無料ブログはココログ

« 自宅の芙蓉が咲き出した | トップページ | 朝顔にエビガラススズメの幼虫出現 »

2019年9月 3日 (火)

雷雨直撃

先週木場潟へウォーキングに出かけて突然の雷雨に会ってずぶ濡れになってしまった。先週は前半から秋雨前線の影響で大雨の日が続いていたが、この日は昼には薄日も差して少し天気も回復したようだったので木場潟へウォーキングに出かけた。スマホで調べた天気予報では午後も雨の確率は高かったが、折り畳み傘を持っていけば雨は凌げるだろうと高を括り、まだ薄日も差していたので傘を持って歩き始めた。

Dsc03792

歩き始めて10分ほどしたら西の空が真っ暗になっていて遠くで雷もゴロゴロとなり始めた。妻からもスマホに電話があり、「黒い雲が出て雷も鳴っているから引換せ」と言われたので、西園地まで歩いてそれから引き返すことにしたが、西園地へ向かう間にも黒雲はどんどん空を覆い始め雨もぽつりぽつりと降り始めた。
Dsc03793Dsc03795  

何とか西園地に到着し様子を見ると、黒雲は南側の空を覆っているようなので、このまま北園地に引き返せばそれほどひどい雨にも合わないだろうと思い、すぐに北園地に向かって歩き始めた。ところが5分も歩かないうちに北側の空も真っ黒な雲に覆われはじめ、雨も風も急に強くなりしまいには横殴りの雨風となった。

折り畳みの傘を差したが全く役に立たず体中ずぶ濡れになってしまった。雨に濡れるのは止むを得なかったが雷がとにかく怖かった。近くへの落雷こそなかったが、雲の中での放電がいたるところであり、歩いている前後左右で大きな音が鳴り響いていて、いつ直撃を受けるかとひやひやしながらなんとか北園地の車までたどり着き、車に積んでいたアルミ箔の保温シートを座席に敷いて座りようやく一息ついた。

西園地ですぐに引き返さず、雨宿りをして一番ひどい雨雲をやり過ごせばよかったと思う。あのような雷雨の中では、雷が一番危険なことを身を持って理解した次第だ。

 

« 自宅の芙蓉が咲き出した | トップページ | 朝顔にエビガラススズメの幼虫出現 »

木場潟・白山」カテゴリの記事

コメント

いちろさん、こんばんは。

雨と雷、大変でしたね。 ご無事で何よりです。
木場潟の園地周辺しか歩いた事がないので、よくわかってないのですが、
園地から園地は、結構距離ありそうですもんね。
何の建物とかなく、ただっ広い所だと、雷は本当に怖いですよね。
私は白山登山で雷雨にあい、とても怖い思いをした事があります。

話は全然変わりますが、いちろさん、スマホなんですね!
ちなみに私はガラケーです。

ゆうさん こんにちは

突然の雷雨でずぶ濡れになってしまいました。
服を着たままプールに落ちて上がってきた状態です。
水も滴る・・・・なんて状態でなく、まさに濡れネズミですね。

木場潟は一周6.4Kmで園地は4か所あるので、
園地と園地の間は1.5Kmくらいですね。往復すると約3Kmですね。

途中は建物はないし屋根が藤棚らになった休憩場所があるくらいです。
でも北園地と西園地の間にはそれもなかったかな。

雷は本当に怖かったですね。前後左右と真上で強烈な音が鳴りっぱなしで
いつ直撃をうけてもおかしくないような状況でした。


6年程前からスマホを使っています。インターネットでニュースや天気予報をよく見ています。誰が発明したのか便利なものですね。

ずぶぬれ たいへんでしたね  雷が鳴っているときは 傘はちょっと危険ですね

夏でしたら ずぶぬれでも 気持ち悪い程度ですが

ちょっと寒いと、気分が悪くなりますね

私は、畑作業で 汗ビタビタになっています

最近は 気候変動なのか 天気が急変します

お互い 無理をしないで 行動したいですね 

uegahara さん こんばんは

そうなんですよ雷が鳴っているときは傘をさすのも危ないし、
大きな木の下で雨宿りするのも危ないそうです。

じゃーどこにいれば危なくないのかと聞きたくなりますが、
危なくない所は家の中とか車の中になりますが、
周囲にはそんな避難場所がないんです。少々パニくってしまいました。

お盆までは暑い日が続いたのに8月後半は雨で気温が急に下がり、
9月になるとまた暑い日が続いています。体調管理が難しいですね。
私も先日から体調が悪くて、肺や気管支が痛くて医者に行ったら
喘息かもしれないとたくさん薬を処方されました。
最近ようやく薬が効いたのか楽になってきたようです。
お互い無理は禁物ですね。畑作業も頑張りすぎは危険ですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅の芙蓉が咲き出した | トップページ | 朝顔にエビガラススズメの幼虫出現 »