつかWi-Fi接続する機器があるので接続設定をして完了だ。今のところサクサクとインターネットが出来るようだ。

 

2019年8月17日 (土)

回転寿司店

昨日は久しぶりに家族で回転寿司店に行ってきた。以前はお盆になると家に姉家族が来たり、逆に妻の実家へ行ったりとかしていたが、最近はお盆といっても行き来することもなくなって静かなお盆になった。

そこで久しぶりに家族で回転寿司店に行くことにした。回転寿司店には年に4~5回、誕生日とか記念日とか母の日とかに行くくらいでさほど多いわけではないが、いつも行く店は決まっている。地元の人気チェーン店で夕方はよく順番待ちの行列ができる。特に盆・正月や連休などでは混みあうので、今回はいつもより早めに家を出て夕方5時前に店に入ったが、それでも30分くらい待つことになった。

回転寿司店と言っても、客はほとんど回転レーンの寿司は採らない。テーブルやカウンターにはタッチパネルがあってここで好きな寿司を入力すると、暫くすると新幹線の型をしたミニ電車が寿司を乗せてテーブルまで運んできてくれる。おかげで握りたての寿司が食べられる。

「本日のおすすめ」には金沢港直送や氷見港直送などの生きのよいネタが書かれている。
Dsc_0616Dsc_0608  
Dsc_0605Dsc_0610  


この日は。あら汁と寿司10皿食べたら腹一杯になってしまった。以前はもっと食べられたが最近は胃が小さくなっているのかもしれない。
Dsc_0613Dsc_0612  

Dsc_0614

それでも地元の港で上がったネタの寿司はおいしかった。石川県は最近は観光客も増えてのどぐろなどの魚も寿司も人気があり、おいしい回転寿司店も多く回転寿司の激戦区でもあるようだ。

久しぶりの寿司に満足して帰路に就いた。

2019年8月13日 (火)

町内の夏まつり

先日の日曜日に町内の夏まつりが行われた。以前は町の中心で行われていたが、会場の広さや近隣への騒音問題もあってこれまでも何度か会場の場所が変わったが、今年は昨年と同じく町の中心からすこし離れた市の施設の駐車場で行われた。

会場は午前中から準備が行われて、午後3時半からは模擬店などがスタートし、4時に開場式が行われた後、オープニングに中学のブラスバンドの演奏や保育園の園児の遊戯や歌の発表があり、ダンス教室に通う子供たちのダンスパフォーマンスなども披露された。子供たちの発表を見ようと父兄がたくさん前に陣取ってカメラで撮影していた。
Dsc03613  
Dsc03626Dsc03662  

会場には各種団体の模擬店が並び飲み物や食べ物などが販売されている。また子供向けのボールすくいや型抜きや輪投げや射的などの遊びも行われて人だかりが出来ていた。
Dsc03641Dsc03687  
Dsc03684Dsc03634  

そのほかにもじゃんけん大会やビンゴ大会などで会場が盛り上がっていると、周囲もようやく暗くなり、いよいよ輪踊りが始った。企業や町内グループなど何チームもエントリーしていて、それぞれ浴衣や服装を合わせて踊っている。審査があって表彰もされるのでみんな真剣だ。
Dsc03689Dsc03697  
Dsc03701Dsc03711  


蒸し暑い一日だったが、参加者も多くて町内の元気と熱気を感じた一日だった。

 

 

2019年8月10日 (土)

町内のサルスベリと芙蓉の花

最近は暑さが厳しくて木場潟のウォーキングもしばらく行っていない。そのため運動不足気味で、冷房の効いた部屋の中ばかりにいると腰や肩も凝っているようだ。これではよくないと思い、先日少し日中の暑さが緩んだ夕方自転車で町内を回って見た。夕方でも気温は30度以上あるが、自転車は風を切って走るので歩くよりは暑さは感じないようだ。

草花は夏枯れ状態かと思ったが、民家の庭先や畑の隅などに結構いろいろと花が咲いている。これだけカンカン照りでも地植えのためか負けずに咲いている。

一番よく目にするのはサルスベリの花で、鮮やかな色の花が咲いている。
Dsc03570Dsc03576  

白色のサルスベリもあるようだ。サルスベリは百日紅と書くが紅でなくてもサルスベリなのかなあ。

Dsc03578

 

民家の庭から道路に向かって芙蓉がもう咲いていた。我が家の芙蓉は例年8月下旬に咲き始める。
Dsc03562Dsc03564  

 

モミジアオイも赤くて大きな花を咲かせていた。

Dsc03595

 

アルストロメリアは花屋で売られている花だが、丈夫なのか民家の庭や畑などでも普通に群生している。栽培している様子でもないが自生しているのだろうか。キバナコスモスも見かけるようになってきた。
Dsc03568Dsc03597  


自転車に乗っていると風を切っているのでそれほど暑いとは思わなかったが、家に帰ってきたらTシャツが汗でびっしょりと濡れていた。

 

2019年8月 7日 (水)

睡蓮とコウホネ

睡蓮とコウホネ地には水草園というのがあって、いくつかの池に昔から木場潟にあった在来の水草が何種類か植えられている。初夏のころからそれぞれが小さな花を咲かせていたが、今は睡蓮とコウホネくらいが咲いているくらいだ。

睡蓮やコウホネは花の咲く期間も長く、半分水に浸かっているので真夏の暑さにも強く、厳しい日差しの中でも負けずにきれいな花を咲かせている。陸上の植物は真夏は水不足になったりして枯れたり元気がなくなったりするものも多いが、水生植物は池の水がなくならない限り水切れの心配はない。
P7222825P7222829  
P7222831P7222832  

コウホネも水の中で咲いている

Dsc03466Dsc03468
 

睡蓮もコウホネも5月の中旬頃から咲いているのでもう3ヶ月は咲いている。まだ2ヶ月くらいは咲きそうだ。


中央園地のにあるクレソン畑はしばらく養生中だったが、また摘み取りOKになっていた。個人が摘む分ぐらい自由に摘んでよいそうだ。でもマナーは守って大量に採らないようにとの案内板があった。クレソンは年に数回採取できるようだ。
P7222880P7222881  

2019年8月 5日 (月)

真夏の花グラジオラス

我が家の朱色のグラジオラスは数年前に妻の妹が球根をくれたものだ。実は我が家のグラジオラスはその他に赤紫色の花のものと薄いオレンジ色の花のものもある。こっちの方は以前ホームセンターでヒヤシンスの鉢植えを買ったときにヒヤシンスの球根の周りに詰め物替わりにグラジオラスの球根が混ぜられていたようで、プランタに植えたら翌年ヒヤシンスの他にグラジオラスが芽を出した。

7月に咲いたのは赤紫色ものも今咲いている薄いオレンジ色のものもヒヤシンスのおまけで我が家にやってきたもので当初は球根も小さく花も少なかったが今年はたくさん花が咲いている。妻の妹に貰った方は球根も直径が5センチくらいあるもので花茎もガッチリとしていて花も大きい。
Dsc_0582      Dsc_0580      

P7300030P7300029  

P7300028P7300032
 

妻の妹の所では昨年うまく球根が回収できなかったようで、今年は球根がないと言っていたので、我が家にあった球根をプランタに植えて、葉が伸びるまで育てて里帰りさせた。先日確認したら里帰りしたものも花茎が立ち上がって花が咲いているようだ。


グラジオラスは元々真夏に咲くので暑さには強いが、プランタ植えなので炎天下では水切れになってしまう。朝顔の水やりと一緒で1日2回水やりが必要だ。

 

 

2019年8月 2日 (金)

小松市瀬領のヒマワリ畑

昨日の朝刊に小松市の山間の地区で耕作放棄地のヒマワリが今が見頃という記事が載っていた。去年も見に行っているので早速出かけてみた。小松市の大杉谷の道を車で走ったが、昨年ヒマワリ畑があった場所に来てもそれらしき場所は全然見つからない。ヒマワリ畑なら一面が黄色になっているはずだが、あたり一面緑色の水田ばかりだ。

場所が変わったのかと思いもう少し車を走らせたが一向に見つからない。スマホで地名と「ヒマワリ畑」で検索してみると今朝の新聞記事がヒットした。内容を見ると今年のヒマワリ畑は別の場所に変更されていてもう通り過ぎていた。道を引返して周囲を見ながら走っていたら高台にある耕作放棄地にヒマワリの黄色が見えた。最初は高台まで見ていなくて見逃がしようだ。

ようやく見つけたヒマワリ畑についてみると、少し時期が遅かったのか花が枯れだしたものもある。それでもヒマワリの花が咲いていて一面が黄色になっている。看板には「耕作放棄地にヒマワリを植えて圃場の再生を促そうという試み」と書かれていた。
P7310044P7310075  
P7310061P7310047   
P7310072P7310073

 


百日紅の木がヒマワリ畑のそばに植えられていて、鮮やかな真っ赤な花を咲かせていた。ヒマワリと百日紅が咲いたら真夏真っ只中だな。
P7310081P7310079  

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »